スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とりあえずピラミッド


エジプト・カイロにつき、市の中心部にあるカイロ考古学博物館にとりあえず行ってきた。


エジプトといえばやっぱこういうとこにいかなくては!!!







考古学博物館は写真撮影が禁止なので、写真はありませんので、僕の実況でお楽しみください。












ワクワク


おぉ~ここがカイロ考古学博物館か。

市の真ん中にあるとなんか別にすごそうじゃないな。


あ、学生1枚。

あら、結構疑ってくるね。

この学生証本物だよ。偽者じゃないよ。


あらあら、荷物検査なんてあんの。

そりゃ壊されちゃ大変だもんね。

あっ、カメラ預けなきゃダメなのね。

はいはい。戻りますよ。


あ、はいどうも。






広っ!!!


なんか博物館っていうか物置だな。

その辺にめっちゃ適当に4000年前のものが置いてあるよ。

ミイラの棺とかめっちゃほこりかぶってるじゃん。

これがナイルの誇りってか?

あ、いや、ごめんよファラオ。





おぉっっ!!!これは象形文字!!!

幾度となく教科書やテレビで見てきたけど、いざ自分の目で見ると感慨深い!

こいつが4000年近く前の人が書いた文字か・・・。

紀元前版の絵文字ってことなのかね。

そう思うと、今の絵文字や顔文字もいつか物々しく飾られんのかね。

『「orz」これは英語圏と日本文化の融合した表現で、クラウチングスタートを表すもので・・・なんて説明ついてるかもな。

歴史は繰り返す・・・か・・・。








わー!!!この文字知ってるぞ!!!

死者蘇生だ!!!!!

うわー!!!こっちはペガサスのマインドコントロール!!!

オレのターン!!!ゴブリン突撃部隊を生け贄に、ラーの翼神竜を召還!!!

城ノ内くん!!!(筆者は遊☆戯☆王世代です。)










おほっ、ミイラや。


ちょいとこいつはすごいぞ。

マジものの人間じゃないですか。

4500~2000年前のファラオのミイラですよ。


ラムセス、トトメス・・・なんか聞いたことあるのファラオだ・・・。

・・・この人が紀元前にエジプトを治めたファラオ・・・。

結構保存状態いいじゃないか・・・今にも目開けてきそうだな・・・。

何千年か暗い土の中にいて、何十年かこの博物館で人の目に晒されているわけか・・・。






あっ!!!

こいつはツタンカーメンのマスク!!!

超有名じゃん!!!

やったら金ぴかやな!!!

この部屋だけクーラー効いてるな!!!














はい!!

こんな感じ!!!

実況で説明しようと思ったらなんかうまく文章にできなくなっちゃった!!!

だからだいぶ更新遅れちゃった!!!



だからさっさと更新していくぜ!!!

ついてこいよこのやろう!!!















カイロの隣町のギザ。

きっとこのギザって名前は聞いたことがあるでしょう!!!


こちら!!!



P1050577.jpg




じゃん!!!

ギザのピラミッド!!!

こいつを知らない人はいないでしょう!!!



そして聞いていたが、ピラミッドってのは砂漠の真ん中にあるわけじゃないんだな!!!


なんと住宅街の隣にあるんだな!!!


この写真もなんか知り合ったおっちゃんの家の屋上から撮らせてもらった写真!!!



右からでかい順に、クフ王、カフラー王、メンカウラー王のピラミッド!!!







そしてピラミッドへ向かう前に、われわれ日本人は立ち寄らなくてはいけないところがあるのです!!!

それがこちら!!!




P1050597.jpg


ご存知!!!

スフィンクスが眺めているケンタッキー!!!


これは今では地球の歩き方にも載っている超一流レストランなのだっ!!!


ちなみに歩き方によると、若干普通のケンタッキーよりも高いらしい!!

それでも北海道にいけば白い恋人を買わなくてはいけないように、ここでケンタッキーにこなければならないのだ!!!


