スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【速報】最後の始まり・アメリカ



メキシコシティにいれたのは5日間だけだった。

元々メキシコには、遺跡が見たくて来た。

期待していたその遺跡を見に行ったけれども、どうにも揺さぶられることはなかった。
 

それでも一つ、心が揺れた。




もうこれが最後の遺跡だ。









メキシコシティはおもしろかった。


思っていたよりはるかに発展していて、けれども屋台や青空市場が道端にたくさんある。

腹が減ったらタコスの屋台に入って、とりあえずメニューの一番上のものを頼む。

お気に入りのアボカドと青唐辛子のソースをかけ、たまねぎをたくさんのせる。

うまかったら今度は上から三番目のものを頼んでみる。





世界中でそうしてきたようにタコス屋のおじさんと意味もなく話をする。

「これは何?」「なんだよ辛いじゃん!」「この辺ってこの時期いつも晴れてるの?」





一軒のお気に入りのタコス屋ができた。

気付けば、1日2食はそこのタコス屋でいつものタコスを食べて、いつものソースをかける。


「オレ、今日出発するんだ。アメリカに行く。」

「ああ、そうなのか。おまえの友達は?」

「たぶんまだいる。オレだけ今日出発するんだ。」

「友達はスペイン語話せるのか?」

「んー、たぶん少しだけならいけると思う。」



今までオレはスペイン語で会話をしていたんだ。


最初は数字と必要な単語だけ覚えて、スペイン語圏に入った。

もちろんそれでは、人が何を行ってるのか全然わからなかった。

物の値段と行きたい地名がわかれば旅は続く。




それでも、耳に入る言葉がスペイン語だけの環境で過ごしていると、自然と単語を覚えていった。

おそるおそる聞いたことのある単語を使ってみる。

すると通じる。

それを繰り返していくうちに、スペイン語は上達していった。


文字にしろと言われたら、それはちょっと自信がない。

覚えたのは話し言葉だけ。

少ない語彙で人と話してみて、語彙がまた増えていく。





「Buen Viaje」

タコス屋を出るとき、いつもの親父にそう言われた。

スペイン語で「よい旅を」。


日本人に言われる「よい旅を」。

欧米人に言われる「Have a nice trip」。

それとは違った心地よさがある。


彼は僕の旅を知らない。

僕がどれぐらい旅を、どこを旅し、いつ帰るのか。

それを知らない彼が言う「よい旅を」は、少なくとも僕に刺さった。






2ヶ月話したスペイン語はここで終わりだ。

次の国はアメリカ。

最後の国だ。

もうこの旅で話す言語は英語だけになった。



これまで使ってきた、世界中の「こんにちわ」「ありがとう」。

それが扱えるだけで、世界中の人との距離を一気に縮める。

次は「Hello」。

そしてその次は「こんにちわ」、いや「ただいま」になる。








地下鉄に乗って、空港へ向かう。

そして飛行機に乗り、アメリカへ入る。

ロサンゼルスの空港に着いたのは20時。

やはりメキシコと比べると寒い。

もう半袖で街を歩くことは当分ないのか。

僕の旅に冬が来た。





P1170499_20101222062435.jpg











入国審査の係員はいかにもかったるそうに僕のパスポートを開いて、僕の指紋を取った。

アメリカの審査は厳しいと聞いていたから少し緊張していた。

しかし、それは久しぶりに聞いた訛りのない英語。

「聞きやすいな」と思うと、「オレこんなに英語聞けるようになってたんだな。」とはっきり思った。

今の僕は緊張しているが、必死に英語を聞き取ろうとしているわけではない。

それでも受け答えができている自分に成長を感じた。




「どこから来た。」

「メキシコシティから。」

「メキシコではなにしてたんだ。」

「観光。」

「何日メキシコにいた。」

「5日だ。」

「アメリカでの予定は。」

「8日間だけで、ロサンゼルスとラスベガスに行く。」

「日本では何してる。」

「学生。」

「何を勉強してるんだ。」

「大学で地理を勉強してる。」

「この旅行はどこからはじまった。」

「香港から。」

「香港?香港からメキシコに飛んだのか?」

「いや、違う。世界一周してるんだ。」

「じゃあ期間は。」

「だいたい8ヶ月。」

「次はどこに行くんだ。」

「ここが最後だ。次は日本に帰る。」








自分で言った「Here is the final destination.」が重い。

ついに来てしまった。

もう次に乗る飛行機は帰国便なんだ。

