スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

おまつりマラケシュおつかいマラケシュ



イェイイェイェイェ~~~♪



さあさあお待ちかね!!!

みなさんお待ちかね!!!


ご用とお急ぎでない方は寄ってらっしゃい見てらっしゃい!!

まあみんなご用もないし、急ぎでもないからこの変なブログ見てんだよね!!!






ちょっと前に帰国したけど、世界一周ブログはまだ続くよ~!!




そういや、本編書くのはなんだか久しぶりな気がするな・・・。

年末に帰国したってのに、まだまだブログは続きます♪


これも一概にオレのサボり癖が原因であります♪


でもまだ書き続けるオレに敬意を表して欲しい!!

リアルタイムじゃなくなったブログは視聴率がさがるということをしりつつも書くこのオレの心意気!!!

いや、下がるのか知らないけどさ。

生中継じゃないスポーツより、生中継でしょ?

バレーボールをいかにも生中継だと思ってテレビで見てたら、結果を先にネットで知ってしまって、「これ録画なんだ・・・。」ってショック受けたことあるでしょ?








んなことええんや!!!


そんなことオレはかまへんで!!!

かまへんで!!!


旅でオレは英語やスペイン語だけじゃなくて、関西弁をうまくなったんやで!!!


もうやめとき!おじきがおこってるさかいのぉ~!!











さて、久しぶりにブログの本編を進めていきましょうか。


最初に注意書きをしておきますが、リアルワールドのアラタ君は千葉県の自宅でおいしく納豆を食べながら、このブログを書いています。

帰ってきちゃったんだもんね。




さあ行くぜ!!!

ブログの本編!!!








忘れた人のために今ままでのあらすじを説明。


あらたくんは北アフリカのチュニジアから飛行機でモロッコに入りました。

そして、モロッコの最初の地、カサブランカで飛行機に乗れなかったおもしろいお姉さんと会い、そのお姉さんからもらったガイドブックでモロッコをブイブイ言わせる旅に出たのです。

まさに世は大航海時代。



ちなみにこの出来事は10月の上旬


更新おそっ!!!





はじまるよーー!!!!





P1120436.jpg


見てください、この左のおじさんの顔。

こんなきれいなドヤ顔、なかなかお目にかかれませんよ。








モロッコのカサブランカを後にし、バスで南へ向かうわたくし。

向かった街はマラケシュというところ。


この街はオレにとって、モロッコのハイライトと言ってもいいと思う。

モロッコの旅が始まって、二つ目の都市ですでにハイライト。


最初からクライマックス。




P1120443.jpg


カサブランカのような経済的な発展とは違って、ここはイスラム都市として発展した都市。

なんといっても、見所はそのメディナ(市場)のでかさ!!!!!!




P1120418.jpg


このメディナはもちろん世界遺産。


カサブランカでお会いした、飛行機運がないK子さんにマラケシュの宿を教えてもらい、そこに宿泊。

日本人が経営する宿でありながら、俗によくある日本人宿とは違い、オシャレでキレイで女の子が

「かわいいホテルー!!見て見て!!ネコちゃんー♪フワフワしてるぅー♪」

という感じのいい宿。





そうそう、日本人の女性の間では最近モロッコが流行っているらしいんですね。

モロッコのかわいくてオシャレでおもしろい雑貨を求めにちょっとしたお休みに女の子たちが来ることが増えているとか!!


そして、その女の子たちがこの言葉の通じる安全でキレイな宿に泊まる、ということが多いらしいんです。

ここにはバックパックのたくましい女性ではなく、スーツケースを持った女の子らしい女の子が、ちょっと海外の空気に困りながらも、

「キャー!!来ちゃった♪憧れのモロッコーー!!今日は化粧品買ってー、明日はエステしてー、それでお土産見てー、キャー見て見て!!ネコちゃん超フワフワー!!♪」

とウキウキでこの宿に城を構え、モロッコで諸々を買うのだ!!!






というわけで、このマラケシュの宿。

ちょっとした海外旅行のかわいらしい日本人女の子がたくさん泊まっていたわけで、


マジで男がオレだけだったのである!!!





ここできっとみなさんは

「おぉーー!!ハーレムじゃーん!!!なんだこいついい思いしやがってーー!!」

とお思いだろう。




フッ・・・甘い甘い・・・。

オレぐらいのチキンだと、逆に女性だけだと恐縮してしまって、挙動不審になるのだっ!!!

