スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

男の人怖い・・・男の人・・・貞操死守




・・・まず今回のブログを始めるにあたって、まえがきを書いておきたいと思う。

読者諸賢には充分注意をしつつ今回の記事を読んでいただきたい。



今回のストーリーは、どこの街でもない、なんてことのない移動の記事である。

ヨーロッパでの移動はやはり鉄道が好きな私はここでも鉄道を利用した。



今回の記事の内容は、

今のところ旅で一番おそろしかった出来事である。

それでは・・・お読みいただこうか・・・。


男性諸君、しっかり気を持って読んでくれ。











マテーラに泊まっていたオレが次に目指そうと思っていたのは、シチリア島。

マテーラは足の形のイタリアの土踏まずからやや上にいったところ。


そして、シチリア島は足のすぐ先にある島。

イタリア本土が足なら、シチリア島はサッカーボールといわれている。

さすがイタリアさんです。。地図までサッカー関係のお話にしてしまうんすか。






シチリア島までは実は船が通っていて、イタリアのつまさきから列車ごと船に乗って、サッカーボールに行く船があるって。

最初は、この方法でシチリア島に行こうと思ってたんだよね。


要するに、くるぶしのバーリから入ったオレは、イタリアの足の裏をなめるようにして、南イタリアを移動しようと思っていたわけです。


今回は南イタリアのみのつもりで来たんですね。

足の下のほう。

かかとからつまさきまへ移動をしようと思ってて。


足の裏をなめるように、ねぶりねぶりとなめるように、より官能的になめるように・・・。








まあとにかく、そんな感じで移動しようと思っていたんですが、どうにも足の裏をなめるのには時間がかかるし、乗り換えも非常に多い。

田舎方面なので、毎日たくさんの列車があるわけじゃなく、なかなかうまく移動ができそうになかったので、別の方法を考えました。



一度、軽く北上、南イタリアの中心都市、ナポリへ行くことに決定!!

ナポリへ行く列車は多いし、そこからはシチリア島へ船もある。

船旅が好きなので、これもなかなか楽しそう!!!




ということで、今回の移動のお話は、マテーラからナポリへの移動のお話。

マテーラ→バーリ→タラント→ナポリという順に移動しました。




マテーラからまず、南イタリアの一応中心都市バーリを目指す。

これはアルベロベッロ行く時も同じこと。


P1110084.jpg


私鉄なんとか線。



そして、バーリからタラントへ列車移動。

これはよくある普通の近郊列車で1時間半ほどでした。


イタリアの田舎の畑や、家々、遊ぶ子供達が見れて、いい景色だなー・・・。







この時、私はまだ幸せでした。





ではこの列車で起こったことを、誇張なく、むしろ省略した形で書いていきたいと思います。







()は心境を、
『』はボディーランゲージを通訳したものです。










新「いやー・・・、やっぱローカル線はいいねー。景色がいいよ。」

新「こののんびり走る感じ、窓が開いて風を感じて・・・いやーすがすがしい。」



男「・・・」テクテク ストン

新(ん?なんだこの男・・・?この車両オレとこいつだけなのに、いきなりオレの斜め前に座って。)

新(・・・まあアジア人珍しいし、オレと話したいだけかも・・・)

男「・・・!!」パァンパァン   〔こっちに尻を向けて急に叩き出す〕

新(・・・ピキーン!!!!!オレの旅人レーダーが反応を示した!!!パターンレッド!!イケナイ!!!)

男「・・・!!」パァンパァン

新(ダメだ!!!目を合わせては!!!わからないが・・・イケナイ気がする・・・!!!何かを失う気がする!!!)

