スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3カ国の国境越え パラグアイ,シウダー・デル・エステ 

アルゼンチン側のイグアスの滝を無事に見て感動し、ブラジル側のイグアスの滝は見れずに日帰りブラジル観光をして、またアルゼンチンに戻ってきました。

今回のお話はちょっとややこしい移動のお話なので、現在地をよく把握しておいてくださいよ!!!


今は僕は、アルゼンチンの国境の街、プエルトイグアスにいます。




さてさて、次に向かうのは32カ国目となるパラグアイという国です。



ここで地理学科生としておもしろいパラグアイの知識を披露しますと、パラグアイは世界で唯一国旗に裏表がある国ですッッッ!!!

どうでもいいようで、なんかちょっとグッとくるよね。こない?あ、そう。





今いるアルゼンチンのプエルトイグアスから、バスでパラグアイに抜けるには、一度ブラジルを通過しなければなりません。

前回の記事でも書いたとおり、本来ブラジルに入国するにはビザが必要です。

まあ前回ビザなしで入っちゃってるんだけどさ。





アルゼンチンからパラグアイに行くのに、ブラジルを通らなければならない。

これはどういういことか。



1.アルゼンチンの検問所でアルゼンチン出国手続き

2.ブラジルの検問所でブラジル入国手続き

3.ブラジルの検問所でブラジル出国手続き

4.パラグアイの検問所でパラグアイ入国手続き



と、まあこういうことになりますね。


しかし、この辺の国境は南米らしく適当で、ブラジルとパラグアイの手続きはなしで人々が行き来しています。

要するに、バスで国境越えをする僕は、アルゼンチンの出国スタンプをもらって、どこの入国スタンプももらわずに気付いたらパラグアイに入ってしまっている、という事態におちいります。

こいつぁ大変だ!!!!!





まあとりあえあずこちらを見ていただこうか。

僕がわざわざパソコンのペイント機能で全力をかけてつくった地図だ。



イグアス




こうすれば一目瞭然!!!!!!!!



まず、アルゼンチン、プエルト・イグアスからパラグアイ、シウダー・デル・エステ行きのバスに乗ります。


そして、比較的しっかりしてるアルゼンチンで出国スタンプをもらったら、バスはしれっとブラジルに入ります。

しかしここで検問所を華麗にスルー!!!

なんにも言わなくてもバスはスルーします。



そして、ボーっとしてると次にブラジルからパラグアイに抜ける、ブラジルの検問所にたどり着きます。

そしてここでもやっぱりスルー!!!

やっぱりバスは基本的にスルーします。

これで今の僕はアルゼンチン出国スタンプだけを持って、ブラジルを通過しました。




そして、ブラジルから国境であるパラナ川にかかる友情の橋、というものをバスで越えます。

すると気付けばそこはもうパラグアイ。

パラグアイの検問所もやっぱりバスはスルーしちゃうから、「降ろしてー!!!マジで降ろしてー!!!入国スタンプいるの!!!!!!」とここの検問所前でバスの運転手に言いましょう。




パラグアイの検問所で降ろしてもらい、ここで晴れてパラグアイの入国スタンプをget!!

こうすることで、ブラジルを通っているはずなのにアラ不思議!!

アルゼンチンからパラグアイに直接入ったみたい!!!



パラグアイの国境検問所でスタンプをもらった後は、そこで次のシウダー・デル・エステ行きのバスを待ちましょう。

さっき乗ったバスのチケットの半券みたいのを見せると、乗せてくれます。




こうやって、アルゼンチンのプエルト・イグアスからパラグアイのシウダー・デル・エステへ向かうのです!!!


今回のはそういう旅人に優しい記事ですね!!!!!!







ではそのパラグアイまでの実際の移動を見てみましょう!!










P1140058.jpg



アルゼンチン、プエルトイグアスのバスターミナル。

このバスでパラグアイのシウダー・デル・エステへ向かいます。

いちいちシウダー・デル・エステって打つのすごくめんどくさい。シウダー・デル・エステ。





P1140060.jpg



バスはしょぼいと思いきや、中ではテレビが流れてました。

果たしてどこの国のテレビ局の番組なんですかね。


ちなみに、このバスはアルゼンチンの通貨でもパラグアイの通貨でも払えます。




写真はありませんが、このあとアルゼンチンの検問所で乗客みんな出国手続きをします。

そして、アルゼンチン出国!