トイレを使った後はきちんと便座を下ろし、風呂に入った後だって自分の変な毛が落ちていないか確認し、洗濯物を干す際には下着を目に付きにくいようなとこに干すのだ!!!







P1120463.jpg


前述の通り、マラケシュといえばその市場のでかさ。

これはいくつかあるイスラム世界の中でもトップクラスを誇る大きさ。

たくさん人が入り乱れて、道にはところ狭しと人、車、馬、ロバ、なんかよくわからないものが行き交う。



マラケシュはモロッコでも2番目に古い街。

そういう遺跡もこのマラケシュにあるけど、大しておもしろくなかったので割愛します!!!






P1120399.jpg


職人もたくさんいて、職人街ももちろんある。

そしてそれを売る店もたくさん軒を連ねる。


別に買うつもりはないけど、やっぱり呼び止められて、おもしろそうだからみせに入ってみる。

するとちょっと欲しくなってしまう不思議!!!

完全に押し負けている!!!

しかし、そこは欲を抑えてなんとかこらえる。

でも値切り交渉だけはしておく。






P1120458.jpg



楽器屋さん。


ちょっと弾いてみたくて、お店に入ってみる。





P1120457.jpg



弾かせてくれと言ったのに、おじさんがテンション上がってしまう。

もうこのおじさんは売ることを忘れて自分が楽しくなっちゃってます。



悔しいからオレも太鼓みたいのを手にとって、それに適当にあわせてみる。


勝手にセッションがはじまる。

すると人が集まってくる。



ちくしょう・・・た・・・楽しい・・・!!!!!!






P1120556.jpg


こちらはこの地域・ベルベル人の伝統衣装ジュラバ。

もちろん今でも普通に着られています。


あのスターウォーズでも、パトメやえらい人たちが着ている服ですね。

これがモデルになっています。

オレも一着ほしかったけど、まず荷物になるだろうし、絶対似合わない自信があるので、やめました。







P1120447.jpg



そしてこのマラケシュの街では、実は僕にはとても大事なおつかいが課されていたのです。

指令:お肌にスーパーいい化粧品を安く入手せよ。



カサブランカで出会った、飛行機に逃げられたK子さんから、マラケシュにはお肌にスーパーいい化粧品が安くあるとの情報を得ました。

カサブランカで買おうにも結構値段がするそうで、でもこのマラケシュだと安く買えるという。



さあここから女の子は必見のお肌コーナーだ!!!


日本で有名なのかどうかは、体育会系男子のオレには知る由もありませんが、このモロッコにはそんな素晴らしいオイルがあるという。

その名は「アルガンオイル」。


モロッコ南部に生える木の、たぶんアーモンド的な実から取れるオイルらしい、とオレは思っています。

なんともこのアルガンオイルはよくわかんないけど、いいんだって!!!

何より安い!!!


もちろん現地の人も使ってて、モロッコ人に聞いてみると馬鹿でかい容器にいれて家族で使っているとか!!




P1120454.jpg



そんなわけでこういった、スパイス屋さんに来ます。


そして目当てのものを見つけたら交渉です!!




「おう!兄ちゃん!何さがしてんだ!!」

「あのさー、アルガンオイルってやつ!!ある?」

「はいよ!これだね。いくついる?」

「んー、・・・これ1つでいくら?」

「35ディルハムだな。」

「んー、35かー・・・どうしよっかなー・・・。」(買うと決めていても買うかどうか迷う素振り)

「じゃあいくらなら出す!!ほら電卓!!」(開戦の合図)

「そうねー・・・1つ・・・20じゃないとダメだなー・・・!!」(まずは落とす)

「おいおい正気かい!?それじゃあこっちも大変なんだよー・・・!!!」(お決まりの文句)

「でもさー、オレ学生であんまし金ないんだよー・・・なあおじさん・・・!!」(お決まりの文句)

「んー・・・30!!!」(戦闘開始)

「えー・・・日本の彼女へのお土産なんだよー!!・・・安くして?♪」(本当は彼女いない)

「んー・・・25だ!!これ以上は無理だな!!」

「25か・・・。んー・・・どうしようかなー・・・。」(とことん迷う)