男「・・・???」パァンパァン

新(・・・き、気になるっ!!!何をしてんだこいつは!!!ずっとこっち見て・・・、ケツいじって・・・)

男「・・・!!!!!!!」ニヤッ

新「(しまった!!目が合っ!!!)・・・ヴ、ヴォンジョルノォ・・・!!」

男「ヴォンジョルノォ!!」ニヤッ

新「・・・は、はは、ハァイ。」      〔目を逸らし車窓を眺める〕

男『ちょっとちょっとぉ!!!』

新「ん?・・・ワッツ?」 ハワワワワ

男「ジョルヴァートゥルヤッ?」

新「あー・・・、ミ・スクージィ・ノ・イタリアーノ・・・。」(すみません、イタリア語喋れません)

男『。。。。。。。。。?』  〔涙を流すジェスチャー・解読不可〕

新「ん?」『わかんないよ?』

『 や ら な い か ? 』

新(!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!)「ノーノーノー!!!!!」









30分後・・・


新「・・・」シクシク ブルブル

新(怖かったよぉ・・・。直で誘われたのははじめてだよう・・・。怖いよぉ・・・。)

新(何度かそういう人に会ってるけど・・・確かにオレもてそうとはよく言われるけど・・・。)

新(別にそういう人がいるのは全然いんだよ・・・。ノープロブレムだよ。世界広いもん・・・。)

新(でも・・・ここ列車の中だぜ・・・?仮に誘うにしろ・・・会話とかからじゃないの・・・?)

新(そういう人だからって・・・いきなり誘うのはダメなんじゃないの・・・?)

新(いや、もうそういう問題じゃなくて・・・なんでいきなり・・・。)

新(・・・男の人怖いよぅ・・・。)







男「・・・」テクテク

新「・・・!!!!!!!!!!!!!!!!!!」超キュピーン 

男「・・・」テクテク 

新(まずいっっ!!またオレの周辺をウロウロし始めた!!!)

新(諦められないご様子だ!!!

新(・・・こ、ここはとりあえず寝たフリを・・・!!!)

新(・・・うん?待てよ・・・?この場合寝たフリは有効なのかっ・・・!?)

新(・・・寝たフリって・・・ひょっとして逆にピンチじゃないのかっ・・・!??)

新(寝てたらオレは逆にピンチじゃないのかっ!!!!!)



・・・



新(どうしよう・・・目を開けるタイミングを失った・・・!!!)

新(まだあいついるのかな・・・。さすがにもういないか・・・)

新(大丈夫か・・・な・・・?)




男「ヴォンジョルノォ!!!」

新(しまったぁぁぁぁぁぁぁ!!!!!!)「ハーイ・・・。」


男『ちょっとちょっと!ひどいじゃない・・・!!!』

新『い・・・いや・・・あの・・・、自分は・・・違うので・・・』

男『気にしない気にしない!!大丈夫!!!あたしにまかせて!!』

新「ノーノーォォ!!!!!!」『いやいいって!!遠慮しますって!!!』

男『まずはズボンを脱いで?』

新(!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!)『いやいやいやいやいや!!!!!マジでちょっと!!!!!!!!』

男『・・・だめなの?』

新『うん!!!!うん!!!!!勘弁してください・・・。』

『大丈夫!!!私受けるほうだから!!あなたが攻めるほ・・・』

新『いやいやいや!!!マジで!!!すいませんから・・・本当に・・・もう・・・。』

男『・・・だめ??お願いだから・・・。』

新『いや、ちょっと・・・マジでダメです・・・。』

男『・・・わかったわ!!!これなら大丈夫!!×××させて?』

新(!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!)『いやいやいやいやいや!!マジでごめんって!!!!!』

男『じゃあねー・・・×××は?これならあなたは何もしなくて・・・』

新『ダメダメ!!!!!!ダメマジで!!!!!!!!!!』

男『そう・・・。』






















これマジだよ?




もう・・・。

マジ怖かった・・・。

涙でるよこれ・・・。



今だからネタにできるけど、された直後は結構マジで、なんか傷ついたよ・・・。

女性が男の人怖いっていう感覚をはじめて知りました・・・。

本当にこの時の感情は今までの人生で経験したことのない恐怖でした・・・。




これでもだいぶ簡略してるんだからね?

そして、ボディーランゲージを通訳しているために、その状況を詳細には思い描けないと思いますが、

これボディランゲージで会話してたんだぜ?


