スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

sexual mystery カジュラホ


P1050217.jpg

「ダンボールうめぇ。」






ジャルガオンを出発、そして、体調不良全開のまま寝台列車へ。

このとき乗った寝台列車はスリーパークラスというエアコンなしの3段ベッド。

寝台列車では一番安い座席で庶民的で且つバックパッカーもよく使うであろう車両。


3段ベッドというのは、昼間は2段目が折りたたまれてて1段目と2段目で椅子になっていて、向かい合わせのコンパートメント。

要するに3段ベッド2つで一部屋みたいになっていて合計6人が





9人いる・・・。









ジャルガオンからまずサトナーという駅を目指すわたくし。

サトナーに着いたのは明朝4時半ごろ。

バスターミナルまでサイクルリクシャーという人力車に近い乗り物で向かい、7時半出発のバスを待つ。




はぁ・・・なんか文章にすると簡単だけど、ここ体調不良で結構しんどく、結構時間かかってるんだぜ・・・。






サトナーからバスでやはり4時間。

もちろんこのバスもカオス以外の何者でもない。






ついたのは田舎町、カジュラホ。





しっかし、ここの人は本当に人懐っこい。

お察しの通り、人懐っこすぎる。

たまにいるホテルの名物犬の10倍人懐っこい。



もうね、50m先の水を買いに行くだけなのに1時間は部屋に戻って来れないからね。




田舎はやっぱり悪い人があまりいないというの全世界共通らしく、ここの人たちはどうやら根はいい人みたい。


ちょっと歩いてるだけで、もう何人に囲まれて、明日も会おうと一方的に約束をされて、チャイをおごられて、立ち去ってもどこまでも無限についてこられて・・・。


この街では孤独になれない・・・。


ええ、ちょっと前のブログにも書きましたが、彼らにきっと悪気はないのです。

ただインド人なのです。




あぁ・・・もうなんで本当に人のことを考えられないの・・・。

オレ完全にダウンしてるのになんで勝手に家の中とか連れてくの・・・勝手についてきて長々話させられるのよ・・・。




なかでもここではどうやら日本語を勉強している人が多いらしく、もう日本人とわかるともう悲惨な結末になります。

ひたすら自分の知っている日本語を喋りだし、彼らは別にオレのことを気にするわけでなく満足なんですね・・・。




いやー、なんかオレ最近、インド人に対する扱い方がものすごくひどい気がするぞ!!!






でもここでは日本人の女性と結婚していて、日本に住んでいたことのあるきちんと日本語を話せる人もいました。



「ワタシは日本人の女ノ人と7年ケッコンしていまシタ。でも離婚シチャッた。」



離婚したって聞いた瞬間になんだか「この人は信頼できそうだ。」と思ってしまう。

他人の不幸は蜜の味ってことなのかね!!!HAHAHA!!!

とりあえず、やたらほめてくる奴はどうにも信頼できない。
しかもなんかひたすらほめられるのは・・・うん、ウザイ



ちなみに上記の人はなんとあの沢木耕太郎の「深夜特急」の映画版に出演したというから驚き!!

帰ったら見てみようと思いました。



そして彼は宝石商であり、なにとなく連れて行かれたけど、マジで宝石安かった。

そうやらこの田舎町カジュラホ近辺で鉱山があるらしく、きちんとしたダイヤでも2000円で、他にもルビー、サファイア、エメラルド、アメジスト、金、銀・・・なんて本当にすごい数の、きちんとした本物の宝石が日本では信じられない値段で売ってました。


いつか、買い付けに来て日本で売ってみようかな。


でもできればオレはもうここには来きたくないな。











他にもブルースカイというレストランのオーナーと話したんだけど、彼はもう完璧な日本語で、最初ひやけした日本人かと思っていました。

日本でもレストランやってて、NHKにナスカレーを特集されまくってるんだって。


彼は

「W杯日本勝ってるらしいじゃん!!!でもさー、私思うんだけど、日本ってスピード遅くない?パスにしろ、走るのにしろさー。」



んー、日本を少しけなされるとなんだかここでは気持ちがいいぞ。

この人は信用できるな。日本のグチ言ってくるやつなんていないもんな。



みんな「そのヘアースタイルいいね!!!」って触ってくる。

もう、いちいち触ってきて褒めちぎるやつばっかで、なんかイライラするんだよ!!!

最初は仲良くなれて面白いかも、って30分だけ思ったけど、残りの二日の心情は

おまえら1週間カレー食えない体にしてやるぞ!!!!!

って思ってましたよ。ええ。















さてさて、この小さな田舎町カジュラホなんですが、実はちょっとした観光地でもあるんです。

というのもやはりこの街にあるのは世界遺産。


それも早期に世界遺産に登録されたもの。

どうでもいいですが、世界遺産検定2級という大学生活中に何か資格をとろうと思って、就職活動には別に何の有利にもならない資格をとってしまった世界遺産マイスターの僕なんですが、
持論からすると、早期に世界遺産に認定されたもの、特に1980年代に認定されたものは、大して悩まずに認定された世界遺産=すげぇやつ、という図式がありまして、だいたい1980年代に認定されたものは、すごいやつが多いのです。




そんなわけでこのカジュラホ。

ここももちろん早期に文句なしで世界遺産に認定されたところ。





ではご覧いただいきましょうか。











P1050257.jpg




P1050253.jpg



んー、・・・すごそうだけど・・・なんかありがちな遺跡じゃない?