「25はすごいぜ!!他の店じゃこんな値段で買えないんだぜ!!」(他の店も同じ事を言う)

「・・・よし、じゃあ2つ買おう!!だから2つで40でどうだ親父!!!」(最終決断のつもりだが、最初からこれで狙っていた)

「2つで40・・・まいったなぁ・・・。この野郎!やってくれんじゃねぇか!!持ってけ!!!」

「サンキュー親父!!!いいやつだな!!!この店気に入ったぜ!!!」

「ハッハッハー。おまえなかなか慣れてるな!まあ座れや!!おいちょっとお茶持ってこい!!」

「あ、いいっていいって!!ちょっと買い物しに来ただけだからさ!」

「まあ座れって!!これがモロッコの礼儀なのさ!!飲んでってくれや!」

「じゃあちょっとだけ・・・。お、これなに?なんかすげぇな・・・」

「これはなー、砂漠に生える植物からとれるやつで・・・」





そして最終的にはおまけもしっかりもらって帰るワタクシです。

こうやって交渉して仲良くなるのがやっぱり楽しいね。



他にもアルガンクリーム、ローズウォーターといった、モロッコの化粧品を家族や友達用にたくさん買いました。

その結果、毎日のように僕はマラケシュ中で交渉をして、時に諦め、時に喧嘩別れをし、獲物をゲットするのです。

化粧品買うのは、男だからどうやら相場がわからないと思われていたようで、結構高めにふっかけてきました。



値切りすぎると相手がかわいそう!とたまに言われますが、この裏事情として、売れただだけも実は儲けが生まれているらしいので、みなさんがんばろう!!

でも仲良くなれる範囲でね!!






P1120529.jpg



仲良くなった魚の揚げ物屋のおっちゃん。

オレがこの店の前を通るたびに揚げ物をくれた。

まるでネコの餌付けでした。

そしてそれに負けるオレもオレ。





そしてマラケシュで一番楽しいのは夜!!!

夕方頃から一気にこの街は喧騒を増していくのです・・・。




P1120506.jpg



こちらがマラケシュの中心、フナ広場!!


夕方頃から一気に屋台が立ち並び、たくさんの人でごった返すのです!!

客引きに観光客に現地の人。



P1120401.jpg



夜のフナ広場。

これは全部屋台でなにがしかを焼いてる煙。


もはや祭り!!

毎晩祭り!!!






P1120498.jpg


さすが、アラブの女性は綺麗ですね。

この目だけ出すアラビアンな雰囲気がとてもエロイよね。

相部屋で堂々と下着を着替える欧米女性より遥かにエロスを感じるよね。


あ、あと、知らぬが仏って言葉あるじゃん。

たぶんね、この人男なんだ。






こんな感じで大道芸人もたくさんいてやっぱり祭り!!

この写真はなんかミュージカル?的な劇をしていて、おもしろかったから見ていました。

そしたら、この・・・女性とおぼしきが腰を振ってきて「写真撮っていいわよ~。」とやってきました。

もちろん金は取られました。

ちなみにイスラム女性は写真を撮られることを嫌います。





P1120379.jpg



これはとてもシュールなボーリング屋さん。

そこらじゅうで、すごい演奏をしていたり、こいつ金もらう気あんのか!ってヤツまでいて、お祭り騒ぎ!!

毎晩こんなだからおもしろいおもしろい!!




P1120507.jpg


かたつむり、並盛り5ディルハム・大盛り10ディルハム。



P1120388.jpg


こちらはフナ広場名物、ジュース売り。

ジュース売りがたっくさん並んでる。

どの店もたいして味変わんないのに全部店がくっついて売ってる。





P1120374.jpg


こちらがモロッコ名物タジンという料理。

じゃがいもやトマトやパプリカ、鶏肉、羊肉がはいっている、家庭的な料理。


そしてここの屋台のおっちゃんたちも客引きに精を出しています。

オレが日本人と分かるや否や、

「ソンナノカンケーネ!」

「ドんだけー!」

「ゲッツ!」

と、とてもリアクションに困るちょっと古いギャグをしてきます。

これは本当、世界の客引き共通。






P1120356.jpg


そんなわけで、このマラケシュ。

人も多いけど、なんだかお祭り騒ぎがとても楽しかった。

ちょっと空気が悪いこともあってか、なんと5泊もしてしまいました!!