もんんんのすごく卑猥なボディーランゲージでしたよ・・・。

手を・・・ここにこう持ってきて・・・・・・ハワワワワワ!!!


ボディランゲージを使うとこういう会話もできてしまうんですね・・・おそろしい・・・。






その後、なんとか無事に貞操を守りきりタラントに着きました。





「ああ怖かった・・・。マジで・・・。もう・・・早くナポリ着きたい・・・。宿でこもりたい・・・。」


「ちょっと次の乗換えまでに時間あるし、トイレいっとこう・・・。」

「トイレどこですか・・・。」





!!!!!!!!!!!!!


「トイレの前にさっきの男!!!」

「・・・オレはぁぁ!!!!あいつの前を通らなければトイレに行けないのか!!!!!!」

「まいった・・・。どうしよう・・・。でも行っといたほうが・・・。」

「よし・・・!!!!!強行突破だぁぁ!!!!!」






スタスタ


スッ



「よっしゃああああ!!!!!!!!!トイレ突入成功ぉぉぉぉぉぉぉ!!!!!!!!!!!!!!!!」




「はっ!!!!!!まだ安堵してはいけない!!!やつが入ってくる可能性が高い!!!」

「ここは・・・考えろ・・・オレ・・・。

「・・・!!!!!そうだ!!!!!小便器に行ってはいけない!!!!!背後が危険すぎるぅぅぅ!!!!!!


「落ち着け・・・。落ち着け・・・。冷静に・・・個室に・・・!!!!」






「ダメだぁぁぁ!!!!!!!鍵が壊れてしまらないぃぃ!!!!!!!!」







「いや!!!まだだ!!!神がそういっていようが、オレはこの運命に逆らうぞ!!!」

「次の個室だ!!!もう一つあったはずだ!!!そこに逃げ込めばぁ・・・!!!!!!」








「うぉぉぉぉぉ!!!!!!個室が広い障害者用だぁぁぁ!!!!!!!!!!」

「オレは盛った中学生カップルかぁぁぁっぁ!!!!!!!」












P1110094.jpg



こちらはタラントの港。

いやー、なんともキレイですねー。


こうやってキレイな画像を出すことによって、みなさんの心を洗い流す効果が期待できます。





P1110091.jpg



タラントの駅前。


いやー、なんとも南国チックないいところですねー。

一泊してもよかったかなー、なんて思っちゃいますねー。













はい。

これがこんな感じでした。


タラントからは列車じゃなくて、国鉄が運営するバスでした。

そこから無事にナポリ着きました。

無事着けて本当によかったです。























これが本当のチンチン電車!!!!!


















にほんブログ村 世界一周<携帯用>
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村<PC用>
おもしろければ↑を1クリックお願いします。
最後のオチには賛否がつきそうですね。
オレは反対派です。

一言:いやー、この旅、実にモテ期です。
    メス犬とか、メス猿とか、オス人にすごくよくモテます。タスケテ。
関連記事

theme : 世界一周
genre : 旅行

comment

Secret

No title

こええええええええええええええ><

Re: No title

> taikibp さん
その後、背後の男性に敏感になったのはいうまでもありません。
プロフィール

あらた

Author:あらた

 小さい頃に国旗のぬりえにはまり、それ以来地理が大好きになってしまった可愛くない幼稚園児時代から全ては始まった・・・。

 世界地図を眺めていたら旅へ出てしまった、よくいる休学大学生。

 世界中を歩いて歩いて、感動したり、激怒したり、飲んだり飲まれたり、聖なる剣を探したり、手から炎だしたり、世界を救ったり。そんな僕も世界中の旅人と「よい旅を」と握手をし、2010年末帰国。でもブログはまだ続いています。

 はぁーーたまごかけがご飯がうまい。

最新記事
最新コメント
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
852位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
281位
アクセスランキングを見る>>
著者の本棚
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

世界一周ルート・一言コメント

より大きな地図で 世界一周を表示
世界一周早見表↑
ルート・一言コメント・写真があります。
世界一周ランキング
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
カテゴリ
カレンダー

08月| 2017年09月| 10月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


お友達旅人ブログ
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。