別に特別見に行きたいところでも・・・。



と思っている人も多いでしょう。




ではなぜここが観光化されるほどの遺跡なのか、こちらをご覧いただきましょう。





P1050250.jpg

っきゃーーーーーーーーーーー!!!!!!!!!

エッチエッチ!!!

何見せんのよ!!!(///)

この変態!!!もう近づかないでよ!!!

センセー、男子が変なもの見てまーす!!











P1050242.jpg

っきゃーーーーーーーー!!!!!!!

せんせー、今井さんと西野君が体育さぼって教室で変なことしてまーす!!!!!!













おわかりいただけたであろうか・・・!!!







ここカジュラホで有名なのはこのミトゥナ像。


ミトゥナ像といえばなんだかうやうやしく聞こえるけど、日本語に訳せば男女交合像というなんともわかりやすいネーミング。



要するに家族旅行で来てしまったら気まずくなるであろうこと請け合いの、Hな彫刻、ということだ。




つってもこちら、1000年近く前のジャイナ教の遺跡。

実際1000年前のものがこんなきれいな形で残っていると考えればすごいもものことに違いはない。



でもエロいよね。





P1050244.jpg




P1050247.jpg




でっかい遺跡があってそこにたっくさんのミトゥナ像がある。


たしかに彫刻は実際すばらしくて、とても生々しい肢体を表している。

体の線や諸々の大きさもなかなかそそる。

そしてみんな巨乳。







自己と絶対者との完全な同一性、を表現した遺跡で、なんだかエヴァンゲリオンみたいな思想の遺跡。

地球の歩き方によると、


<生命をうちに秘めるかのようになまめかしく、触れれば柔らかく温かいのではないかとさえ思わせる官能的な彫刻でありながらその表情の真面目さはどうであろう?
ひょっとして人間の次元のエロチシズムではなく、男女の結合の極みにも似た、神との合一への渇望を生命力を振り絞って表現されたのではないか。>


とあるが、果たしてこの筆者はこの遺跡を見て、何を悟ったのだろう!!!



当時の子ども達は

「ねえお母さん、男女の結合の極みってなあに?」

「それはね、神との同一への渇望よ。お母さんも毎日渇望してるの。」

なんて会話がなされていたのだろうか!!!


タイタニックとか見て気まずくなったりしなかったのだろうか!!!







<インドの陽光と青空の下では、我々のエロチシズムのイメージなど吹き飛んでしまいそうだ。>


とあるが、オレのエロチシズムがインドに負けてたまるかこの野郎!!!!

実際そうやってちょっと感慨にふけりながら見ようと思ったけど、オレの感想は「あー、エロいなー」だったぞ!!!





P1050268.jpg


ほら!!!!!!!

これ若干遺跡にモザイクしたほうがいい箇所があるじゃねぇか!!!


下の段の奴恥ずかしそうに目を手で覆ってるけど、ちょっと見てるじゃねぇか!!!

絶対こういう奴は、はずかしそうにしてるわりには興味津々で一番エロかったりするんだよ!!!

オレにはわかるぞ!!!

おまえのその微妙な腰つきでオレにはバレバレだからな!!!!!








そして、この遺跡群、神との同一への渇望なのか、時には人間ではないものと交わったりするという・・・。










P1050256.jpg


やっ・・・!!!やめとけ!!!!!!!!!!


お、おまえさん・・・。

悪いことは言わないから、そいつだけは・・・そいつだけはやめとけ・・・!!!

もうこっちの世界には返ってこれないぞ!!!


それともあんたとんでもないドMなのか!!!

し、知らないぞ!!!
こ、壊れちゃうぞ・・・!!!













はい!!!


こんな感じのエロい遺跡でした。


みなさんも家族で行くのはくれぐれも避け、カップルで行って熱い夜を過ごすのもいいでしょう。








にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
おもしろかったら1クリックお願いします。
ランキングが下がったら「おもしろくなかったんだな・・・」と察します。


ひとこと:砂漠でキャンプしてきました。@エジプト
     砂漠にマットレスを敷いて落ちんばかりの星空と流れ星の下で寝ました。
     やばいです。更新がんばります。
関連記事

theme : 世界一周
genre : 旅行

comment

Secret

プロフィール

あらた

Author:あらた

 小さい頃に国旗のぬりえにはまり、それ以来地理が大好きになってしまった可愛くない幼稚園児時代から全ては始まった・・・。

 世界地図を眺めていたら旅へ出てしまった、よくいる休学大学生。

 世界中を歩いて歩いて、感動したり、激怒したり、飲んだり飲まれたり、聖なる剣を探したり、手から炎だしたり、世界を救ったり。そんな僕も世界中の旅人と「よい旅を」と握手をし、2010年末帰国。でもブログはまだ続いています。

 はぁーーたまごかけがご飯がうまい。

最新記事
最新コメント
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
827位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
260位
アクセスランキングを見る>>
著者の本棚
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

世界一周ルート・一言コメント

より大きな地図で 世界一周を表示
世界一周早見表↑
ルート・一言コメント・写真があります。
世界一周ランキング
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
カテゴリ
カレンダー

09月| 2017年10月| 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


お友達旅人ブログ
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。