スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【速報】世界一周の旅、残り1ヶ月




あああ!!!!!


ブログの連続更新記録がぁぁぁ!!!!!!!

滞ってしまったぁぁぁ!!!!!








みなさんどうも、おはにんわ。


このブログの筆者であり、このブログの主人公であり、このブログの主な登場人物である、僕です。







さあさあ、記事のほうはここんとこ順調に書き進んでいましたね。

ブログのほうの僕は現在チュニジアにいます。



が、

チュニジアにいたのは9月の中旬・・・。


絶好調で2ヶ月遅れのブログとなっています。



リアルワールドの僕は、ボリビアに入りました。


ボリビアの首都ラパスにいます。




南米も1ヶ月を過ぎているとこです。










こんなブログを読んでくれているみなさま。


本当に感謝しています。



読者あっての、筆者です。







そんなわけで、たまにあるこの【速報】というコーナー。


題名を見ていただければ分かるとは思いますが、




僕の世界一周の旅は、残り1ヶ月となりました。



と、行っている間に更新できずに残り29日となりました。




12月28日、帰国です。


ああ、もうそんななのか・・・!!!








それではここから僕のバックショット集と共に少し感慨にふけってみようのコーナーです。








P1110403_20101130212239.jpg



4月23日に日本を発ち、計250日間の旅を予定しています。


そんな旅も気付けばもう7ヶ月と少しが経っています。


残す日程は、数えられるほど。







P1150500.jpg


長かったようで短かったようで、とよく言いますが、オレからしたらとっても長く感じます。


もはや、アジアにいたことなんて数年前のようで。


毎年毎年、学生として学校に通っていた僕としては、本当に今までの人生で経験したことのない、とんでもない数ヶ月でした。






P1150166.jpg



そんな旅も、なんと残すところ1ヶ月。


1ヶ月なんてもうすぐです。


1ヶ月後、僕は久しぶりに日本の地を踏むことになり、世界一周の旅を終えることになります。







P1060308_20101130211546.jpg

本当に色々なところへ行って、楽しんで、泣いて、はしゃいで、落ち込んで、嬉しくて、寂しくて、歩いて歩いて。


世界はとんでもなく広く、とんでもなく信じられないことがたくさんあります。


小説より、物語より、世界ってのは魅せてくれます。







P1060049_20101130211547.jpg


現在訪れた国は、計34カ国。


そして、果たしてオレは何ヶ国語の「こんにちわ」と「ありがとう」を使ったのか。


世界中で何人の人と話したのか。









P1120762.jpg


しかし、そんな僕の旅も、終わりが見えています。


残りの行く国はもう目星がついているし、スタンプの数も決まっています。


話す言語も、もう残り2ヶ国語のみです。








P1150421.jpg


日本に帰りたいと、果たして何度思ったことか。


日本食はいつだって恋しいし、日本語で楽しく友人と話ができる。


なんで、こんなにしんどいと思っているのに、オレは旅を続けなくちゃいけないのか。










P1120116.jpg



それでもそこに、見たことがないもの、知らないものがあると、行ってみたい、見てみたい、知りたい。


ならば歩けよ、行けばわかるさ。


行ってからまた考えればいいだろ。










P1150617.jpg


そんなこんなで歩き続けて、7ヶ月と少し。


もう、歩き続けるために、歩き続けてるんだ。


この旅の目標は1つ。


日本に無事帰ること。










PA142561.jpg


「旅が終わる」、そう思うと、旅人はなんだか不思議な感覚に襲われるそうです。


今までになかった感覚。


もう、終点が見えている。






P1160047.jpg




あと少し。あと1ヶ月。


それがオレの世界一周の旅の終わりです。








ああ、こんなとこまで来てしまったのか。










P1140980.jpg



しかし、それでもオレの旅はまだあと1ヶ月。


気を抜かず、いや、時には気を抜いて、今までどおり旅を続けます。









P1120353.jpg


毎日が夏休み、毎日が絶体絶命。










見たくば歩けよ、世界は広し 

       完結まで、残り29日






 





にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
よろしければクリックお願いします。残りの旅の励みになります。
スポンサーサイト

theme : 世界一周
genre : 旅行

小さなオアシス・ドゥーズ


チュニジア南西部、サハラ砂漠の玄関口のトズールを出て、次は東へ向かう。

ここから先は基本的に砂漠や荒野が続く地域。



・古代ローマの遺跡とか、そんな感じのものたち。
・スターウォーズの舞台になったベルベル人の住居とか諸々。
・サハラ砂漠を筆頭とする、砂漠系のアレ。

の3つが主な見所のチュニジアでも、気付いたら砂漠好きになっていたオレはやっぱり砂漠系の見所へ。

下2つを見ていくことに決定。



チュニジアでは南部の砂漠のオアシスの村々を転々とすることにしたワタクシ。




トズールからルアージュという乗り合いタクシーで移動する。

このルアージュは人が集まり次第出発する6,7人乗りのタクシーというか、バン。

バスよりも使い勝手がいいからずーっとこれを使ってました。






P1110814.jpg


うおっ!!!塩湖じゃん!!!!!


トズールから向かうと決めたのは、ドゥーズという小さな村。

そこへ向かうルアージュは、なんと塩湖をつっきる道を走ってた!!


道路は塩湖の端のほうを通るので、一面真っ白、という世界にはいけなかったけど、周りにはなにもない。

砂漠と白い塩。






P1110815.jpg



ちょいちょいこうやって、塩が盛られて悪魔祓いをしてる。

嘘です。たぶん塩の生成。

たまに塩のオブジェがあって、おもしろかった。





さあ、ドゥーズという街に直通で行くルアージュはないので、ナントカーって街に行って乗り換え。

確か全部で4時間ぐらいの移動だったけど、そんなに長くは感じなかった。

旅では4,5時間なんて短距離移動ですからね。








P1110817.jpg


おっ!!!

なんかいい像!!!

砂漠のオアシスぽいぞ!!!


たどり着いた街は、これまたオアシス。

ドゥーズという街。


街自体は本当に小さなところ。

ただ、ここはもうサハラ砂漠の中の街!!


だから砂漠ツアーがとっても有名なのだ!!!




P1110826.jpg


もう既にエジプトとヨルダンで砂漠ツアーに行っている僕ですが、やっぱり裁くツアーに参加するためにここへ来てしまいました。

本当、どんだけ砂漠が好きなんだ。



でも砂漠ツアーが好きな理由はちゃんとあるですね。


なにより、初めて行ったエジプトの砂漠ツアーが月のない夜で、本当にものすごい数の星を見たのが忘れられなくて。

それに、あの何もない空間、音もない空間で1人でポツンとしてるのがなんか好きで。


それにここはサハラ砂漠!!!

やっぱあのサハラ砂漠に来たら泊まらなくちゃ!!!





P1110818.jpg

この街を拠点にたくさんのツアーがあります。


ランクルに乗って、本当に砂漠の奥地にポツンとあるオアシスに行くツアーだとか、

あとは何週間もかけて、ラクダで砂漠をひたすら行くツアーとか。






P1110823.jpg


ドゥーズというこの街は、観光客用のものがいくつかあるけど、それでもあくまで地元的な村。

ただ、英語を話せる人が結構いたので実に助かった。




チュニジアのサンドイッチはめちゃくちゃでかくて、しかも辛い!!!

辛さは調節できるけど、辛いもの好きのオレはもちろん現地の人と同じ辛さで頼む!!


いやー、水がないときつい!!!

でもこのクソ暑い砂漠じゃ、がっつり辛いものや甘いものがとても体に効く。


大きさはたぶん女の子じゃ残しちゃうんじゃないかってぐらいのが、1ドルぐらい。

こいつはすげぇぜ・・・。








P1110816.jpg



1週間前までヨーロッパにいたなんてもう信じられない光景ですね。


砂漠のオアシス、ドゥーズ。



この街については、まあこんなとこでしょうか。




次回のブログは、やっぱり砂漠ツアーのことについてです!!


エジプトやヨルダンではジープでブイブイ砂漠を行っていましたが、







P1110961_20101125132403.jpg



今回はこいつでブイブイ言わせてやるぜ!!!







実際は相当ブイブイ言わされたんだけどな!!!















にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
ランキング参加中です。クリックして下さると、とても励みになります。
小さな街だと一度会った人に何度も会うことになる。
「後でね・・・後で・・・。」と断ってると、無限に客引きが減らない奇跡。

一言:ご一緒させてもらった日本人に肉じゃがをご馳走になりました。
    やばい。泣く。めちゃくちゃうまい。やばい。肉じゃがやばい。泣く。

theme : 世界一周
genre : 旅行

砂漠の動物園!!!た、楽しい!!!トズール

楽しみだったでしょ楽しみだったでしょ!!!



