スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「いっけぇぇーー!!」さらばアフリカ大陸!!ジブラルタルを越えて


シャウエンのバスターミナルはちょっと街から遠い。

しかも、街から坂を下ったところにあり、一度行ったら帰ってくるのは相当めんどくさいところにある。


「ああ・・・いつもはチケット先に買っておくんだけどなぁ・・・。」


ということで、あらかじめチケットは買わずに、きっとこの時間ならバスあるんじゃないかなー、と思う時間に賭けて出発!!






勝負の時間は午前10時・・・。


「10時なら大抵バスあるんじゃな・・・うおーー!!!今9時半じゃねぇか!!!」


いやっ!!!まだ行けるっ・・・!!!走るぞ!!!!!









シャウエンの城壁をくぐり、階段を走る走る・・・!!


大通りに出て、とりあえず西へ走る・・・!!!




すると、たむろしているタクシーの運ちゃんが話しかけてくる。



「もしもし、お兄ちゃん、どこ行くんだい!!タクシー乗るかい!!!」

(・・・タクシーか・・・この際ありかもしれない・・・。あと・・・10分ぐらいしかない・・・!!)

「・・・んー、バスターミナル行くんだけど・・・。そこまでいくら?」

「バスターミナルか、そこからどこ行くの?もうチケット持ってんのか?」

「タンジェ行くの!!まだ買ってないから行って買うの!!時間ないんだ!!いくら!!!」

「タンジェ行き?10時にはないぜ~。だからタクシーでタンジェまで行っちゃってもいいぜ!!」

「ない!?嘘つくなよ!!タクシーでタンジェなんて高いだろ!!バスで行くんだ!!じゃあな!!!」

「おっと~、待った待った~!だから10時にはバスないって!!タクシーのほうが早くつくぜ!!オレはスーパードライバーだからな!!」

「うるせぇ!!そこどけよ、スーパードライバーやらスクリュードライバーだかしらねぇけど、バスで行くって言ってるだろ!!10時にあるってオレは聞いたんだよ!!(本当は聞いてない)」

「お~怖い怖い!!でもその後スペイン行くんだろ?スペイン行きの船にはタクシーじゃないと間に合わな・・・」


ヒュンッ






巻いた後には、観光客が珍しいのか手を振ってきた青年達に道を聞き、バスターミナルの場所を把握。


最後に待ち受けるのは、心臓破り(ハートブレイク)の坂・・・。



を、下る!!!





残り時間・・・7分・・・!!!


「走るぞ・・・!!!オレは・・・」




1km程のとんでもない斜面をオレはひたすら走る!!!



「・・・とまれ!・・・とまれ・・・とまれ・・・!!・・・とまれとまれぇ!!・・・とまれとまれとまれぇ!!!!!」




20kgほどの荷物を背負ったまま、1kmの坂を7分で下る。



「・・・いっっけぇぇぇぇぇーーーーーー!!!」





















「おまえ・・・タイムリープしてね?」






うん、そう。これが言いたかっただけ。

(わからない人は「時をかける少女」を見よう!!青春したくなるよ!!そしてちょっとだけ鬱になるよ!!)






とにかく、賭けで向かってみた10時のバスは、なんと見事にありました。

そしてシャウエンから向かったのは、タンジェという街。


アフリカ大陸最北西端の港、とも言われる街。

最も北西にあるってよく基準がわからない。




そして、前述の会話にも登場したとおり、ここはスペイン行きの船がある街。

アフリカの玄関口と言われ、また、アフリカからヨーロッパを目指す人がたくさん集まるところ。



かの有名なジブラルタル海峡の最も主要といえる港なのだ!!!






タンジェについてみると、やっぱりどこでもいるのがタクシーの客引き。


でも、オレが出会ったのは、タクシーではなく普通の軽トラのおじさん。

どうやら別にタクシーではないけど、小遣い稼ぎ程度にやってるのかも。

ここから港はどうせタクシー使わなきゃいけないし。

って、ことでいざ交渉。








しかし、英語が通じない。


が、さすがスペインの目と鼻の先。

ここではスペイン語が通じる。



観光に従業していないモロッコ人が話せるのは、アラビア語とフランス語が基本。

そして、この辺の人はスペイン語を話せる。




そして、なんと実はわたくし!!!

スペイン語を少し介すのです!!!



どれぐらいスペイン語は話せるのかと言うと、



舞台は大学・・・。そして第二外国語、スペイン語の授業・・・。

あと1日欠席したらスペイン語の単位を落とすという時に思いっきり寝坊をしてしまい、それでもがんばって大学に行って、着いたのが授業が終わる10分前。

授業が終わる直前に教室に入ったもんだから、先生が優しく「あれ?電車遅延ですか?」と聞いてくれました。

そこで僕は堂々と


「いいえ、寝坊です。」と答えました。


それぐらい話せます。




まあ要約すると、関西弁と同じぐらいしかわかりません。


あくまで第二外国語の程度です。

みなさん、第二外国語ってちゃんと話せますか・・・?