元々沈没はしない旅人なので、5泊というのは、この時トップタイの記録!!



そして、イスラムの国はこの国が最後なんだなー、と少し感慨にふけってしまいました。















にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へにほんブログ村
にほんブログ村 世界一周<携帯用>
よろしければクリックお願いします。とても励みになります。
女の子にオススメの街、これはショッピングしたら絶対楽しいと思う。
でも男のいやらしい目があるのも事実。オレも負けないぐらいの眼力の持ち主。

一言:帰国しちゃってます。もうね、本当に飯がうまい。
    海外でこのレベルの飯があったら、旅人がこの飯のために集まってくるレベル。

theme : 世界一周
genre : 旅行

帰国しました。そしてあけましておめでとうございます。

うおーーー!!!



どうもみなさんお久しぶりです。


だいぶブログの更新が滞ってしまいましたね。

すみません。



そして、僕はみなさんに言わなければならないことがあります。









明けましておめでとうございます。


よし、大事なこと言った!!!




あ、あともう一つ、言わなければならないことがあります。





帰国しました。


うーん、これすごく大事。























さっ!!!!!




色々と書かなきゃいけないことがたっくさんありますね。


なんてたって、帰国後最初の記事だからね。


あと2011年最初の記事だからね。







まずは前回の記事からの、オレの動きについてです。



えー、去る2010年12月28日。


無事に日本に帰国しました。






うおーーー!!!

帰ってきたよジャッパーーーン!!!







P1180124.jpg



帰国直後。


成田空港にてです。


恥ずかしながら家族に出迎えられての帰国となりました。

家が近いんでね。

羽田より成田のほうが便利な家なんでね。








ではちょっとだけ帰国物語。



P1180103.jpg


なんだかもう空港も慣れちゃってて、飛行機に乗るってのは結構一大事なのに、いつものようにやってきましたロサンゼルス国際空港。



ただいざ空港についてみると、そこにはJALの看板がある。


日本語でのチェックインなんて、出発以来です。

空港にはたくさんの日本人。



なんだか日本語がたくさん聞こえるととても不思議な感じ。

その聞きなれているはずの聞きなれていない日本語を聞いて、

「あー、そうか。オレついに日本に帰るのか。」

と。



P1180105.jpg



搭乗すると、もうそこはほとんどが日本人。

当たり前か。


JALの便でロサンゼルスから成田へ。


飛行機のアナウンスの丁寧な日本語で、

「ああーなんか日本人。この丁寧な感じ。」

と半分当たり前に、半分不思議に受け止めていました。




P1180114.jpg



P1180117.jpg



上空から見た、犬吠埼。

見える利根川は千葉県と茨城県の県境。





いつも通りの着地。



日本上空にさしかかって、自分に「日本に帰るんだ。」と言い聞かせても、どうにもしっくり旅の終わりって気がしない。

なんだか今まで通りずっと日常な旅が続いていくような気もするけど、

あくまで今までどおりの、日常な生活が続くような気がしないでもない。



旅が非日常だったのが、いつしか日常になって、日本の生活が非日常に感じられるようになって、もうだいぶ経ってた。







P1180119.jpg


そしてついに、成田空港着。


日本帰国。



パスポートに最後の「帰国」のスタンプをもらって、審査官に挨拶する。


今までは「サンキュー」「グラシアス」だったりしたはずの挨拶は、意識しないで「あ、どうも。」となってでてきた。

どうにも「ありがとうございます。」がなんだか気恥ずかしくて、軽い「どうも。」になって自然にでてきた。






いつも通りの新しい国への上陸、といった感じで、旅が終わった、という感じはどうにもそんなに感じない。


自分で「旅が終わったんだ」と言い聞かせないと、終わりを実感しない。


でも周りから聞こえる日本語にはどうにも違和感。

新しい言語に触れるのはしょっちゅうだけど、その言語が理解できるとなると、どうにも不思議。


カップルの他愛もない話だったり、家族旅行の思い出話だったり、携帯に話しているサラリーマンの声だったり。




日本に来た、と感じるけれども、それでも「帰国した」という感じはあんまりしなかった。




空港の自動ドアが開くと、久しぶりの日本の空気。


日本は寒いな、と思うと同時に感じたのが、日本の冬のにおい。




この冬のにおいが、オレに「帰ってきた」と感じさせた。



冬のにおいは日本にいれば毎年ほっといてもやってくるもので、毎年感じるもの。



その冬のにおいがなんだかとても久しぶりに感じた。

去年も冬は日本にいたはず。





でも日本の冬は、オレにとっては世界中の冬とは違う感じがする。







日本の冬に触れて、オレが感じたのは、きっと懐かしさ。




ああ、帰ってきたんだな。


これから冬がはじまるんだ。




















まあこんなとこでいいでしょうかね!!!