P1110641.jpg


じゃん!!!

おい!!やっぱ1羽はみ出るぞ!!!


さあさ、前回のブログからの記事の続きになります!!

トズールの砂漠の動物園!!!



うおーーー!!!!!

動物園なんてウキウキだぜ!!!




小さい頃行った動物園なんて、大しておもしろくなかったけど、大きくなってから行く動物園の楽しさは尋常じゃない!!!

大学生になってから久しぶりに動物園に行った時の興奮といったら!!!





やべぇぇ!!!カバマジでけぇwww

うおぉぉ!!!ライオンの柵マジだww本気の柵だwww





そんなわけで、ただでさえ動物園がおもしろいのに、ここには砂漠に住む動物達の動物園があるというではないか!!!


まあそんな前書きなんてどうでもいいだろう!!!


今回は写真バンバンだして、どんどん動物さんたちと仲良くなっていくぜ!!!





P1110647.jpg


最初に出迎えてくれたのはこいつ!!!

なんだか見たこともない体してやがる!!!

大きさはネコより一回り小さいぐらいなんだけど、馬みたいな形をしつつ、少し首が長い!!


しかもカメラを向けると、必ず目を細めてクールな表情をしたがるのだ!!!

通常の顔はクリクリお目目のかわいいやつなのに、カメラを向けると、こんな遠くを見つめて「オレかっこいい」みたいな表情をするのだ!!!





P1110678.jpg


今まで出会ったブタの中でもトップクラスのブヒブヒ感だった。

エサのトマトの食いつき方は異常。

さすが、満腹中枢がないブタさんです。







P1110687.jpg


こういうとこのヤギは木に登ったりしますね。

こいつはその狭い隙間に登ろうとして、登れなかったパターンで、この状態で歩いてました。





P1110651.jpg


砂漠といえばこいつ、フェネック。

エジプトの砂漠ツアーで砂漠に泊まった時も匂いをかぎつけてやってきたヤツ。


カワユス。

そんでもってすっげぇ臆病。

元々大して音のない砂漠なのに、大きな耳を持ってすっごい遠くまで聞こえるんだとか。




P1110728.jpg


臆病で檻に近づいただけで逃げるのに、エサが来るとこうやって集合する。

ピョンピョンはねて、すばやく移動する。

ポケモンみたい。




P1110670.jpg


ジャッカル。

こいつらも相当なチキン。

犬なのにチキン。


檻に近づくと逃げます。

ジャッカルってかっこいいイメージだけど、すっげぇへばってた。

「もう・・・マジあっちぃ・・・、砂漠とかふざけんな・・・アイスくれ・・・。」

って顔してた。






P1110662.jpg


イーグル的なあいつ。

かっこいい。

生まれ変わったら鷹になりたい。

楽天がんばれ。







P1110691.jpg


「え!?純情な感情は3分の1しか伝わらないの!?」




P1110713.jpg


我々が電車のドアと座席の隙間を好むように、ライオンさんにもベストプレイスがあるんですね。

つーか、ライオンは砂漠にはいないよね。






P1110682.jpg


きっと彼はハーフ。

きっと彼はバイリンガル。




P1110665.jpg


こっちみんなww



P1110729.jpg


なんか知らないけど、こいつだけ檻に入らないで、園内をウロウロしてる。

あと、クジャクとか、鳥系も柵から普通に飛んで出てきて、園内をウロウロしてる。

飽きると柵の中に戻っていく。

まあここから逃げても砂漠だから、確かにここにいたほうがいいんだろうけど。











ヤマアラシのジレンマって知ってる?


ヤマアラシの場合、相手に自分の温もりを伝えたいと思っても身を寄せれば寄せるほど体中のとげでお互いを傷つけて・・・



P1110716.jpg


誰もジレンマ感じてなかった。





P1110700.jpg


うおぉぉー!!!!!!!

モルモットさんや!!!!!


か、かわいい・・・(///)


実はワタクシ!!

以前にモルモットを飼っていたことがありまして!!!


