スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

地底湖の響き、シュコツィアン・ポストイナ鍾乳洞


スネ夫「のび太はこの前の休みにどこか行ったのかい?」

のび太「ぼ、僕は・・・家で昼寝をしてたよ・・・。」

スネ夫「ふーん。僕はまた海外旅行に行ってきちゃったけどね~。」

のび太「な、なんだいなんだい!!そんなの別にちっともうらやましくないやい!!・・・どこに行ったのさ?」

スネ夫「リュブリャナ。」

のび太「ふーん、よくわかんないや。」













そんな感じのスロヴェニアの首都リュブリャナ。

リュブリャナ自体に見るところはないものの、実はスロヴェニアには見るところがたくさんある!!!

国土の小さいスロヴェニアは、だいたい日帰りできるために、リュブリャナを拠点にします。









ではスロヴェニアには何があるのか・・・。



地底湖!!!

ほら!!!なんか地底湖って響きものすごく心踊らない!?

そばに地底湖があると言われればそりゃ行っちゃうでしょ!!!








地底湖と言いましたが、要するに鍾乳洞。

カルスト地形ってやつですね。



カルストというのは石灰岩地形。

雨や水に溶けるので、おもろい地形が生まれがちなんですねー。



そして、僕は実はこのカルスト地形フリークでして!!

地理学科という変態な学科に所属しているわけで、しかもうちの学科のラコステ好きの教授がこのジャンルに関しては世界的権威らしくて、一緒に研究に行ったことがあります。

このラコステ教授は若かりし頃、このスロヴェニアの大学で、スロヴェニア人の税金で研究をしていたとかで、僕たちの変態学科からすると、ぜひ行ってみたいところなのです。

いやまあ全員ではないけどさ。

地理学科といえども「新潟」って書けない奴絶対いるよ。





そんなわけで、僕も以前、文学部に属する学科でありながら、「あー、ここカルシウム濃度濃いねー。なんだよリンまで検出されてんじゃん。」ととても文学部的なことを研究したことがあります。

ちなみに場所は山口県の秋吉台。日本最大のカルスト地形です。

ここで藪の中の洞窟とかに侵入したわけですね。

今度は彼女と行きます。

彼女つくってから。











はい、つまらない話はここまで。

早く地底湖行けって感じだよね。




はっ!!まだ行かないけどな!!!





ツーリストにとって行きやすい鍾乳洞は大きいのが2つ。


・世界遺産シュコツィアン鍾乳洞
・ヨーロッパ最大級ポストイナ鍾乳洞


どっちに行こうか・・・。









ん、別に迷う必要ないか。



どっちも行こう。










P1090188.jpg




じゃん!!!


なんか知らんけどかっこいい!!!



こちらはシュコツィアン鍾乳洞。

世界遺産に登録されている方。




リュブリャナから列車で1時間半ほど。

個人では入れないので、毎時のツアーで入るようになっています。



ツアーのガイドは、英語とスロヴェニア語とドイツ語とイタリア語を選ぶことができます。

選択肢がない僕はやはりとりあえず英語へ。

なにやら難しい英語でよくわかりませんでしたが、逆に専門的な地形学用語ならわかるオレの気持ち悪さ。


日本で習った専門用語がそのまま外国でわかるとちょっと嬉しい。





実はツアーで入るのにも意味がある。

鍾乳洞は、人の吐く息でも量によってはその白さが濁ってしまう。

だからむやみやたらにどんどん人を入れると、劣化してしまうんです。

もちろんゴミを捨てれば、それは歴史を刻む鍾乳石の中に、その時代を象徴するものとして残ってしまいます。







P1090189.jpg




中はなんというか・・・。

もうすごかった!!!


いやーすごかった!!!

やっぱ自然が生み出したものってのはすごい。

ちょっと旅慣れてきて、すれてきた部分もあったオレの感受性に、でかいものを打ち込んでくれました。





日本の鍾乳洞は2つ行ったことがあるんだけど、もう規模が違う。

マジででかい!!!

地下にドームがあって、ずーっと下のほうに川が音を立てて流れる。

暗い地下の岩場を歩いて、底がないようなさらに下を見ながら歩く。


8月の頭に行ったけど、中の気温は12℃ほど。

これは基本的に年中変わらないらしいです。












ちなみに撮影はたぶんダメだったみたい。

そんな感じの看板があったんだけど、周りの人が写真を撮ってたので、「あ!これは撮影禁止ではなくフラッシュ禁止ってことなんだ!!!」と自分に言い訳をしこの2枚だけ撮っちゃいました。

怒られはしなかったんだけど、最後に「はい、ここの写真なら撮っていいですよー。」と言われて気づきました。




P1090194.jpg


撮っていいところ。

でっかいですなー。



この中を1時間半ぐらい?ずっと歩いて、地底散策したわけです。

いやーこれは楽しかった。

もう一周したい。



P1090203.jpg



これは出たところから。

上に人が歩いていて、下に川が流れています。

ここから川が洞窟へ入っていき、中で鍾乳洞をつくっているわけです。


ダイナミック。




シュコツィアン鍾乳洞を出て、駅まで歩いていくとビューポイントがあります。

ここら一帯のカルスト地形を見ることができて、オレは興奮。



P1090208.jpg




こちらが、シュコツィアン鍾乳洞カルスト地形のざっと見た感じ。

洞窟から川が出てくるがわかります。


この地形は理屈がわかるとおもしろい。

ではここで図解を含めた解説だ!!!