もうたまに真面目な文体で書きたくなっちゃう衝動があるからオレはいかんのだ!!

ギャグなブログにすりゃいいものを、なんだか真面目に書きたくなっちゃう衝動があるからオレはいかんのだ!!




そんなわけで、帰国後の僕の近況ですが、僕はこんな風に過ごしています。















銭湯



これを載せたオレの心意気をぜひ汲みとってほしい。

ではみなさまの批判的なメッセージを聞く前に僕から言わせてもらおう。



違うよ違うよ!!!僕は犯罪者じゃないよ!!!変態かどうかはおいといて、犯罪者じゃないよ!!!


そうなんです。

いや、なにがそうなんですなのか全然わかんないけど、ちゃんと弁解の余地がありまして。



このブログの相当なマニアックな人ならひょっとしたらわかるかもしれませんが、

僕の祖母の家は銭湯でして。


どっかの記事で、


《このお風呂への情熱。 というのも、実は母の実家がお風呂屋さんである僕は、ベジータもびっくり銭湯民族なんですね。 》

ということを書いたので、そんなことを覚えている読者がいたら、その情熱を今の政治界に問いただしてみろと言ってやりたいです。



要するに祖母の家に遊びに行ってましたと言いたかったんだけど、「女湯」ののれんはとてもおいしそうに見えたために(性的ではない)、こんな風に書いてしまいました。

だからこれは店開いてない時だからね!!勘違いしないように!!!







つーわけで、みなさーん!!!!!


日本は正月ですよーーー!!!!!


ちょっと記事書くのが遅くなっちゃって、若干正月の空気が薄れつつあるけど。


P1180138.jpg




昨年の元旦にはちょっと真面目なことを書きました。


決意の年だったからね。


本名まで晒しちゃって。

オレの名前すげぇ読みにくいけどね。

読めるけど正解がわからないからね。


まったく青い青い!!






そんなわけで、2011年。


とりあえず、2010年を振り返りますか?

でも2010年=世界一周の旅といえるので、それは旅を振り返ることになります。


旅を振り返るのはもうちょっと後にしようかな。

ブログがまだ終わってないからね!!!





P1180148.jpg



毎年のようにオレは一年間お世話になった御守りを正月に燃やしにいきます。


ただし、今年はその御守りを最後の最後に失くしてしまったために、燃やせません。


代わりに燃やしたのは、タンスにしまっておいた「もし無事に帰って来れなかったら」の手紙。



日本を出発する前に書いておいたそのものすごく恥ずかしい手紙は使われることなく、オレも恥ずかしくて読めないので、封筒ごとそのまま灰になって、冬のにおいへ溶けていきました。







ほら、たまにかっこつけようとするオレの悪い癖!!

しかしそんな自分が嫌いじゃない。













そんなわけで、もう今となっては旅をしていたことが夢物語のよう。



帰ってきて、しばらくはゆっくりしよう、と思っていたんですが、意外にも体アクティブになってしまっていたのか、どうにも出かけたい衝動があり、
でもやっぱり根がそんなにアクティブでないので、やっぱりゆっくりしていました。




日本は正月なんだけど、ずーっと日本にいなかったから、どうにも正月ぽさをあんまし感じませんでした。

年の瀬を感じてなかったのかなー。



旅をしている時には日本にいる夢をよく見たもんですが、日本に帰ってきてからすぐに旅をしている夢をしまったもんだから、もうこの野郎!!





やっぱ日本はいいとこです。




根っからの日本人だと自分で心底思っているので、やっぱり日本は体に染みます。


飯がまあああああうまい!!!

痩せたのにこりゃ太るぞ。

よく考えたら、3ドルでうまい牛丼食えるなんて、素晴らしい!!



