スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

イタリアの淵・南の端トラーパニ、さあアフリカへ!!!

前回の記事でなんだかわけわかんないことになっちゃったけど、とりあえずいつも通りのスタンスで続けていくぜベイベ!!!

あれで知ったと思うが、オレは中二病を二次元でなく三次元に求めてしまったがために、こんなアウトローな旅をしてしまう羽目になったのだぜベイベ!!!


※中二病
 中学校二年生の時によく現れる、孤高の精神を持つ病気。あくまで独り言ではなく、精霊や賢者、大いなる力と会話をすることが多い。
 例「ああ、わかってる・・・。今はまだ其の時ではないものな・・・。俺が其の力を出した時は・・・ああ恐ろしいことになるぞ・・・。ククク。」






P1110442.jpg


背の順。


パレルモがあんましイメージのシチリア島っぽくなくて、街をフラフラしてツンデレと出会うだけだったので、翌日にはシチリア島を西へ向かう。



やっぱり、ここでも列車を使う。






「さあ、今日もがんばって朝早く起きたぞ!!!」

「オレの列車はぁ・・・列車列車・・・。」

「あれ?なんかオレのとこだけプラットフォームじゃなくて、文字が書いてあるけど・・・。」

「・・・んんー?わかんないな・・・すみませーん。おまわりさーん。」

「チャオ!!」

「あ、英語いける?イタリア語のほうがいい?」

「英語いけるぜ!!!」

「おっ!!!珍しい!!!シチリア島で英語使うの3人目だぜ!!!」

「ハッハー、なんたってオレはおまわりさんだからな!!!」

(すんげーイタリア語訛りの英語だ!!めっちゃ聞き取りづらい!!!!!!)

「あぁ・・・でさー、これなによ?なんか文字書いてあんだけど。チケットあるんだけどさー。」

「あぁー、これはカンセロだな。」

「カ・・・カンセロ・・・?なに?新しいポケモン?」

「いや、だからカンセロだな。」

「カンセロカンセロ・・・c,a,n・・・s? あ!!!キャンセル!!!!!」

「新しいポケモンだな。」

「わかったわかった!!!通信交換で進化するやつな!!ちょっとチケットオフィス行ってくる!!!」



―――



「たのもう。」

「なにやつ。」

「ハポネスである。」

「なんじゃ、大和か。」

「いんぐりしゅはどうであるか?」

「いけすかん。」

「クッ・・・、列車、チケット、キャンセル、いかがいたす。」

「ああ、次回の列車を待たれよ。」

「・・・!!・・・しかたあるまいか・・・。」

「この列車は、大和の行くべきところまでは行かぬ。」

「なに!!では拙者はいかようにして、ししりーの西の果てへ向かえばよいのだ!!」

「途中までこの列車に乗られよ。そして、臨時ブスを出しておいた。それに乗られよ。」

「なるへそ。ブスに乗り換えればいいとな。拙者はイケメンじゃがな。」










P1110372.jpg


列車で小さな田舎町へ行って、そこからバスに乗り換え。

バスは国鉄が臨時に出したものだったので、もちろん無料。

チケットもなんにも確認されなかったのがイタリアクオリティ。



車窓からはシチリア島の海岸線が見えてとてもきれい!!


あぁー、なんか南の島って感じだなー。

やっと地中海って感じがでてきたわ!! 




バスは本当は列車が止まるはずだった駅を経由して走るので、列車よりかは遅く到着。

着いた街はトラーパニ、という小さな街。


ここはシチリア島の最西端にあたる街。

シチリアの角、とオレが勝手に呼んでいる土地で、この港町からはアフリカ行きの船が出る。




P1110378.jpg


街のメインストリート、ガリバルディ通り。


とにもかくにも、まずは宿探し。

小さな街だから歩いていれば見つかるだろう。



「うちは、ダブルだけよ。60ユーロ。」

「おまえ1人か?一番安いのでダブル45ユーロだな。」



た、たたたたた高い!!!!!!!



つーかなんだおまえら!!!

なんでシングルを用意してないんだ!!!

1人できちゃいかんのか!!!

オレは世界中の女性に可能性を残すために敢えて1人で旅をしてるんだぞ!!!

オレがカップルで旅してたら、世界60億の内、30億の女性を悲しませることになるから敢えて1人なんだぞ!!!

・・・最近は残りの30億の内の少数からもラブコールが来てるんだけどな!!!






そりゃ確かにイタリア人の旅行者はみんなカップルか友達ですよね。

そういやイタリア人で一人旅って見たことないわ!!!




インフォメーションセンターに行って聞いてみても、「ここで紹介できて一番安いのはは50ユーロよ。」と言われ、とりあえずやっぱり足で探すことにする。


1時間ぐらいウロウロしてると、唯一のゲストハウスを発見!!!