思ったよりも店内はちっさい!!!

席数10ぐらい!!!二階はピザハット!!!






P1050620.jpg


スフィンクスは前を通った人に問題を出す、という伝説がある。



ス「問題です。江戸時代の平均身長はどれぐらいでしょう。」

「オレぐらい。」

ス「ピンポン。」






そんな江戸時代の平均身長のオレでも、この旅でこんなに大きくなりました。

P1050612.jpg



ではこの写真のトリックをお教えしましょう。

「はぁい!!!カメラ貸して貸して!!!撮ってあげる!!!!!」

「いや、大丈夫。ちょっ!!!はなせよ!!!」

「貸して貸して!!!ほら!!!こっちきて!!!ここ立って!!!」

「おいこらこのクソガキ!!!勝手にカメラ持ってくなこの野郎!!!」

「いいからこっちこっち!!!こういうポーズして!!!」

「先に言っとくけど、金取るんだろ?払わないからな?」

「・・・・・・はい、チーズ。」

「払わないからな!!!それでいいなら撮ってちょうだいな!!!」

「・・・ほらほら!!!次はこっち!!!こういうポーズして!!!」

「はいはい・・・。もうめんどくせえな・・・カメラ返せよ・・・。」

「はい!!次こっち!!!今度はピラミッドと!!!」

「おいもういいって!!!カメラ返せよ!!!」

「最後最後!!!はい、チーズ!!!」

「もういいっつってんだろ!!!あっこら逃げるな!!」

「次はここ!!!ほらほら!!!どんだけ~!!」

「うるせぇ!!!そのギャグもう古いんだよ!!!カメラ返せって!!!」

「はい。ほらいい写真撮れたでしょ。」

「はい、そうね。じゃあオレも君の写真撮ってあげる。」

「え、あ・・・いいわよ。」

「はいどうも。じゃあね。どうもありがと。」

「ちょっとちょっと!!!撮ってあげたんだからお金ちょうだいよ!!!」

「いやいや、最初にオレ払わないって言ったろ?払わないよ。」

「なによそれ!!!たくさん撮ってあげたじゃない!!!」

「そいつはどうも。でもオレも君の写真撮ってあげたよ?これでおあいこだろ?」(これを狙ってた)

「知らないわよ!!お金くれって言ってんの!!!」

「・・・たっくめんどくせーな・・・。わかったよ。20ポンド(約300円)な。」

「なにそれ!!!少ないわよ!!!そんなんいらない!!!」スタスタ・・・

「あ、おいちょっと待てよ・・・。じゃあもうちょいあげるか・・・とはならないんだなー!!!

はっはっは!!!その手口は知ってるぜ!!!それでどっかいなくなってもっと金払わせようって魂胆だろ!!!

