スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新大陸南米上陸!!もうお家に帰して!!怖いよアルゼンチン!


よーーーーしッ!!!!!!!!



みんな全員その場で伏せろーーーー!!!




みんなその場でよーーーッく耳を澄ませ!!!!!








「日本のみなさーーん!!!聞こえますかーーーー!!!」













新大陸南米編!!!

スタート!!






さあさ、そういうわけでついに新しい大陸南米にやってきてしまいましたワタクシ!!!

ちなみに冒頭のギャグは、サバンナ・八木さんの、床に向かって思い切り「ブラジルのみなさーん!聞こえますかー!」というものの地球の裏側バージョンですね。


っさ!!ということでワタクシははるばるスペインから10時間だったか12時間だったか覚えてないけど、隣のおばさんの強烈な足の臭いに悶えながら、こっちもこれでもかと靴を脱いで対抗し、大西洋を越え、赤道を越え、やってきました南米大陸!!!

南米はこの世界一周の中でもトップクラスに楽しみにしていたところで、自然好きの僕はその絶景をとても楽しみにしていましたッ!!


まず訪れたのは、アルゼンチンの首都ブエノスアイレス!!!

さあー、みんなはアルゼンチンやブエノスアイレスと聞いてピンとくるかなー。

そうだねー、分かりやすい例で言うと、あの両手に腕時計をすることで有名なマラドーナの国だね!!





ブエノスアイレスの空港についたのは夜の8時。

新しい地に行く時は、特に治安の悪い地域に行く時には、日が沈む前には宿を手配するのが基本な旅人にとって、すでにちょっぴりピンチな時間帯!!

入国審査やら、荷物をとったり、空港からの交通機関を調べたりやらで知らぬ間に時間は夜の9時半!!

空港からバスに乗り、途中でミニタクシーに乗り換えさせられ、やっとこさブエノスアイレスの街に着いたときにはもうすでに真っ暗な街!!

なんだか開けたところに降ろされ、いきなり、オレの旅人レーダーはレッドを示す!!!




「なんかここまずいぞ!!!危険な匂いがするぞ!!!なんか知らんけどやべぇ匂いがビシバシするぞ!!人通り少ないし、道が汚いし、向こうのほうでは見るからにギャングの若者が酒を手に暴れているぞ!!!

時間はもう夜の10時。

人通りの少ない治安の悪そうな場所に降り立つ身長160センチ前後のでかい荷物を背負った東洋人。

これぞ典型的な餌食!!!


やべぇよやべぇよ!!!どこだよここ!!!絶対治安悪いって!!!マジで涙目だよもう!!錯乱しちゃってさっきオレの身長を出しちゃったじゃねぇかよ!!身長低いのばれるじゃねぇかよ!!!とりあえず現在地を確認したい・・・。でもここでガイドブックなんて出したらそれこそ格好の餌食だ・・・。

仕方ない・・・とりあえず歩こう・・・。なんとか街灯のあるところへ行こう。人目があるところに行こう・・・!!!



うおおおおおお!!!!!!!!!警察官だ!!!!!!!!!!正義の国家権力だ!!!!!!!!!!


「おまわりさんおまわりさん!!!ちょっと道を聞きたいんですが・・・!!!!!!!」

「わたくし、日本からきたイケメンタレントでしてね!!!」

「こんなところで野垂れ死ぬわけには行かないんですよ!!!」

「そりゃこんだけイケメンなら女ギャングに捕まって、きっと返してくれないかもしれないし、それは男にとって本望なのかもしれませんがね!!」

「いや確かに、アルゼンチンのラテンなセクシーなお姉さんに返してもらわないってのも確かにイイことだとは思うんですがね!!」

「そりゃいくら日本の幼児体系キュートな女性にモテるって言っても、やっぱりラテンなセクシーなお姉さんてのも魅力はありますけどね!!」

「だがしかし一方で、そのセクシーお姉さんと、もしくは複数のセクシーお姉さんとなんやかんやあった場合にですね!!!その彼氏がこれまたセクシーな男性だった場合ですよ!!」

「そのセクシーな男性に僕が狙われてしまう可能性もあるわけで、確かに僕はこの旅で既に3回男性からアプローチをしかけられているわけでして!!!」

「やはり日本男児たるもの『女性がいいなー』と思うわけで、男性趣味はないわけでして、いくらそれがラテンの金髪のお姉さんたちに遊ばれたとしてもやはり男性趣味はないわけでして、とにかくおまわりさんここはどこですか!!!






