スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

The death road 九死に一生スペシャル at ボリビア

The death road



おわかりいただけるだろうか、この題名…。




DSC05519.jpg





説明しよう!!



qnh3m.jpg


標高4700mから1200mまで一気に自転車で
それも断崖絶壁を
約5時間かけて

下るアクティビティなのだ!!



名を「DEATH ROAD」という!!!

PC010062.jpg


「ヒャッハー!!ようこそdeath roadへ!!

説明させていただくぜぇ!!!このツアーはとにかく自転車に乗ってるだけの簡単なツアーさ!!!

おっとその前にみんなにはこちらの誓約書を書いてもらうぜぇ!!!」



そこで渡されたのは「仮に死んでも私のせいです。」という誓約書。


「さあさ、そんなちょろい紙切れさくっと書いてツアーに出発するぜぇ!!!」




PC010027.jpg


さあ、着きました。
標高4700mの世界。

岩肌が見える山が辺りを覆います。

それもそのはず。
アンデス山脈の標高5000m近くとなれば森林限界を超えているのです。
(森林限界=人が海の中で生きられないように、木は高い山では生きられない。)



PC010018.jpg


さあさ、今回の記事はなんだかぶっ飛ばして始まりましたね!!

それもそのはず、もう説明する必要はないでしょう。



男、一匹、

ここは生きるか死ぬかの世界。



ラパスの宿で行く気はなかったけど、周りの旅人に誘われノリで生死の淵に来てしまったワタクシ。

僕の旅の基本スタンスは「それもまた運命」。

縁がなく行けなければ、それもまた運命。
縁があって行ければ、それもまた運命。
縁はなかったし、別に行く気もなかったけれど、人数がたくさんだと安くなるから一緒に行こうよー、死ぬかもしれないけど行こうよー、と言われるのも、また運命。




というわけでこんなバカみたいなツアーに参加するバカ共を紹介しよう!!

PC010185.jpg


どうだい?


バカだろう?




DSC05475.jpg


標高差3600mをひたすら自転車で下るというこのツアー。

基本的には疲れません。
だってずっと下りですから。

ずっと下りなんて言えば楽そうに思えるだろう?

いやいや、そんな君の家の傍の坂道を連想してしまってはこまるなぁ。

ここをどこだと思っているんだい?

南アメリカ大陸、ボリビア共和国のアンデス山脈だぜ?




PC010007.jpg




good luck


ちなみに写真は自分で撮れないため、ガイドの写真を使っています。


カメラ持って運転したらそれこそ命はありません。



DSC05463.jpg




「ヒョアーーーーーーーーー‼」




PC010138.jpg






「ヒョアーーーーーーーーー‼」








PC010102.jpg




「ヒョアーーーーーーーーー‼」








「おいアミーゴ、そこのカーブなんていうか知ってるか?」

「カーブ?カーブがなんだよ?なんかあるのか?」

「そこはな、イタリアンカーブっていうんだ!!」

「イタリアン?何がイタリアンなんだよ?」

「2年前にな、そこでイタリア人のツアー客が落ちて死んだんだぜ!!ヒャッハー!!!」

「ははは、そいつはあれだな!!!あれだな!!!」

















「ヒョアーーーーーーーーー‼」






PC010089.jpg



ひたすら続く、この車一台分の断崖絶壁の砂利道。

一昔前は本当に車の通る道として使用されていたというんだから驚き。


でも流石に危ないってことで新しい道が造られて、今は使われていないんだってさ。



じゃあツアーなんかやんなよバカ!!!

このバカ!!!インカの死にぞこない!!インカの末裔!!!




PC010122.jpg


「おいアミーゴ、そこのカーブなんていうか知ってるか?あそこは、フレンチカーブって言ってな、2年前…」

「マジで十字架あるじゃねぇか!!!さっきからちょいちょいあった十字架はそういう意味だったのか!!!このバカ!!!」

「ちなみに、向かいの畑はマリファナ畑だ!!見えてる緑全部マリファナだぜアミーゴ!!!」




PC010195.jpg


ということで、「おいアミーゴ、今日はジャパニーズカーブが生まれるんじゃないかと思うんだが、よかったらマリファナ吸うか?」という声を遮りゴール。

5時間、ひたすら絶壁の砂利道を下るだけのツアーは無事終了。

旅人の間では非常に有名なこのツアー。もしよろしければあなたも参加してはいかがでしょうか!!

(尚、日本人でも亡くなっている方がいらっしゃいます。本当に考えて参加しましょう。)



DSC05558.jpg


「生きてるって素晴らしい!!!」







にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へにほんブログ村
よろしければクリックお願いします。とても励みになります。
一言:生を感じるということは、それすなわち死を感じることである。
    何回か本気で死を覚悟した。

Check





スポンサーサイト

theme : 世界一周
genre : 旅行

プロフィール

あらた

Author:あらた

 小さい頃に国旗のぬりえにはまり、それ以来地理が大好きになってしまった可愛くない幼稚園児時代から全ては始まった・・・。

 世界地図を眺めていたら旅へ出てしまった、よくいる休学大学生。

 世界中を歩いて歩いて、感動したり、激怒したり、飲んだり飲まれたり、聖なる剣を探したり、手から炎だしたり、世界を救ったり。そんな僕も世界中の旅人と「よい旅を」と握手をし、2010年末帰国。でもブログはまだ続いています。

 はぁーーたまごかけがご飯がうまい。

最新記事
最新コメント
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
537位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
186位
アクセスランキングを見る>>
著者の本棚
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

世界一周ルート・一言コメント

より大きな地図で 世界一周を表示
世界一周早見表↑
ルート・一言コメント・写真があります。
世界一周ランキング
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
カテゴリ
カレンダー

07月| 2013年02月| 06月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -


お友達旅人ブログ
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。