その程度です。





数字とビールぐらいのスペイン語しかわからない僕は、その場でなんとかスペイン語を使ってみて交渉。

でもちょっと勉強したフランス語やらイタリア語やらもう自分で何語を話してるのか全然わかってない状況で、

「25」と言いたかったのを、

veinte and quatre (スペイン語+英語+フランス語)

なんてスーパーインターナショナルナンバーで話していました。

かっこつけて斜字になんかしちゃって。





まあそんなちょっとオレ色んな言葉話せるんだぜ自慢は置いといて、いやまあ話せないんだけど、置いといて、軽トラのタクシーに乗ったわけです。



そして、タンジェの港へ着きました。



「おい、おまえスペイン行きの船だろ?」

「おう、そうだけど。なに?おたく船会社?」

「そうだよ。スペインのタリファまでの便がすぐあるぜ。」

「タリファ?オレアルヘシラスってとこ行きたいんだけど・・・。」

「アルヘシラス?ああ、アルヘシラス行きの船なら全部別の港に移動したよ。ここから12km先にある・・・」

「マジで!?!?!?」

「マジマジ。今アルヘシラス行きは新港から。ここは旧港だからね。」

「・・・マジで?!?!オレスペイン行きたいんだけど・・・。」

「おうおう、だからスペイン行くならそのタリファ行きなよ。」

「・・・想定外だ・・・。タリファなんて初めて聞いた名前だぞ・・・。」

「ああ、タリファからアルヘシラスまでは無料バスがあるからそれ使いなよ。」

「ああ・・・ならいいかな・・・。」




スペインのアルヘシラスに行きたかったんだけど、そういうわけで、なんとも船がないとの事態におちいりました。



P1120943.jpg


こちらがタンジェの港。


もちろん、国境であるわけで、きちんと手続きをします。

ここの港はアフリカからヨーロッパへの入り口ってことで、場合によって審査が厳しいらしいです。



P1120952.jpg



これでついにモロッコは終わりです。

結構のんびりしてたかな。

結局いたのは2週間ほど。




P1120942.jpg



そして、これでなんとアフリカは終わり。

アフリカといっても、北アフリカのエジプト・チュニジア・モロッコの3ヶ国のみ。

全部イスラム世界だったからね。



P1120957.jpg


イスラム世界から発つ、とうことで、アルコール解禁!!!!!!

イスラムでは酒が飲めないからね!!

チュニジアとモロッコで計1ヶ月ほどいて、ほとんど酒飲めてなかったからもう大変!!


イェーーイ!!!アルコール最高!!!

チェコで浴びるほどビールを飲んで以来、毎日飲んでたビールがついに帰ってきたよー!!!

イタリアからイスラムのチュニジアに入って最初は、体がアルコールを欲しくてもう死にそうだったからね!!!

若干マジでアル中の疑いがあったからね!!




P1120956.jpg


船の中。

なんかすげーシャレオツだった!!!


しかしろくに英語は通じない・・・。

乗務員にはモロッコ人もスペイン人もいたけど、英語は通じませんでした。

意地でスペイン語とアラビア語です。





P1120959.jpg



ジブラルタル海峡。


ついに来ました。ビックネームの海峡です。

旅人憧れの狭間ともいえるでしょう。



ここは地中海の一番西側。

地中海と大西洋の境目でもあるわけですね。


このジブラルタル海峡を渡る船の中で、



 ああ、これでアラビアの国が終わってしまった。今まで使っていた『アッサラーム・アライコム』という挨拶をもうこの旅で使うことはないのだ。そう思うと感慨深い。

 ふと思ったのだが、私は今まで何カ国の言葉で「こんにちわ」と言っていたのだろうか。

 そして何カ国の「こんにちわ」を使わなくなっていったのだろうか。もはや忘れてしまったものも多い。

 それでもその挨拶を話せるだけで、とても心地よいものだったのだ。
 
 またひとつ、私の中から「こんにちわ」が消えてしまった。


 ジブラルタル海峡を渡った私は、ついにスペインに入った。また、初めての国だ。

 ガイドなどは持っていないが、きっと何とかなるだろう。

 とにかくにもまずは宿を探さなくてはいけない。

 気になった宿を見つけ、私はそこに導かれるように入っていったのだ。

 そして私は宿の親父にこう言った。

 『ブエノス・ディアス』。





っなんてかっこよくブログを書こう!と決心したんだけど、恥ずかしいからやめた!!!





P1120966.jpg



見えた!!!スペイン大陸!!!




さあ、このモロッコとスペインを結ぶジブラルタル海峡の船はいったいどれぐらいの時間がかかったでしょう。




答え.35分


えー、実はすんごい近いんですよ。

実は晴れていれば、スペインからモロッコは見えるんです。



ユーラシア大陸から海を隔てて、アフリカ大陸はしっかり見えるんです。




久しぶりのユーラシア大陸。


約1ヶ月間、チュニジアとモロッコという北アフリカの国にいましたが、これでアフリカ編は終わりです。




アフリカを出、ついに帰ってきました、ユーラシア大陸。



そして、ここより遥か東の国からやってきた僕にとって、ユーラシア大陸ももうあと少しなのです・・・。













にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へにほんブログ村
にほんブログ村 世界一周<携帯用>
おもしろければクリックお願いします。おもしろい記事を書くのって難しい!!

一言:世界一周して日本に帰ってきてお腹が強くなったみたい。
    賞味期限とか全然気にしないで食事をするようになった。明太子うまい。
関連記事

theme : 世界一周
genre : 旅行

comment

Secret

プロフィール

あらた

Author:あらた

 小さい頃に国旗のぬりえにはまり、それ以来地理が大好きになってしまった可愛くない幼稚園児時代から全ては始まった・・・。

 世界地図を眺めていたら旅へ出てしまった、よくいる休学大学生。

 世界中を歩いて歩いて、感動したり、激怒したり、飲んだり飲まれたり、聖なる剣を探したり、手から炎だしたり、世界を救ったり。そんな僕も世界中の旅人と「よい旅を」と握手をし、2010年末帰国。でもブログはまだ続いています。

 はぁーーたまごかけがご飯がうまい。

最新記事
最新コメント
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
814位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
286位
アクセスランキングを見る>>
著者の本棚
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

世界一周ルート・一言コメント

より大きな地図で 世界一周を表示
世界一周早見表↑
ルート・一言コメント・写真があります。
世界一周ランキング
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
カテゴリ
カレンダー

05月| 2017年06月| 07月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -


お友達旅人ブログ
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。