「que?」





「・・・英語が・・・まったく通じていない・・・だと・・・?」




説明しよう!!!

南米では基本的に英語が通じないのだ!!!


しかし、僕はこのおまわりさんにイケメンタレントであると語ってしまったと同時に、実は大学の第二外国語でスペイン語を選択していたのである!!!


「あー・・・えー・・・、ドンデ・・・アカ?・・・キエロ・・・イル・・・アカ!!!」(ドヤ顔)

「Si !!!Amigo!!Por aqui.Empiece a discutir la izquierda delante a 3 cuadras.」

「・・・。」



説明しよう

諸君にもぜひ覚えて帰ってほしいことである!!

こういう言葉が通じないときにがんばってこっちの意思を伝えることはなんとかなることなのである。

一生懸命使いそうな単語を覚えたりして旅行先に赴くことは、きっと海外旅行に行く人のほとんどがするであろう!!

しかし、大きな問題は向こうがなにを言っているのかがよくわからないのである!!!そりゃそうだ!!!

日本で外国人が「ワタシ、クウコウ、行ク。ドコ?」と関西人のおばちゃんに聞いたとしよう。

きっと関西人のおばちゃんは優しく「ほんならね、そこの右にあるバス停からね・・・、わかる?そこ右よ。ミギッ!!ミーギッ!!!

と教えてくれるだろう。


今オレはその外国人の立場にいるわけで、このおまわりさんとオレの間に通じる言葉はきっと「トヨタ」「テンプーラ」「ピーカチュー」ぐらいなのだ!!!





そこに颯爽と現れたキレイめな金髪のお姉ちゃん。


「Excuse me?...Can I help you?」

「うおーーーーーーーーー!!!!!!!イエスイエス!!!ユースピークイングリッシュ?!?!」

「yes!OK,where do you want to go?」

「うおーーー!!!えっとですね、まず僕は日本から来たイケメンタレントでして、いやいややはりラテンのお姉さんに捕まってしまうのは男として本望であるわけですがね、おっ、それを言うとお姉さんもなかなかいいものをお持ちのようですね、いやはやこんなとこで出会うのも何かの縁。据え膳食わぬは男の恥とも言いますし、しかし一方でお姉さん彼氏は・・・」



いやー、まさか英語が話せる人が見つけることがこんなにハッピーだとは。

言葉が通じると思った瞬間、まるで日本語が通じるかのような嬉しさでお姉さんに助けを求めてしまいました。

いや、まあオレ英語話せるわけでもないんだけどさ。それは勘違いしないで欲しいね。

このお姉さんに英語で言いたいことを伝えるのも大変だったわけでして。






そんなこんなでなんとかお姉さんに通訳をしてもらい、警察官のおっちゃんと言葉が通じて、道を教えてもらうことができました。

このお姉さんもなかなかのラティーナちゃんだったので、僕としては今晩ぐらいこのお姉さんの家に泊めてくれないだろうか、いや泊めてもらうだけではなく、やっぱりラテンのノリに身を任せて・・・

そんなことを考えながら、このお姉ちゃんは颯爽とモデルのような歩き方で去って行ってしまい、僕はまた一人でやっぱり治安の悪そうな場所を歩くハメになるのです。




なんとか歩いて、目星をつけていた宿に到着。

この宿は上野山荘別館という日本人宿でして、日本人宿が好きかどうかは置いておいて、いや別に日本人宿によくいる、一日中パソコンやマンガをグダグダして、現地の人との交流はせず日本語しか喋ろうとせず、現地のことを何も知らずに単に物価が日本より安いからってだけで海外でニート生活をしては、そのくせ宿に長く泊まってるからって、なんだか宿で他の旅人の対して偉そうでしかも大抵そういう人は挨拶もろくにしないし、他の客に迷惑をかける人が多くて、まあ腐った大人なんて言ってしまうといけないのかもしれないけど、なんというか、学生としてはこういう人に出会って、「ああ、こんな大人になっちゃいけないんだなぁ。」思わせるお手本のような人たちがいたりするわけで、別に必ずしもそういう人がいるわけではなんだけど、そういう人が嫌いだから日本人宿が好きかどうかは難しいところなんですけどね。


まあとにかく、日本人の集まる宿にきました。

日本人が集まる宿には僕と同じような人もたくさん集まるから、口コミの情報収集にはすごく役立つので、南米の雰囲気を色んな人に聞こうと思って、日本人宿にきました!!

