スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

初めてのバンコク

カンボジア・シェムリアップからタイへ向かう国際バス。

ツーリストバスで約10時間の旅である。




バスに乗ってみると、中には欧米人観光客がびっしり。



「はぁ~これじゃあ、1人で2席は無理だなー。」





運ちゃんに言われて白人女性バックパッカーの隣に座る。

彼女はオレと同じように、まわりでプリングルスをボリボリしているカップルパッカーと違い、正統派1人バックパッカーのようだ。



そして、オレは狭い車内で居眠りをしてしまい、気づいたら隣のお姉ちゃんの肩に頭を預けていた



フッ・・・。今日からオレも二人旅か・・・。






なんてことを思いながらカンボジアの国境、ポイペトにつき、隣のお姉ちゃんを含めた一行はそそくさとパスポートコントロールに並ぶ。



カンボジアを出国し、タイのゲートに向かう途中にはなんとホテルがあった。

しかもどうやらカジノがあるらしい。




あれー、ここってカンボジアなのかな・・・それともタイなのかな・・・。

つーかこんなとこにホテルなんていいんだ!!

・・・それとも本当はダメなのか?ダメだからこそどっちの国でもない緩衝地帯にあるのか・・・?






あれ?


車が右側通行から左側通行になってる!!!!!!!!!!!!!!!!!!







うおおおおおおおおおおおーーーーーー!!!!!!

なんだこの胸のうちに秘めたどうでもいい衝撃はーーーーー!!!



でも気になる・・・気になるぞ!!!




あんなくだらない考え事をしていたら、衝撃の瞬間を見逃してしまった・・・!!!



いつだ!!いつどこで車がすりかわったんだ!!!


いつのどの瞬間なんだー!!!!!!!





~タイ~



はっ!!気がついたらタイに入っていた。



あー、なんだか国境越えも慣れてきちゃって感動が薄れつつあるな。

タイかー。オレはじめてなんだよなー。



世界一周なんてするやつはきっとすごい奴なんだろうと思われそうだけど、オレタイは初めてだし、まだハワイも九州も奈良も行ったことがないんだよな。

でも先にアゼルバイジャン行っちゃったからなー。





さて、スタンプもらったし、またバスに戻んなきゃ。




バスはどこですか~♪


僕はここですよ~♪














20分後








バス・・・ど、どこ?



この道通ってきたから、まっすぐだと思ったんだけど・・・なんかずーっとなにもないし・・・。


ゲート出たらすぐ市場あったから、そこのバス乗り場も見てみたけど・・・。





・・・あ!!!あの緑の背の高い姉ちゃんはオレがよりかかって、ハートに火をつけてしまった隣の姉ちゃん!!!

待って待ってーーーーー!!!

どこいくのー!!

そっちがバスなんですかーー!!!

そっちにバスがあるんですかーー!!!

探し物はなんですかーーー見つけにくいものですかーーーーー!!!!!








うおっ!

おい、あんた誰や!!!

さっきの姉ちゃんとちゃうやんけ!!!

わいはあんさんを必死に追いかけてきたんやで!!!

バスを探しにきたんやで!!!

それなのにあんさんタイ人なんやで!!!











~1時間後






こ、ここはどこ?




まよた\(^0^)/


うっはー・・・マジか・・・。

もう1時間は市場をさまよってるぞ・・・。



あぁぁぁぁぁぁまじでどこなのーーー・・・。




もう謝るから出てきておくれ・・・。ごめんって・・・。なんかごめんって・・・。


そうやってあなたはいつもいつも私を困らせるのね・・・。


でも私だって本当は寂しいのよ!

たまにはあなたから会いに来てくれたっていいじゃない!!






疲れた・・・。




もういいわよ。

もうあなたとは終わりよ。


こうなったら他のバスを選んでやるんだから。

ここだって国境の街としてそこそこ発展してるのよ。


あなたは都市と都市を結ぶバスだからってそうやってちょっといいお客さんしか乗せないんでしょ?

小さな街だってたくさんいいバスはいるのよ。

もうあなたなんていいわ。


私、この街でほかのバスを探します。




どうせ、もうどこかに行っちゃってるんでしょ?