「いくら?」

「ダブルで30ユーロ。」

「(クッ・・・ダブル・・・。)よし、買った!!!」



30ユーロで即決っていうのも、なんたる皮肉。

そして僕は今「ダブル」という単語がゲシュタルト崩壊しました。





P1110395.jpg


街は小さな街で、歩いて見れる範囲。


といっても、見るものは別にあるわけじゃなく、港町、漁港、といった雰囲気を感じる程度。

でもイタリアの果て、ヨーロッパでアフリカに最も近い街の一つとして、ゆっくり歩きました。




P1110390.jpg


目抜き通りは海まで続く。


海から入ってきた海風が、通りを抜けていって心地いい。

なんだかジブリの作品にありそうです。

ああ、耳をすませばが見たい。

オレの子供には小さい頃から耳をすませばを見せて「こういう中学生になりなさい」と教育したい。

でも、息子がそういう恋愛をしてたら親として悔しい。






P1110428.jpg


きっとこの街はシチリア島の最西端。

その西の果てにあるのが、こちらの博物館的なもの。

やってなかったけど。


両サイドが海で、この先も海。




P1110412.jpg


やっぱサッカーですね。

ボール海に落ちるぞ。

混ざりたかったけど、イタリア人相手だとボコボコにされるとみた。





シチリア島、と聞いてみなさん何か思い浮かぶものがあるでしょうか。


ちなみに、シチリア島はシシリーともいいます。

これで、サイゼリアの「たらこソースシシリー風」が浮かんだ方も多いはず!!!

あくまでシシリー風であって、シシリーにはそんなもんありませんでした。

というか、たぶんシシリーにたらこはない。



しかし、国旗マニアであるオレにとって、シチリアで思い浮かぶものといえばこちら!!!







P1110385.jpg


いやー、もう最高だろう?

このシュールさ。

夢に出るよこれ。

ちょっとこれに血とか描いたら女の子泣くよ?


こちらはシチリア島、シチリア州の州旗。

稲穂やら、確か神話のなんかから取っているんだけど、もう最高。

ベンツのロゴマークのところにこれをつけたい。








P1110430.jpg


トラーパニの街はやっぱり港町。

シチリアの果ての田舎町ってことで、のんびりしてる。


パレルモよりはるかにイメージしてた漁港って感じ。

漁師さんがいて、魚市場があって、ツーリスティックじゃなくて、イタリアの港って感じ。





P1110432.jpg


移動販売所みたいのがありました。

タコが干されてる。タコ殴りされたのかも。

もちろん地元の人向けので、なんかいい。







P1110427.jpg


さあ、ということでこのトラーパニという街は、イタリアの最果て。

ヨーロッパの南端、といってもいいのかもしれません。

地中海の真ん中にいるわけです。




ここでイタリアは終わりになります。

本当は、ここでいつもやっていた「イタリアとは」というまとめのコーナーをやるつもりでしたが、ちょっとめんど・・・更新が遅れているのでカットさせてもらいます。


今回来たのは南イタリアのみ。

簡単にまとめると、「あれ、全然英語通じねぇ。」の一言につきます。







ここから、オレが目指すのは・・・




アフリカ!!!!!!!!!!!!!!!!






以前、【速報】という形で、記事を書きました。

その時にこの街にいて、そこからアフリカへ向かうことを書きました。

ちなみにこちら→「【速報】未知の大陸アフリカへ・・・」。





港に行ってみると、看板はこんな感じ。



P1110447.jpg


アラビア語です!!!


僕がこの後向かったのは、アフリカの北の中心にある、チュニジアという国です。

アフリカは大別して、サハラ砂漠より北の「アラビアンアフリカ」、サハラより南の「ブラックアフリカ」と言われます。


これから向かうのは、そのアラビアンアフリカ。

イスラムの色のアフリカです。


久しぶりだなー、アラブ。

イスラム圏は好きなんだよなー。

うさんくさいけど。









朝発の船で、僕は一路、イタリアを去りました。


これから一時ユーラシア大陸を離れ、アフリカ大陸へ上陸します!!!


アフリカはエジプトには行ってるけど、エジプトは中東と言ってもおかしくないので、アフリカは最初といってもいいぐらい。



あぁ・・・新たなる大陸か・・・。

なんか感慨深いな・・・。









船はしょぼかったです。

やたら、ジョバンニという名前のイタリア人がいました。






P1110449.jpg



さらば、イタリア!!!!!!

また後でなユーラシア!!!

















にほんブログ村 世界一周<携帯用>
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村<PC用>
よろしければクリックお願いします。とてもやる気になります。
イタリアはきっとまた来るだろうな。今度はきっと二人で。
今度は堂々ダブル泊まってやろう。

一言:4日かけて雪の積もる南の南米から半袖でいられる真ん中の南米まで来ました。
    バス乗った時間は合計55時間だったかな。大学の講義と7時間が同じぐらいの感覚。
スポンサーサイト

theme : 世界一周
genre : 旅行

プロフィール

あらた

Author:あらた

 小さい頃に国旗のぬりえにはまり、それ以来地理が大好きになってしまった可愛くない幼稚園児時代から全ては始まった・・・。

 世界地図を眺めていたら旅へ出てしまった、よくいる休学大学生。

 世界中を歩いて歩いて、感動したり、激怒したり、飲んだり飲まれたり、聖なる剣を探したり、手から炎だしたり、世界を救ったり。そんな僕も世界中の旅人と「よい旅を」と握手をし、2010年末帰国。でもブログはまだ続いています。

 はぁーーたまごかけがご飯がうまい。

最新記事
最新コメント
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
831位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
265位
アクセスランキングを見る>>
著者の本棚
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

世界一周ルート・一言コメント

より大きな地図で 世界一周を表示
世界一周早見表↑
ルート・一言コメント・写真があります。
世界一周ランキング
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
カテゴリ
カレンダー

10月| 2010年11月| 12月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -


お友達旅人ブログ
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。