スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

下町グラナダ街歩き


アルハンブラ宮殿に入るのに3日もかかったということを前回のブログで紹介したけど、さすがに3日もずっといじけてたわけじゃないんだぜ!!!


というわけで、今回はグラナダ街歩きの記事だ!!!

やっぱ旅の基本は街歩き!!!

これぞ旅人の醍醐味だよね!!





それもスペインまでくると街がいちいちオシャレなんだぜ!!!

フラフラ街を歩いて、色々なものを発見する・・・。






P1130007.jpg






お分かりいただけたであろうか。

私は鉄道や、バスが好きであり、よくそういったものの写真を撮ることがある。

この時私も、スペインのきれいにデコレーションされたバスを撮ろうと、カメラを構えたのである。

しかし、そこにはありえないはずのものが写ってしまったのである・・・。



ちなみにこのありえないジャージはなんと、れっきとしたフランスのスポーツメーカー、le coq のものであった。

le coq ってこんなジャージ売ってるのかよ・・・。ダイレクトすぎるだろ・・・。






P1130103.jpg


アルハンブラ宮殿に朝早くから並んでいたオレなんですが、そこは10月のスペイン。

あったかそうな国だとはいえ、朝は10度をきってました。


しかしその時のオレの格好は、Tシャツにパーカー1枚のみ・・・。風邪ひいたわ。



4月に香港から出発した僕の旅は、温かい地域や、ずっと夏を追って行動していたので、防寒具がなかったのです。

スペインに入って、やっと冬が僕の旅に訪れたのです。

4月から10月まで半年間ずっと夏だったからね。






と、いうわけで、防寒具を買うべくショッピング!!!!!!

バックパッカースタイルで旅をする人にはできないショッピング。

スペインまで来ると、さすがにTシャツがオシャレなんだな・・・!!!


実に日本を出国してからぐらいの、久しぶりのショッピングでなんとも楽しかったぜ・・・。


せっかくだから戦利品の写真を載せておこう。

なんか女の子のブログみたいだな。

「見てみてーー☆かわいいでしょー☆」


P1180588.jpg


オレの一番好きなファッションである、Tシャツ 7ユーロ(770円)

リバーシブルのあったかいジャケット 40ユーロ(4400円)

スペインに来ると、さすがに物価はそれなりだけど、日本に比べればどう考えても安いし、なによりクオリティがちゃんとあるのだ!!!



この写真を撮るためにこのロックンロールなTシャツわざわざアイロンかけたんだぜ

このTシャツ、実は着ているだけで、

女「へー、ギターやってるんですかー。」

新「そうなんですよー。まあそんな対してうまくないですけどねー。」

女「どういうジャンルの音楽やってるんですかー?」

女「・・・・・・・・胸にロックンロールって書いてある・・・www」

と、女の子と仲良くなれるほどのアイテムなのだ!!!(実話)



あと、もう一つ、エルニーニョ君パーカーを買ったんだけど、後のブログで紹介します。

別に紹介しなくてもいいよ、って言われても紹介します。






P1130150.jpg



さあ、ということで、ぶらりグラナダ街歩きのコーナーだっ!!

今までは1ヶ月ほど、チュニジア・モロッコのイスラムの街にいたから逆に新鮮だぜっ!!!



P1130017.jpg


観光地ってことで土産屋が多いけど、ちょっと他のヨーロッパよりも活気があるような気がした。

さすがは太陽の国、スペイン。人がフランクなのかもね。

あと、グラナダは、アルハンブラ狂想曲の舞台ってことで、ギター屋も多い。

オレも一応ギター弾きということで気にはなったけど、職人さんが一つ一つつくりあげる立派なクラシックギターを、試奏するのはちょっとレベルが高くてできなかったぜ!!!


P1130023.jpg


市の中心街も嫌いじゃないけど、やっぱこういう路地をフラフラするのが好き。

ネコとかと遊んだり、民家のちょっとした飾りを写真に撮ったりと。


P1130051.jpg


そうやって、民家の間を抜けてフラフラしていると、こういうところに出ることが結構あるんだよね!!!

高台マニアとしてはよだれが出るぜ!!!