一路、ブラジルに入国。



国境の川を越え、ちょっとドキドキしながらもバスはブラジルの検問所を通過!!


そして、またもドキドキしながらブラジルとパラグアイの国境のパラナ川を通過!!


ここからパラグアイ!!!

ほっとくとバスはパラグアイの検問所を通過しちゃうから、ここでバスの運転手に「降ろして降ろして!!!」と言います。

「パラグァイ!!フロンテーラ(国境)!!パッサポルテ(パスポート)!!キエロイル(行きたい)!!」

とか行っておけばたぶん、あ、こいつ観光客だな。とわかってくれるでしょう。

僕たちみたいな観光客は珍しくないと思うので、運転手さんも教えてくれるでしょう。

ちなみにいい人でした。




P1140061.jpg


ブラジル―パラグアイの国境、パラナ川。

向かって右がブラジル、左がパラグアイ。真ん中の島はどっちなんだろうな。







さあ!!!!!!!!!!!

ということで、改めまして、32カ国目パラグアイ上陸!!!!!!!!


パラグアイの言語は基本的にはスペイン語。

他には現地語のグアラニー語と、ブラジルに近いという事でポルトガル語も普通に通じます。

要するに僕たち日本人は基本的に言葉は通じないってこと☆

しかし実は・・・だ・・・!!
まあこの話は次回のお楽しみにしようか・・・。







「オラー!!パッサポルテ!!!トントントン!!(スタンプのボディーランゲージ)」

「オラー!!日本人ね?スペイン語と英語どっちがいい?」

「おっ!!英語いけますか!!じゃあ英語でお願いします!!!しかも美人だねお姉さん!!」

「OKOK知ってる!!じゃあパスポートだしてー。はい、これパラグアイの見所のパンフレットね。」

「これは親切にどうも・・・おおっ!!!!!日本語じゃん!!!!!」

「そうよー!パラグアイは日本と仲いいんだからー。」

「マジすかー!!!そいつぁ気に入った!!!ありがとうお姉ちゃん。オレこの後日本人移住区に行きたんだけどさ!」

「でしょうね!!こっからバスターミナルに行って、そこからアスンシオン行きのバスに乗ればいけるわよ!!」

「よしよし、まずはバスターミナルだな!!こっからバスターミナルは近いの?」

「んー少しあるわよ。歩いていけるけど、危険よ☆

「ですよねー☆危険ですよねー☆道歩いてるだけで危険なんて、そんなん当たり前ですよねー☆そりゃ車でも乗ってないと道なんて危なくて歩けませんよねー☆」

「ここの前をバスが通るからそのバスに乗せてもらいなさい!!歩いていくのは危険だからね!!本当に!!!」

「ですよねー☆戦車でも乗ってないと怖くて出歩けませんよねー☆」







パラグアイの検問所のお姉さんは優しくて美人でいい人でした!!

だって僕の命を案じてくれたんだからね!!!

ちなみにこのパラグアイの国境の街、シウダー・デル・エステは外務省からもレベル4が最大の危険情報で、レベル2〔渡航の是非を検討〕が出ていました!!!(当時)




P1140063.jpg



ということで国境検問所の前からまたバスに乗り、シウダー・デル・エステのバスターミナルにまず向かいます。

このシウダー・デル・エステはまあ治安が悪い街として有名でしてね!!!

まあバスの中から見てるだけでチキンのオレはもう怖い怖い!!!



ここは物価が安いし、関税がかからない(?)のでまず物は安いのです。

特に電化製品が安いのが有名で、おそらくここでは日本の次に電化製品が安いんじゃないかな。

でも実は電化製品は日本が値段クオリティ共に最強!!!

旅人の中でもここの電化製品の安さは有名で、ここでパソコンを買ったり、HDDや、カメラ、なんだかよくわかんないどうみたって偽者っぽい電化製品まで安く買えるのです!!!