知人にハムスターが増えすぎて困っていると言われ譲り受けたんですが、出会ってみると、そこにはハムスターの3倍ぐらいあるモルモットがいました。

そんなわけで僕のモルモットライフが始まり、6年ぐらい生きるかわいいやつでした。


種類にもよるんだけど、歩く時「ピッピッピッピ、ププップッププ」って鳴きながら歩くんですね。

こんだけいると、モルモットさんたち、もうすっげぇ喋ってました。


もうね、普段かわいいとかってあんまり思わないんだけど、モルモットさんに対してはやばいです。






P1110706.jpg


「おう、おまえも一杯どうだ。」








P1110740.jpg


チュニジア人。


動物園を出るとなんだか姉と弟にからまれました。

よくわかんないけど、仲良くなった。






P1110796.jpg


なんかいいお姉さんって感じ。

きっと、もてるぞ。







P1110806.jpg



さあ、そんな感じの砂漠の動物園。


いやー、楽しかった!!!!!!!!


小さいんだけど、なんだか全体的にやる気のない動物園。

こんなにやる気のない動物園は見たことがない。

もはや誰が働いてて、誰が働いてないのかわからない。


動物達がその辺にいて、エサ食ってて、適当にそれを眺めてるという、なんともシュールな動物園。



でも、見たことない動物が結構いて、すっげぇ楽しかった!!!



日本帰ったらこりゃ動物園通いだな。












にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

世界一周ランキング参加中です。よろしければクリックお願いします。
そんなオレも「日本人」ということですごくよく観察されてた。
この辺の人からしたらヤギよりブタよりラクダより珍しいでしょう。

一言:暇だったんで、チリの2500mの砂漠で全力で歌ってきた。
    ・・・これが高地トレーニングってやつか・・・。酸素・・・。

theme : 世界一周
genre : 旅行

サハラ砂漠の玄関口!!オアシスのトズール


チュニジアにたどり着き、とりあえずチュニスで情報収集。

ガイドもなにもない状況で、しかもwifiもあんまりない!!!



どっか安い宿のドミトリーに行けば日本人とかいるだろう。

いなくても本棚とかになにかしらの本やら、情報ノートがあるだろう。




と!!!思っていたわけなんですが!!!




なんとチュニジア、ほとんどドミトリーがない!!!

そして、本棚なんてものもなく、情報ノートなんてものももってのほか!!!



宿は基本的にシングルか、ダブル!!

そんでもって基本的に朝ごはんがついているのがチュニジアンスタイル。





さあ・・・どうしようか・・・。


とりあえず、インフォメーションに行って、チュニジア全土の地図をもらう。

なんとなく、おもしろそうなとこはどこかわかった。





次に僕が向かったのは・・・本屋!!!


そう!!オレは困った時に本屋に行くのだ!!!



まずは絵葉書を物色。

絵葉書を見れば、どこがこの国の見所なのかがわかるのだ!!!

それでお気に入りの絵葉書の地名を覚えておく!!!



さらに、それから見るのは・・・写真集!!!

別に文字なんて読めなくていい!!!

アラビア語なんて読めるはずない!!!


写真集を見ておいて、「おおっ!!」と思ったとこをこれまた覚えておく!!




そして、これまた地図を立ち読みして、場所を把握!!!




するとどうでしょう!!!

行きたいとこを線でつないだルートができるではありませんか!!!







いざ尋常に!!!

チュニジアの旅のはじまりだぁぁぁぁぁぁ!!!!!!!






P1110610.jpg


うおああああああああ!!!!!!!!!

どこだここはぁぁぁぁぁっぁぁぁ!!!!!!!!





チュニスからどこかに向かおうと思ったオレはとりあえず、一気に南に下ることにした。


チュニジアの国土は簡単に言えば、北部、地中海に面した地域はリゾートだったり、シャレオツな感じ。

内陸部にはイスラムの聖地だったり、ローマ時代の遺跡とか。

そして、南部はサハラ砂漠!!!




気付けば、砂漠があれば行っているオレはここでもやっぱり砂漠へ向かうことにしたのだ!!


最初に夜行バスで向かったのは、トズールというチュニジア南西部の砂漠の中のオアシス。




のはずだった!!!


まあ結果的にはオレが寝過ごしたんだけどね。

起きたら誰もいなかったんだよね。

運ちゃんにトズールで降ろしてって言ってたのに!!!


寝過ごしてついたのは、もう西隣の国、アルジェリア国境近くの小さな村。



深夜について、もう最初からクライマックス。




もちろん言葉は通じない。

フランス語は通じても、「ボンジュール、ボンソワール」ぐらいしかわかるはずもなく、ピンチ!!