さらばだクソガキ!!!」


仲介人みたいのが寄って来る。
「おいおまえ。さっきのは少なすぎだろ。せめて200ポンド(3000円)はあげな。」

「200ポンド!?!?ふざけんな!!!おまえもグルなのは知ってるんだ!!!さっきから観光客ばっか狙ってんのは知ってるんだこの野郎!!!」

「そうよ!!!200ポンドはちょうだい!!!」

「うわっ!!!さっきのクソガキ!!!もういらないって、どっか行ったろ!!だからもうあげないよ!!!」

「ふざけんな!!!じゃ100でいいからよこせ!!!」

「はい。20ポンド。」

「いらない!!!」スタスタ

「あらそう。じゃあいいよね。もう次のとこ行くから。」

・・・

「金よこせ!!!」

「・・・またかよもう・・・。しつこいなー。最初に払わないって言ったろ?勝手にカメラ奪っといて!!!いい加減にしろ!!!」

「うるせーよこせってってんだろ!!!」

「だから20やるって。」

「いらねーよ!!!わかった50だ!!!(約750円)」

「いや20ならいいよって。」

「死ね!!!」マジで殴ってくる

「おい!!!いってぇ!!!ふざけんな!!!マジで殴ってきやがったなこのクソガキ!!!」

「金よこせこのクソ!!!」

「殴ってきといてなんだこの野郎!!!やるかボケ!!!」

「逃げるな!!!この野郎!!!」

「もう出てくから着いてくんな!!!」

「じゃあ20置いてけこのクソが!!!」

「・・・ほら。20やるよ。」

「日本人みんな死ね!!!」

「あーあー。はいはい。」






さてさてこいつが誇張ではなくマジなんだからひどいひどい。

エジプト人は嫌な奴が多いと聞いていて、でもカイロの街ではそうは思わなかったのに、ここでは思いっきりそうでした。

こいつだけでなく、他にもゆっくり見たいのに、ラクダ引きは永遠について来るし、物売りは腕をつかんで売りつけてくるし、ピラミッドの周りはインド並みに物売りやらがしつこかった。


カイロのホテルで出会ったゆうまという同い年の友達と一緒に来たんですが、彼は相当マジで殴られてました。




ちなみに上記のストーリーの子は10歳弱の女の子でしたが、相当汚い英語をつかってきて、まったく可愛げがありませんでした。

女の子は魔法でできているはずなのにね。








P1050641.jpg


そんなこんなでピラミッド。

なんといってもやっぱりでかい。

いざ目の前にするとそのでかさに、こんなんよくつくったな、と思わざるを得ない。


しかも内部には重力軽減の間、とかかっこいい部屋があって、ちゃんと科学的に部屋があっても崩れないようになっているんだからすごい。

これらは4500年前からつくられてるわけですからね。



P1050632.jpg



大きさ比較、オレ。













17:00ごろにはピラミッド周辺は閉館になってしまうために、一度ここを出ました。


そして最初にいったおっさん家の屋上へ。

P1050734.jpg


ピラミッドの夕焼け。




そして夜には音と光のショーといって、ピラミッドをライトアップして、劇的な音と一緒に歴史だかを説明?するショーがあるそうです。

本当は別に入場料を払い、席をについて見るんだけど、そこもここの屋上から見えました。


P1050766.jpg



ピラミッドが青とか緑とか赤とかピカピカしたりしてました。

変な色になると、なんかあんまし綺麗に見えないので、シンプルな写真を載せときます。








そんな感じのピラミッド。

やっぱ砂漠はなかなかしんどいですね。

体力がうばわれます。水は大事。

中で水を買うと、3倍はしますので注意。







そんな感じの古代ロマン・ピラミッドでした。








にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
おもしろければ1クリックお願いします。
おもしろくなかったらがんばれの意味を込めて1クリックお願いします。
どうでもよかったら僕のハートにあなたの愛をお願いします。

一言:更新遅れてすみません。
   シリア人の初代ボディービルダーチャンピオンに腕相撲を申し込まれました。
関連記事

theme : 世界一周
genre : 旅行

comment

Secret

プロフィール

あらた

Author:あらた

 小さい頃に国旗のぬりえにはまり、それ以来地理が大好きになってしまった可愛くない幼稚園児時代から全ては始まった・・・。

 世界地図を眺めていたら旅へ出てしまった、よくいる休学大学生。

 世界中を歩いて歩いて、感動したり、激怒したり、飲んだり飲まれたり、聖なる剣を探したり、手から炎だしたり、世界を救ったり。そんな僕も世界中の旅人と「よい旅を」と握手をし、2010年末帰国。でもブログはまだ続いています。

 はぁーーたまごかけがご飯がうまい。

最新記事
最新コメント
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
642位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
217位
アクセスランキングを見る>>
著者の本棚
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

世界一周ルート・一言コメント

より大きな地図で 世界一周を表示
世界一周早見表↑
ルート・一言コメント・写真があります。
世界一周ランキング
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
カテゴリ
カレンダー

07月| 2017年08月| 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


お友達旅人ブログ
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。