この入国審査も最後になる。

残り、もらうスタンプは「アメリカ出国」と「帰国」の二つ。












ターンテーブルの前で荷物が出てくるのを待つと、僕のオレンジ色のバックパックのカバーだけが、バックパックから外れて流れてきた。

それを拾うとゴムが切れてもう使えなくなっていた。

いつも飛行機に乗るときには、バックパックが汚れないように、盗難防止に、目印にするためにカバーをつける。

そのカバーがついに壊れた。

元々少し破れてきてはいた。

それでもここまでよくもってくれた。

後は日本に帰るだけ、それぐらいならカバーをつけなくてもなんとかなるだろう。

最後の目的地までよくもってくれた。











カバーは壊れ、もうここから先は使えなくなってしまった。

それでもいつも通り、バックにしまう。

少し込み上げ、頬をつたう。









カバーだけじゃない。

もう何もかもボロボロだ。

靴だって雨が降ればすぐ浸みるし、中敷きはもう剥げている。

バックも何度も自分で縫って、ピンで止めて、接着剤で直して。




まだ使える。まだ使える。

そうやって直してきて、ついにこいつ等ともここまで来た。

もうこうやってバックを背負うのも片手の指の数もないだろう。














ロサンゼルスは雨。

夜の雨の街の地上に降りると、高層ビルが建ち並ぶ。

傘は邪魔だ。

フードをかぶり、もうカバーのないバックパックを背負い路地を進む。








雨の中、フードをかぶり、バックを背負い、初めて見る路地を一人で行く。











これが最後の国。

もう、旅が終わる。















見たくば歩けよ、世界は広し。










最後の始まり。

37カ国目、アメリカ。







にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
にほんブログ村 世界一周<携帯用>
よろしければクリックお願いします。とても励みになります。
関連記事

theme : 世界一周
genre : 旅行

comment

Secret

No title

あらたさん
こんばんは。
2回目のコメントです。

この何ヶ月かストーカーのごとく(笑)読みにきて楽しませてもらっていたので、あらたさんの旅が終わってしまうんだ、、と勝手に私も寂しくなってます。

なんでかずっと旅が続いていくような気がしてました。
でもはじまりがあれば、おわりがありますね!当然ですが。

とにかく最後まで無事を祈ってます☆
あとまだ追いついていない分も帰国してからの更新を楽しみにしてます!
では。

Re: No title

>uさん
いやー、気付いてみれば8ヶ月のとても長い長い旅でした!!
いつしか帰国が目標となって、どうやらその目標は無事達成できそうです。

長い間読んでいただきありがとうございます!!
幸か不幸かこのブログはまだまだ続きます・・・(笑
今後ともよろしくお願いします!!(笑
プロフィール

あらた

Author:あらた

 小さい頃に国旗のぬりえにはまり、それ以来地理が大好きになってしまった可愛くない幼稚園児時代から全ては始まった・・・。

 世界地図を眺めていたら旅へ出てしまった、よくいる休学大学生。

 世界中を歩いて歩いて、感動したり、激怒したり、飲んだり飲まれたり、聖なる剣を探したり、手から炎だしたり、世界を救ったり。そんな僕も世界中の旅人と「よい旅を」と握手をし、2010年末帰国。でもブログはまだ続いています。

 はぁーーたまごかけがご飯がうまい。

最新記事
最新コメント
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
623位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
209位
アクセスランキングを見る>>
著者の本棚
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

世界一周ルート・一言コメント

より大きな地図で 世界一周を表示
世界一周早見表↑
ルート・一言コメント・写真があります。
世界一周ランキング
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
カテゴリ
カレンダー

03月| 2017年04月| 05月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -


お友達旅人ブログ
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。