とりあえず、バスターミナル的なとこに連れてこられて、ここで待て的なニュアンスを把握。

そこに住んでいた?変なおじさんに夜通しからまれながらも、朝を待ち、やっと動き出したバスに乗って、一路来た道を戻る。







P1110619.jpg


なんとか、この街がトズール。

南部の大きな街って聞いてたけど、全然大きくない。

サハラ砂漠の玄関口となる街。





P1110624.jpg


おお・・・この感じ・・・!!!

アラブだ・・・!!!

この雑多な感じ・・・適当で、おっさんたちが昼間っからタバコ吸ってその辺でたむろしてる感じ・・・!!!


懐かしい・・・!!!


チュニスが結構な都会だったために、一気にサハラ砂漠の端まできてみると、雰囲気はがらっとかわる。

女性は基本的にベールで髪を隠してるし、もちろん酒なんてない。


ある程度はツーリスティックな街なのかと思ったら、全然そんなことない田舎な街。






P1110621.jpg


このトズールという街は、サハラ砂漠の端にある、オアシスの街。


ていうか・・・サハラ砂漠!!!

来た!!!ついに来た!!!!!!

果たしてこの旅いくつめの砂漠だろう!!!


しかし、サハラと言えば、どんなに砂漠をしらない人でもその名を知っている砂漠の中の砂漠!!!




このゲートを越えると、その先には・・・



P1110632.jpg


これだ!!!

まさにイメージするオアシス!!!


す・・・すばらしい!!!

まさに我々日本人のイメージするオアシス・・・!!!


砂漠の中に、やしの木があって・・・水があって・・・。





P1110631.jpg


いいねいいね、この感じ。

道なんてもちろん舗装されているはずもない、砂漠の道。

車なんかよりも、馬やロバが多い。



まさに砂漠!!!

まさにオアシス!!!






P1110637.jpg


見てよこれ!!!

完璧でしょ!!!



これこそ・・・旅!!!

オレの旅してる感メーターが上がってくるのを感じるぜ!!!


本当に世界には、ゲームみたいな世界があるんだ!!!









というわけで、このトズールという街。


サハラの玄関口、というだけであって別になにがあるわけでもない。

とりあえず、南部観光の拠点と聞いたので、はるばるチュニスから一気に南下してきたのだ!!!



でもここではひとつ、オレの心を躍らせたものがあった!!!




P1110639.jpg


こちら!!!


ここは・・・動物園!!!

トズールの街から歩いて3kmほど。

オアシスと、その周りに建つ小さな家々を横目に、やってきたのが、この砂漠の動物園!!




ここは、砂漠の動物達がいる、動物園なのだ!!!

日本では見られない動物達がいるんだぜ!!!






その中はというと・・・









P1110642.jpg



おい!!!

一匹でてるぞ!!!




次回、砂漠の動物園でモルモットさんと楽しく遊ぶ体育会系!!!

お楽しみに!!!











にほんブログ村 世界一周<携帯用>
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村<PC用>
よろしければクリックお願いします。とても嬉しく思います。
砂漠がオレを呼んでいる。砂漠の裁きにさば・・・さば・・・。
そんな私は現在、南米の砂漠。

一言:スノーボードを借りて砂漠でサンドボードをしてきました。
    びっくりするぐらいすべらねぇ。すべらない話です。

theme : 世界一周
genre : 旅行

ハンニバルのカルタゴ、地中海のシティ・ブ・サイド


さあさ、ついにチュニジアです。

エジプトはアフリカではなく中東、という事はあっても、チュニジアは誰が言おうとアフリカなのだ!!

ここに来てオレは晴れて、「アフリカに来た!!」と胸を張って言うことができるのだ!!!





そんなブログ本編はアフリカに突入したばかりですが、リアルタイムのオレは南米をウロウロしています。


というわけで、あらたくんがどんな風になっているのか、フリップにまとめてみました。



ずーちー

はい。

もんんんんんのすごく適当ですね。

こちらはくだらなく友人向けにつくったmapです。

これこそ本当のやっつけ仕事。

しかし、せっかくつくったので、のっけてみました。

いずれ、この地図についてもブログに載せますが、きっと早くて1ヵ月後とかになるのかな・・・。



今いるのは、チリの北部。

後々、ボリビアに入ります。

そして、今日は旅に出て7ヶ月記念日。

そんでもって、実は僕の旅ももう残すところ、1ヶ月と1週間程になってしまいました・・・。

年末に帰国して、年明けには似合わないスーツに身を包むことになります。




そんなリアルで話してもきっと盛り上がらない内容は置いといて、本編はじめますか!!!