冬の空気の中、うろうろ街を歩いて、鳥が鳴いてて、少し日差しに目をつむる。

そんなのんびりした、なぜか日本でしか感じられないような、毎日がとてもいいです。











ただ、世界中、色々と歩いてくると、来る前とは違った目線が自然と身に付いているもの。


「いやー、日本、こりゃいかんだろ。」

と思うところもとてもよく見えてきます。


街をウロウロしてても、好きなところと好きになれないようなものもある。

なんだか薄っぺらいものだったり、無駄な飾りの多い諸々、いかにも正しいような片側目線のマスメディア。


正義の反対はもう一つの正義、ということを掲げようとは言わないけど、表層だけのものが目につく。


南アフリカW杯のテーマ曲がどこいっても世界共通だったのに、日本では全然流れてないで各局ごとに日本のアーティストの曲って聞いた時は驚いた。


こういうちょっと批判的なことを書けるようになったのも、成長かもしれない。
















いやまあとにかく、僕はついに帰国しましたー!!!


っしゃぁ!!!!!!



寒いけど、体も強くなったのか、芯まで凍えることはないです。










さあ、これからの僕ですが、とりあえずは、もとの大学生に戻ることになります。


4月から大学4年生として、休学していた大学に復学します。



と、いうことは、今まさに就職活動シーズン!!ということになります。






日本を出る前にはあんまし就活に乗り気じゃなかったんですね。


帰ってきてみると、考え方が変わったというか、少し就活に前向きになりました。、



インドと似ていると言う方が正しいかはわかりませんが、いやたぶん正しくないですが

やはり、知らない世界に自分が入らずに、それをあれこれいうのはちょっと違うな、と。



インドは色んな人から「しんどい」「きたない」「あぶない」と聞かされていて、イメージはそりゃあ悪かったです。

でもそれは人から聞いた話で、やっぱりそれを自分の目で確かめないといけないな、と思って。


社会だって、まだ社会人になってもいないし、先輩からしんどいと話を聞いてても、まずは自分の目で確かめて見なければいけないな、と。




そんなわけで、なんだかんだ就職活動をしようと思います。



ただ一つ、大事なのは就職活動をしなければいけない、という日本独特の強迫観念に食われてはいけない。



きっとこれから、「おまえは甘い」なんて散々言われるんでしょうが、なんとなく、何とかなる気がしてます。

根拠はありません。勘です。


まあこれが甘いって言われるんだろうな。



でも、旅に出て知った。

勘って大事。















いやー、長々と書いてしまいました。


帰国後最初の記事。





近所にコンビニができてたり、あいつとあいつが付き合ってたり、知らない人がテレビに出てたり。


小さな変化はたくさんあります。



でもどうにも日本はやっぱオレの故郷のようです。


元々転勤族であまり「故郷」という概念がなかったオレにとって、長い旅に出て初めて「故郷」を知りました。








それでも旅はまだまだ続きます。


今は日本にいようが、どこにいようが、生きてれば旅です。





楽しくなくて何が人生だ。


死ぬときゃ死ぬさ。


生きてる限り。




















今後、このブログは通常どおり続きます!!!ww





にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へにほんブログ村
にほんブログ村 世界一周<携帯用>
よろしければクリックお願いします。帰国しちゃったけど励みになります。
帰国しちゃったけど。うん。

theme : 世界一周
genre : 旅行

プロフィール

あらた

Author:あらた

 小さい頃に国旗のぬりえにはまり、それ以来地理が大好きになってしまった可愛くない幼稚園児時代から全ては始まった・・・。

 世界地図を眺めていたら旅へ出てしまった、よくいる休学大学生。

 世界中を歩いて歩いて、感動したり、激怒したり、飲んだり飲まれたり、聖なる剣を探したり、手から炎だしたり、世界を救ったり。そんな僕も世界中の旅人と「よい旅を」と握手をし、2010年末帰国。でもブログはまだ続いています。

 はぁーーたまごかけがご飯がうまい。

最新記事
最新コメント
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
662位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
226位
アクセスランキングを見る>>
著者の本棚
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

世界一周ルート・一言コメント

より大きな地図で 世界一周を表示
世界一周早見表↑
ルート・一言コメント・写真があります。
世界一周ランキング
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
カテゴリ
カレンダー

12月| 2011年01月| 02月
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -


お友達旅人ブログ
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。