初めてわかりやすいように絵を書いたんだぜ!!!




図解



どうだ!!!!!!!!

芸術は爆発だ!!!

余計わかりにくいというのはナシだ!!!
せっかく書いたから、嫌でも使うぜ!!!


この図はさっきの写真を芸術ぽく書いたものです。

点線が地下を流れる川を表しているね!!


横から見るとよくわかるけど、2つのくぼみがあることがわかります。

ここのところが雨によって溶けて、くぼみができた、というわけ。

オレ達が入ったのは、この点線の川周辺。


カルスト地形はこういったくぼみと、残っている地下の洞窟でできているんです。

超楽しそう!!!













続いて行ったのは、ヨーロッパ最大級の鍾乳洞を誇るポストイナ鍾乳洞。



こちらはシュコツィアン鍾乳洞に比べ、ツーリスティック向けになってる。

入り口から入るときに、まず2kmほどをトロッコで進みます。



P1090223.jpg



おお・・・wトロッコ楽しいぞ!!w

完全にこれはアトラクションだ!!w

ドンキーコングを思い出すw


トロッコは結構ギリギリのところを通ったり、綺麗な石筍(つららみたいな岩)のあるところを通っていきます。

ディズニーランドのビッグサンダーマウンテンに非常に似ている気がする!!!

いつ落ちるのか、体がそわそわしてしまった!!w







こっちはリュブリャナから近いこともあって、結構な人がいる。

騒々しくて、どこでもタバコを吸う欧米人には少し嫌気が差した。

中は涼しいし、結構上り下りがあるのに、半そで短パンサンダルで酔っ払ってる奴がいたのはどうもいただけませんな。





こちらも写真を取れるとこは決まっているので写真が少ない。

P1090235.jpg


最後のとこだけ撮れるようになってます。



ここもやっぱりでかい。

さすがヨーロッパ最大級を誇るだけある。


なんというか、ドーム型な感じかな。

シュコツイアンが縦に深さがあるのに対して、横に広い。




P1090237.jpg




ポストイナはやはり観光客用に中が整備されてる。

足場も綺麗に慣らされてるし、ライトも明るい。


だから、なんだか少し人工的な気がしました。

もちろんすごいものなんだけど、あーこれは世界遺産にはなれないな。って感じです。


飾りすぎちゃって、アトラクションな感じすぎる。













僕はシュコツィアン鍾乳洞のほうがお気に入り。



自然的で、暗い神秘的な感じ。

川のゴーゴーいう音が聞こえ、深みがあって、異星を感じるような・・・。


こりゃ、地上じゃ絶対に体験できないなってものを、地下で感じられるんだから面白い。


地下の深さ、地底の神秘を感じました。

P1090264.jpg



そりゃラピュタで地底人復活させようとしちゃうさ。

ここ、いそうだもん。















にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
よろしければ1クリックお願いします。
スロヴェニアの鍾乳洞はこの旅でもトップクラス。
ここにしかない!ってものを見れるのが一番楽しい。

一言:チュニジアよりモロッコに入国!!
   逆ナンされたけど、果たしてあれは女性だったかのか・・・。
スポンサーサイト

theme : 世界一周
genre : 旅行

プロフィール

あらた

Author:あらた

 小さい頃に国旗のぬりえにはまり、それ以来地理が大好きになってしまった可愛くない幼稚園児時代から全ては始まった・・・。

 世界地図を眺めていたら旅へ出てしまった、よくいる休学大学生。

 世界中を歩いて歩いて、感動したり、激怒したり、飲んだり飲まれたり、聖なる剣を探したり、手から炎だしたり、世界を救ったり。そんな僕も世界中の旅人と「よい旅を」と握手をし、2010年末帰国。でもブログはまだ続いています。

 はぁーーたまごかけがご飯がうまい。

最新記事
最新コメント
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
806位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
271位
アクセスランキングを見る>>
著者の本棚
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

世界一周ルート・一言コメント

より大きな地図で 世界一周を表示
世界一周早見表↑
ルート・一言コメント・写真があります。
世界一周ランキング
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
カテゴリ
カレンダー

08月| 2010年09月| 10月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


お友達旅人ブログ
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。