行くぜ!!!チュニジア!!!待ってろアフリカ!!!










P1110539.jpg


やっぱりどこの世界にも悪がきはいるんですね。

なんでこいつら連結部に乗りたがるのか!!!

しかし、オレもこういう環境だったらきっと乗っていたような気がする・・・。

どんな世界でも、結局同じようなもんなんだ!!!






さあさあ、チュニスに無事着いた僕です。


「チュニジア」という国は大きく分けて、3つの見所があります。


・古代ローマの遺跡とか、そんな感じのものたち。
・スターウォーズの舞台になったベルベル人の住居とか諸々。
・サハラ砂漠を筆頭とする、砂漠系のアレ。





チュニスは地中海に面している都市。

そして、古代ローマ時代にはローマの一つの都市として、昔には別の人種の都市として栄えた歴史があります。



その古代都市こそ、カルタゴ。

カルタゴという名前は、もしかしたら聞いたことがある人もいるでしょう・・・。


しかし、きっと誰もが聞いたことある名前がここにはあるのだ!!!




その名は・・・ハンニバル!!!!!!!





P1110527.jpg


さあ、来ました。

古代都市カルタゴ。

フランス語だとカルティジ。



カルタゴはローマに滅ぼされる前にフェニキア人の都市として栄えた街。

なんかフェニキア人ってかっこいい!!!

古代フェニキア、とかなんかすごくひびきがいいぞ!!!




P1110495.jpg


ローマによって、このフェニキアの都市カルタゴはローマの属州とされてしまいます。

確か。

いかんせん歴史が弱いもんでね。あんまし自信はありません。



とにかく!!!

そのローマ対フェニキアの戦争のことを「ポエニ戦争」と呼ぶことはオレ知ってるぞ!!!

なんだかポエニ戦争って響きも好きだからな!!!


そのポエニ戦争で活躍した人物こそが、ハンニバルなのです。

たぶん。



P1110513.jpg


こちらはカルタゴの紋章だとか、そんな感じ。

「カルタゴの紋章」ってのもなかなかいい響きしとるね!!!


古代カルタゴではなんと、赤ちゃんを生け贄に捧げる習慣があったとか。

これはその生け贄の赤ちゃんを表している、と見られているらしいです。






P1110523.jpg


カルタゴ遺跡の壁画。

このカルタゴはチュニスから近いので、軽いノリで列車でこれます。

それは、学生の通学並にフランクに。

列車もやる気のないローカル線。



ここはフェニキアの都市でありながら、ローマによって徹底的にフェニキアのものは破壊されたので、残っているのはなんかかっこいい響きのフェニキアのものではなく、ローマのもの。

正直ローマ遺跡は飽きるんだよな!!!

世界中いっぱいあるし!!!



でも、京都に行ったら八つ橋を食べなければいけないように、チュニジアに来たらカルタゴに来なくてはいけないのです!!!

ここはチュニジアで唯一のビッグネーム!!!



なんだか当時の軍港が残っているとかで、

「軍港ということは人工の港・・・これはちょっとおもしろいかもしれない・・・!!」

と思って、いざ行ってみました。





P1110498.jpg


お、おぉ・・・おじさん釣れるかい?

ここが地中海をブイブイ言わせた、カルタゴの軍港。


おじさん達がのんびり釣りしてました。






はい、まあ本当のこと言っちゃアレなんだけど・・・つ、つまらない・・・!!


チュニスから近いこともあって、ビッグネームなこともあって、なおかつやっぱりカルタゴとかフェニキアとか名前がかっこいいから、ここを訪れたわけなんですけどね。


まあその・・・遺跡とかばっかですし・・・しかも遺跡も大したもの残ってないし・・・。

博物館みたいのもやっぱり像とか、当時を再現した絵とかですし・・・。

ん、んん・・・。




・・・みなさん、チュニジアに来たら一応カルタゴに来てみましょう!!!