それと、興味深いことに、この街には台湾の旗が見られました。

実はパラグアイは台湾を国家、として認めている国で、正式に国交があります。

台湾としても国家として認めてくれる国とは仲良くしたいんでしょう、いたるところに台湾と仲がいいんだろうなオーラが出ていました!








南米には日系人が多くいることは結構ご存知の方も多いはず。このパラグアイもそうです。

戦後の話になりますが、日本政府の意向により、日本人の南米移住が行われました。そして息子、孫、ひ孫の日系人が南米には多くいます。


ここでちょっと真面目な話になりますが、僕はこのシウダー・デル・エステという街をバスから見ていて、日系人の少年を見つけました。

その少年は、おそらくホームレスなのでしょう、擦り切れた綺麗とはいえないシャツを着てゴミを漁っていました。

たぶん60年ぐらい前までさかのぼれば、彼の先祖も日本人のはずです。

彼の先祖は自分の祖父のクラスメイトだったかもしれません。

元々は、僕も彼も同じ人種、生まれた場所が違うだけでここまで環境が違うのか、と感じてしまいました。

別にその少年がかわいそうだ、とかそういうことを言うつもりはありません。

それでも僕は、ここでなにやら小難しいことを考えてしまいました。

僕のこの感じ方が貧しい人を上から見る見方であることは、残念ながら間違いないでしょう。

しかし、それでも今まで知らなかった、知っていたけど、自分の目で見たからこそ、感じられた事がここにはありました。








P1140065.jpg




そんなわけでこの怖い怖いシウダー・デル・エステには滞在しません!!!

滞在できないわけではないんだけどね!!!


だってこっちの治安悪いって、スリとかじゃなくて、誘拐とか命の危険だってありえるんだからね!!!

たまにいる、外務省が行っちゃいけない!って言ってるのに危険を冒しながらも旅する、アクティブだか無謀だかわかんない旅人とは違うの!!!






P1140064.jpg

ほら!!!

あの女の人めっちゃこっち睨んでるじゃん!!!

絶対危険だよあの人!!!

でもあの危険はなにかそそる危険があるよね・・・。

こういう危ない橋はちょっと渡ってみたいよな・・・。

なんていうの・・・禁断の果実?秘密の花園?









とか何とか言ってるうちに、バスはシウダー・デル・エステのバスターミナルに到着!!

ここで更にバスを乗り継ぎます。



闇両替のおっちゃんに言い寄られ、あんましレートが良くなかったからぺルドン(ごめんなさい)して、次のバスに乗ります!!!

このバスの運賃がアルゼンチンペソでも払えたのがラッキー!!!








次に向かう街は・・・・・・・









P1140226.jpg







うおおおおおおおおおおおおおお!!!!!!!!!!!















にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へにほんブログ村
にほんブログ村 世界一周<携帯用>
よろしければクリックお願いします。とても励みになります。
一言:さて、僕はブログと卒論、どっちをやるべきなんでしょうか。
    卒論通らなかったらもう一周しに行くか・・・。今度は縦に。

Check
関連記事

theme : 世界一周
genre : 旅行

comment

Secret

プロフィール

あらた

Author:あらた

 小さい頃に国旗のぬりえにはまり、それ以来地理が大好きになってしまった可愛くない幼稚園児時代から全ては始まった・・・。

 世界地図を眺めていたら旅へ出てしまった、よくいる休学大学生。

 世界中を歩いて歩いて、感動したり、激怒したり、飲んだり飲まれたり、聖なる剣を探したり、手から炎だしたり、世界を救ったり。そんな僕も世界中の旅人と「よい旅を」と握手をし、2010年末帰国。でもブログはまだ続いています。

 はぁーーたまごかけがご飯がうまい。

最新記事
最新コメント
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
662位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
216位
アクセスランキングを見る>>
著者の本棚
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

世界一周ルート・一言コメント

より大きな地図で 世界一周を表示
世界一周早見表↑
ルート・一言コメント・写真があります。
世界一周ランキング
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
カテゴリ
カレンダー

09月| 2017年10月| 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


お友達旅人ブログ
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。