実際、色んな人がいるので、なかなか出会いないような人と出会えてこれはおもしろくて好きなんだけどさッ!!

とにかくまずは情報収集!!!




「こんにちわー、今日スペインからアルゼンチン来たんですけど、この辺どういうとこっすかね。」

「僕はブラジルからこっち来たんだけどさー、途中荷物奪われて大変だったよー。」


「こんにちわー、今日スペインからアルゼンチン来たんですけど、この辺どういうとこっすかね。」

「そうねー、私もケチャップ強盗にあってあやうく身包みはがされるとこで危なかったわー。」


「こんにちわー、今日スペインからアルゼンチン来たんですけど、この辺どういうとこっすかね。」

「そうだねー、あ、オレ昨日そういや強盗会っちゃってさー。いやーナイフ突きつけらて困ったねー。アハハ。」


「こんにちわー、今日スペインからアルゼンチン来たんですけど、この辺どういうとこっすかね。」

「ああ、なんだか道であった人に話しかけられて仲良くなって話してたんだけど、いきなり殴られて財布持ってかれたわー。ハハハー。」

























「ん?」




おおおおおおおおおおちつけ。

ここで冷静さを欠いてはいけない。

きっとさっきここにいる人たちは前世でなにか重大犯罪を犯したに違いない。

だから現世でこんなに悪い目にあっているだけで、別に・・・さ、さすがにそんなに治安悪い街なはずがない・・・。

よ、よーし、情報収集を続けなければ。

情報ノート、情報ノート。







『危険!!○○番のバスには乗るな!!タチの悪いやつが乗るバス!!』

『この道で強盗にあいました。昼でも歩いちゃだめ!!!』

『強盗にあっても、命だけは助けてもらえるように、あげてもいい財布を用意しておこう♪』

『抵抗はしないほうがいいです。ボコボコにされた友人がいます。』

『ここに近づいてはいけない!スラム街があります。絶対に近づかないで!』

『スラムの中は無法地帯です。警察も中まではきっと来てくれませんので、どうなるかはあなたしだい・・・。』


















「ん?」



なななななんなんなんだよ・・・この街・・・。

マジ怖いじゃねぇか・・・。

もうやだよ・・・日本帰りたいよ・・・。




おい!!!さっきバス降ろされたところ、スラム街の入り口じゃねぇかよぉぉぉ!!!!!!!!!!




P1130837.jpg





そんなわけで、これから僕の南米の旅がはじまるのです・・・。











にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へにほんブログ村
にほんブログ村 世界一周<携帯用>
おもしろければクリックお願いします。とても励みになります。

アトガキ:今回写真が一枚ですね。しかしこうやって文章でおもしろく書こうとするのは難しい。
    でも楽しい、でも時間がかかる、よって更新が遅れる、でもがんばる。

Check
スポンサーサイト

theme : 世界一周
genre : 旅行

プロフィール

あらた

Author:あらた

 小さい頃に国旗のぬりえにはまり、それ以来地理が大好きになってしまった可愛くない幼稚園児時代から全ては始まった・・・。

 世界地図を眺めていたら旅へ出てしまった、よくいる休学大学生。

 世界中を歩いて歩いて、感動したり、激怒したり、飲んだり飲まれたり、聖なる剣を探したり、手から炎だしたり、世界を救ったり。そんな僕も世界中の旅人と「よい旅を」と握手をし、2010年末帰国。でもブログはまだ続いています。

 はぁーーたまごかけがご飯がうまい。

最新記事
最新コメント
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
776位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
274位
アクセスランキングを見る>>
著者の本棚
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

世界一周ルート・一言コメント

より大きな地図で 世界一周を表示
世界一周早見表↑
ルート・一言コメント・写真があります。
世界一周ランキング
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
カテゴリ
カレンダー

07月| 2011年08月| 09月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -


お友達旅人ブログ
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。