一応、ね。一応。







P1110537.jpg


カルタゴ・ハンニバル駅。


そして、カルタゴのすぐそばに、もう一つ見所があります。

では、それを彼に紹介してもらいましょう。





P1110572.jpg


私はニャラン。


それではここから私がこの青き街を紹介していきたいと思う。

皆々様がた、異議はないか。


尚、キャラが確立されていないまま書いていくので、私自身どういう記事になるのか未だ見当がつかない。

今はこんな頑ななキャラではじめてみたが、ひょっとしたら最終的には「ジャンジャジャーン!」と言っているかもしれない。

この「ジャンジャジャーン!」がNHK教育のニャンちゅうからインスパイアされていることに気付けた貴君は、なかなか見所がある。



では始めていこうか。








P1110567.jpg



ジャンジャジャーン!



ミーがやってきたのはこの青い街なんだニャー!

うおおー!お姉さんもびっくりの青いドアがいっぱいあるんだニャー!



ミーがやってきたこの街の名前は「シティ・ブ・サイド」っていうんだって!!

へー、とってもおいそうなんだニャー!




P1110544.jpg


この街にはなんだか特別なことがあるらしいんだニャー!

それはこのドア!!

いろんな模様が描かれてて、とってもきれいなんだって!


街の中には、たくさんきれいなドアがあって、とってもおいしそうなんだニャー!





P1110577.jpg


おじさんがきれいにぬりぬりしてたんだニャー!


この街はとーってもきれいでお姉さんもとーっても喜んでたんだニャー!

ミーもおいしいお饅頭を食べれて大満足なんだニャー!





P1110564.jpg


ハッ!!

いけない・・・キャラが定まっていないが故に悪い夢を見ていたようだ・・・。

なんだか今、細い目でダミ声で喋っていたような気がする・・・。



このシティ・ブ・サイドは、地中海の雰囲気をかもし出している街。

ギリシャのそれとはきっと比べられないのだろうが、白と青で統一された街々は見る人の心を翻弄する。

海まで続く路地に、地中海から吹きぬける乾いた風。


とてもさわやかな街並みで、世界中の観光客を集める土地なのだ。





青で統一される街とは、世界中にいくつかある。

しかし、やはり海に面した地中海、ということでとても趣き深くなるもので・・・





P1110576.jpg


あ゛ぁぁぁーーーーー!!!!!!!!!!

いけないんだニャーーーーー!!!!!!!!!









P1110552.jpg


はい、ニャランだかニャンちゅうだか知らんけど、どうも説明ありがとう。


そして、あくまで1人でそれを黙々と書くオレにぜひ賛美の声を頂きたい。


そんなこと書いて恥ずかしくないのか?と問われれば、

「恥ずかしいって言ってるお姉さんの方が恥ずかしいんだニャー!」

と言ってやろう。





そしてなんか色々めんどくさくなったので、もういいや。







はい!!!!!

そんな感じで、今回の記事はチュニスから日帰りで行ってもおつりが来る、カルタゴとシティ・ブ・サイドの記事でした。



正直言って、どっちもあまり記憶には残っていません。


一言でまとめてしまえば、




「なんか・・・ね・・・!!」
















にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村<PC用>
よろしければクリックをお願いします。とても励みになります。
確かに今思うと、なんかいい雰囲気の単語が多かったチュニジア。
フェニキア人、ベルベル人、お饅頭おいしそうなんだニャー!

一言:↑とてもオチが雑。ちなみにニャンちゅうがネズミの被り物をしてるのは、
    「ネズミの気持ちを理解したい」とのこと。泣かせる。

theme : 世界一周
genre : 旅行

プロフィール

あらた

Author:あらた

 小さい頃に国旗のぬりえにはまり、それ以来地理が大好きになってしまった可愛くない幼稚園児時代から全ては始まった・・・。

 世界地図を眺めていたら旅へ出てしまった、よくいる休学大学生。

 世界中を歩いて歩いて、感動したり、激怒したり、飲んだり飲まれたり、聖なる剣を探したり、手から炎だしたり、世界を救ったり。そんな僕も世界中の旅人と「よい旅を」と握手をし、2010年末帰国。でもブログはまだ続いています。

 はぁーーたまごかけがご飯がうまい。

最新記事
最新コメント
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
638位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
217位
アクセスランキングを見る>>
著者の本棚
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

世界一周ルート・一言コメント

より大きな地図で 世界一周を表示
世界一周早見表↑
ルート・一言コメント・写真があります。
世界一周ランキング
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
カテゴリ
カレンダー

10月| 2010年11月| 12月
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -


お友達旅人ブログ
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。