P1120998.jpg


そういや、教会らしい教会も久しぶり。

スペインはカトリックだから教会がいちいい豪勢なんですよ。



P1130083.jpg



こちら、カテドラル(大聖堂)の内部。

やっぱカトリックは違うね!!!

ゴシック様式のステンドグラスのでっかい教会でした。



P1130091.jpg


パイプオルガンはやっぱ、血を呼び覚ますよね・・・。

召還獣とか手に入りそうだよね・・・。



カトリックとプロテスタントの違いがよくわからない、と人が結構いると思いますが、スーパー簡単に言うと、

カトリック:教会を大切にする 
プロテスタント:聖書を大切にする

ということがあります。だからスペイン・イタリアはでっかい教会が多いんですね!!




P1130126.jpg



グラナダといえば、前回のブログで説明したとおり、イスラムの色を残す街並み。

アルハンブラ宮殿はイスラム王朝の宮殿であるように、そのまわりには城下町的に街がありました。

それがこのアルバイシン地区。


白く街が彩られていて、イスラムの色を残す街なのです。

元々はイスラム教徒がつくった街だけど、今はキリスト教徒のスペインが普通に住んでいます。

このキリストとイスラムの融合がグラナダの魅力なわけですねー。




P1130047.jpg



どこかで言ったとおり、トルコに似たような街があるんです。

白くて小さなかわいい街。

もちろん、そこもここも世界遺産に登録されています。



P1130026.jpg


アルバイシン地区は今では庶民の住むひっそりとした住宅街。

ところどころで観光客が歩いているけど、中心街と比べるととても静かないい雰囲気の街並み。

家からは宮殿が見渡せて、高台にあって、住むならこんなとこに住んでみたいもんです。


P1130048.jpg




P1130033.jpg



とらわれの鶏。

こういうのが民家の窓にあるわけだからもうかなわないわ。

ヨーロッパの古い街ってなんでオシャレに感じてしまうんだろうね。




P1130030.jpg


そういったわけで、やっぱり観光地よりもこうやってフラフラ街を散策するのがおもろいってことでした!!

ぶっちゃけ、アルハンブラ宮殿よりも街歩きのほうが楽しかったです!!!ドーン

京都の寺散策も嫌いじゃないけど、あの街が好き、ってのに近いかな。






P1130217.jpg


「観光はセグウェイで」

みたいのがあって、セグウェイで観光客が闊歩していたりします。

オレも今度はセグウェイで日本一周してみようかな。

絶対ウケると思うんだ。

竹下通りとかセグウェイでドヤ顔で闊歩してたら格好いいと思うんだ。







そういうわけで、アルハンブラの乱によってグラナダには3泊もしてしまいました。

久しぶりに観光地らしい観光地でした。

でも人が暮らす観光地って感じだったかな。

下町的な要素もあった街でした。



そしてバスでアンダルシア地方を西へ、次の街へ向かいます。






にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へにほんブログ村
にほんブログ村 世界一周<携帯用>
よろしければクリックお願いします。とても励みになります。

一言:しかし桜ってのは本当にキレイだな。ぜひ外国人観光客に見て欲しいな。
    これだけ見に日本に来る価値もあると思うな。この儚さこそ日本を感じる。
関連記事

theme : 世界一周
genre : 旅行

comment

Secret

プロフィール

あらた

Author:あらた

 小さい頃に国旗のぬりえにはまり、それ以来地理が大好きになってしまった可愛くない幼稚園児時代から全ては始まった・・・。

 世界地図を眺めていたら旅へ出てしまった、よくいる休学大学生。

 世界中を歩いて歩いて、感動したり、激怒したり、飲んだり飲まれたり、聖なる剣を探したり、手から炎だしたり、世界を救ったり。そんな僕も世界中の旅人と「よい旅を」と握手をし、2010年末帰国。でもブログはまだ続いています。

 はぁーーたまごかけがご飯がうまい。

最新記事
最新コメント
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
623位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
209位
アクセスランキングを見る>>
著者の本棚
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

世界一周ルート・一言コメント

より大きな地図で 世界一周を表示
世界一周早見表↑
ルート・一言コメント・写真があります。
世界一周ランキング
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
カテゴリ
カレンダー

03月| 2017年04月| 05月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


お友達旅人ブログ
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。