私を置いて行っちゃってるんでしょ?

ええ、勝手にして。

私もあなたを置いて行くわ。

いつだって前に前に行くことが大事だとは限らないのよ?

たまに立ち止まることも大切なのよ。

あなたなんてもう知らない。

顔も見たくないわ・・・。












「おーい、そこのジャパニー!何してんだ!おまえバスのやつだろ?向こうだ向こうだ!!どこ行ってたんだ!!最後だぞ!!!」

















・・・ごめんなさい。

やっぱりあなたと一緒に行かせて・・・。
























なんだこのブログ。













と、いうわけで、タイに入ってまずはミニバスで移動。

ミニバスではオレの乗る位置がなく、運転席に背を向けた荷物置き場にオレは後ろ向きに小さく座り、
向かい側に座っているのはオレ待ちの欧米人達であり、その視線で焼き殺されるかのような拷問のミニバスはバス乗り場に着く。




そして、そこから大型のバスに乗り、オレはいち早く帽子で顔を隠しすぐに眠りについた。




シェムリアップから11時間ほどでタイの首都、バンコクについた。







そう、あのバンコクである。


世界的にも名高い都市。

今までに通ってきたシーパンド-ンチャムパーサックとは違い、ビッグネームである。



バンコクに入ってまず思ったこと。











と、都会!!!




ど、道路がしっかりしてる・・・!!!

巨大な高速道路が・・・、首都高みたいになってる・・・。

ビルがいっぱいある・・・。







バンコクは本当に都会だったな。

今までだと香港を出て以来の都会っぷりだった。

ああ・・・でもバンコクから出たら果たして次はいつ都会と呼べるところにつくのだろうか。





P1030944.jpg



バンコクについたバスはカオサンロードのそばについた。


カオサンロードとは、バックパッカーの聖地と呼ばれる超有名な場所。


以前はバックパッカーの聖地で安宿がたくさんあったけど、最近は結構高級化が進んでて、今はあまりそういうのが少ないという話も聞きました。

どうやら話の通りで、あまり安宿らしい安宿は少ない。


もちろんバックパッカーもいるけど、今では普通に観光客って人も多かった。

あと最近はタイの若者に人気のスポットらしくて、確かに渋谷だとかそういう雰囲気も若干あった。








よし結果から大胆に言おう。


ここ好きじゃないな。



昔は安宿街の代名詞って言われてたけど、今は若者の町って感じ。

タトゥーの店やら、オシャレなカフェもあれば、バーだとか、ガンガントランスを流してる屋台。




わかった、わかりやすく言おう。






チャラい。







バックパッカーの聖地といわれてたから来ておくべきだろうと思って来たけど、それだけって感じかな。

色々安くて便利だけど。











そういうわけで、バンコクの宿は、カオサンロードの突き当たりのお寺界隈にある、もう少し静かなエリアを選びました。



バンコク。

本当にでかい都市。

ちょっと前までデモがあって、似た旅を同時期にしている友人がデモに巻き込まれて、スカイプで中継をしてもらったことがあったけど、デモの影響はもう皆無です。



ただ、やはり喧騒がすごいかなー。

なんかオレは疲れちゃいました。

人が多いところにいて疲れちゃう感じで。






結局観光らしいことは近場で。

後でもう一度来るつもりなんで、ささっとやっちゃいました。







行ったのはワット・ポー。

王宮に並んである、でっかいお寺。

タンクトップで出てきちゃってダメかなと思って聞いてみたら入れた。





P1030946.jpg


でっかい寝釈迦がいます。

みんなお祈りをしてます。

ここはバンコクの喧騒の中でも落ち着ける場所かもしれない。





P1030951.jpg


こんな壷があって、みんな小銭を1枚1枚入れていきます。

20バーツ(約60円)で、小銭いっぱいと交換して入れてきます。

やっぱりこういうことすると気が落ち着くかなと思ってオレもやってみました。

壷はいくつあるのだろうと数えながら入れてくと、予想通り108つ。

煩悩の数。タイでも108ってそういう数なんだなと知った。





P1030954.jpg


ストゥーパ(仏塔)

タイのお寺ってなにやら金ぴか。

そして特徴的なのがこの仏塔。

これは日本にはないよね。







あとはひたすら歩き回ったけど、16時ごろになるとスコールがきちゃうから洗濯物を取り込みにもどって、それからでかけるのめんどくさくなっちゃうからセブンイレブンでお菓子を買って部屋でのんびりしてました。










あと、タイ人には本当に人がいいと聞いたんだけど、どうやらここバンコクは必ずしもそうでないみたい。




トゥクトゥクでバスターミナルに向かったときの話。



「へい!兄ちゃん!どこまでだい?」


「あー、北バスターミナルまで頼むよ。」


「あいよ。でさー・・・お願いなんだけど、旅行会社のオフィスとかよってくんないかな?」


「んー?」


「そうすると、ガソリンのフリーチケットがもらえるんだ!話すだけでいいからさ。」


「ああーなんかそういう話聞いたことあるな。でも早めにバス乗りたいからなー。」


「頼むぜ!何軒かよってくれたら10バーツでいい!!」


「やすっ!!!まあそれならいいかなー・・・。」


「OKだな!?よしっ!じゃあ行くぜ!!」










3軒目



「なあー兄ちゃん、もう一軒いいか?」


「・・・もう勘弁してくれ・・・、いちいち話すのも疲れるんだよ・・・。英語得意なわけじゃいし・・・。」


「次で最後だ!そしたらバスターミナルむかうから!!」


「本当だな?もう本当に最後だな・・・?それならまあ・・・。」


「やっほー!!!最後最後!!」







4軒目はなんと宝石店。





「はー、もういいだろ・・・。じゃあバスターミナルな。」


「・・・兄ちゃん、今3分で出てきたよな?5分いなきゃガソリンチケットもらえないんだ。」


「んん?あらそう。」


「だからもう1軒だなー。」


「・・・は?」


「次で最後さ!!だからなっ!!!」


「・・・何いってんの?バスターミナル行ってくれよ。」



「いやー、もう1軒行ってもらうぜー。」


「ふざけんなよ!!だいたい見てオレがあんまし金ないってわかるだろ!?なのになんで宝石店なんか連れて来るんだよ!!『どういうのがいいですか?』って聞かれても何にも答えられなかったんだよ!!!」


「大丈夫大丈夫!!次で最後さ!!」


「はぁー。もういいバカいうな。だいたいオレ次の街に12時に着いてる予定だったんだぞ。今13時じゃないか。もう2時間はウロウロしてるぞ。」


「最後最後!!」


「もういい。降りるわ。(日本語)」







と言ったようにまあーーーーーめんどくさいことがありましてね。

あらかじめいっときますが、僕は結構臆病者なんですよ。

でもまあ頭にきちゃって、降りましたともええ。



他にもなんだかめんどくさい人がいまして、正直バンコクにあまりいい印象はありません。



そんなわけで、最初のバンコクは2泊で出て行きました。




P1030973.jpg



カオサンの夜。

夜はうるさい。
関連記事

theme : 世界一周
genre : 旅行

comment

Secret

プロフィール

あらた

Author:あらた

 小さい頃に国旗のぬりえにはまり、それ以来地理が大好きになってしまった可愛くない幼稚園児時代から全ては始まった・・・。

 世界地図を眺めていたら旅へ出てしまった、よくいる休学大学生。

 世界中を歩いて歩いて、感動したり、激怒したり、飲んだり飲まれたり、聖なる剣を探したり、手から炎だしたり、世界を救ったり。そんな僕も世界中の旅人と「よい旅を」と握手をし、2010年末帰国。でもブログはまだ続いています。

 はぁーーたまごかけがご飯がうまい。

最新記事
最新コメント
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
827位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
260位
アクセスランキングを見る>>
著者の本棚
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

世界一周ルート・一言コメント

より大きな地図で 世界一周を表示
世界一周早見表↑
ルート・一言コメント・写真があります。
世界一周ランキング
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
カテゴリ
カレンダー

09月| 2017年10月| 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


お友達旅人ブログ
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。