スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

死海で生き生き


マサダ国立公園の要塞から下の道路に降りるときにちょうど、大きなバスが来た。

砂漠にもちょいちょいバス停があって、そこで待ってると30分に一本ぐらいはバスが来ます。





「おーい!!!!!待って待ってーー!!!乗るよーーー!!!!!どこ行きーーーー?!?!?」




そういうわけで、なんとかバスをちょうどget。


ちなみにイスラエルは国土があまり広くないから、長距離バスでも普通に路線バスとしての役割を担っています。

そしてバスがでかいんだよね。


まあ何よりもびっくりしたのは、バスの運転席のスプリングのビヨンビヨン。

どんなにバスが揺れても運転席だけは常にショックを吸収し、もんんんのすごく快適そうなイスでした。


あれは座ってみたい。

あれきっと耐震構造に使えるぜ。



P1070497.jpg




ほらほら。


なんかそれっぽい。

砂漠のビーチって感じでしょ。




というわけで今僕はかの有名な死海へ向かっています。







こんな砂漠と死海の間の道を、延々とバスは走り続けます。


マサダからエルサレム方面にだいたい1時間ぐらいだったかな。



エンゲティフリービーチというものがあります。

ここはフリービーチで、自由に死海に入ることができます。

無料の水シャワーもちゃんとあって、物価の高いイスラエルでは本当助かります。






尚、死海はヨルダン側からでも入れます。


ただし聞くところによると、ヨルダン側は公共交通機関で行くのがめんどくさく、フリービーチはあんまりよくないと聞いて、ヨルダン側では行かずにイスラエル側に来ました。

ヨルダン側の有料ビーチはそこそこいいらしいとも聞いたけど、でも景色はこっちのほうがらしいです。







来たる、エンゲティフリービーチ。



それではちょっとこちらをご覧いただきましょうか。


P1070500.jpg



ドンッ!!!!!




さあこれはどっちから突っ込もうか・・・。


まあ見ていただいて分かるように、標高が-488mとなっています。

あ、でもこれはちょっと狂ってます。

実際には死海の水面は-418mです。




・・・わかります?


要するに海よりも約420m深いところにいるってわけ。


すげぇなすげぇな!!!




だって海面より、400m低いんだぜ!!?

間違いなく人生で今一番低いところにいるわけだろ!?

これまでの人生で一番プレートとか核とかに近いんだ!!!



ダイビングライセンスを取る人とたくさんあったけど、それより全然深いんだぜ!!

「このライセンスは水深10mまでで・・・」


ん?-10mかい?

オレ今-400mだけどなにか?(どや顔)


潜水艦しんかい6500だってこっからスタートしたらしんかい6000なわけじゃないか!!!









あ、ちなみに高度計は少し狂ってるけど、写真の気温計はほぼ合ってるよ(笑泣






P1070494.jpg



こんな風に死海の反対側はやっぱり岩山です。




・・・一応言っておきますが、死海は湖です。

大丈夫だよね?


会った人で「向こう側に陸地が見えて、どっから海に続いてるのかなーとおもいました。」って人がいたので、一応確認しときますよ。

・・・念のためにね。


日本列島書いてって言ったら、縦長の四角を書いて上半分関東、下半分関西って人がいたからね。








さあでは、ここで地理学科の解説のお時間だ!!!



こういう地形的なことには強いんだぜ!!

高3の時、物理17点、化学23点、数学0点、地理99点を取ってただけのことはあるんだぜ!!!


大学受験は地理だけで入ったようなもんなんだぜ!!!

第一志望の地理学科以外全部落ちたんだぜ!!!







まず、死海という名前の由来。

これは塩分が濃いために、生物が何も住めなくて「死の海」となったわけです。


濃度は普通の海が3%なのに対し、死海は30%!!!!!

コップで汲んでみたら、その水の3割は塩という、超濃い味!!!健康に悪そう!!!






「じゃあなんでそんな濃いの?世間は減塩ブームだよ?」



ここまで濃いのには様々な要因が絡みついてますが、簡単に説明!!




1、死海には海へ流れ出る川がない。

死海へはヨルダン川が流れ込んでいますが、水が入っていく一方で、出る川がないのです。

すると、一度入った水はどんどん溜まっていって、濃くなります。


あれ?それじゃ水あふれない?



2、気温がめちゃくちゃ暑い。

そういうわけで、水はどんどん蒸発していきます。

川から入った水が蒸発していくだけで、塩は死海に残る。それで濃度が濃くなるわけです。



3、ここは砂漠。雨がほとんど降らない。

普通の川や湖は雨の水を含みますが、ここは雨が降らない。

だから濃度が薄まることがない、というわけ。






まあ塩分が濃いのはこんなとこです!!!




じゃあマニアックに、なんでここが世界で標高の低いところかを説明しましょうか。


これがまたおもしろいんだよねぇー・・・!!

初めて知った時の興奮がもう・・・。

居酒屋で友達にしゃべると
「へー、つーかあいつら付き合ってんの知ってる?」
と盛り上がりました。






昔々、まだ大陸が完全に今の形でなく美輪明宏も子供だったぐらいの頃、ここは海でした。


ここは海でも深いところでした。

ここが大陸の裂け目で、とても深いところでした。

それがなんとなく突然、海が隆起してくるではありませんか!!

そして、この辺は陸地になりました。

陸地になりましたが、ここは元々裂け目。陸になってもどんどん、大陸は裂けていきます。

隆起したために新しくできた高地(ヨルダン高地等)は、ありましたがここはどんどん裂けて、今でも裂け続けていて、こんなに標高が低くなったのです。






地図を出してもらうとわかるでしょうが、ここは確かにアフリカとアラビア半島の境目で、今にもちぎれそう。

アフリカとアラビア半島の境目の紅海も、同じような理由で海の塩分濃度が濃いです。


そして、いつか、美輪明宏がおじい・・・おばあちゃんになるぐらいの頃に、ここは離れ、アフリカとユーラシア大陸は完全に離れるわけです。





この死海の裂け目ですが、実はアフリカ大陸までずっと続いていて、アフリカの東側にはいくつか裂け目っぽい湖があるので、暇な人は見てみてくださいな。














よし、マウスのスクロールはそこまでだ。



本編に戻ろう。








プールより海のほうが浮くように、塩分が濃いということは、浮きやすいということ。

P1070490.jpg




うっひゃーー!!!

マジで浮いてる!!!!!

超楽しそう!!!





ここでは、浮きながら新聞を読むというのが定番らしく、みんな持参してました。






早くオレも入んなきゃ!!!


水着水着・・・。


どっか隠れるとこは・・・ないな。




あ・・・よし、あの辺の岩なら下半身は隠れるだろ・・・。


後ろから丸見えだけど、ここでオレはステルス機能を使えば大丈夫だ!




・・・ハンドタオルしかないな・・・。


これで隠して、右手でタオル押さえて・・・左でこう・・・すばやく華麗に・・・



あ!!!!!ちょwタオル!!!!!wちょっと待って!!!wwはだけ・・・オレ超セクシー!!!!!








そんなわけで、軽く露出サービスをしながら、いざ入水。












うおっ!!

水がぬるい!!!





いってぇ!!!!!

き、傷口が!!!

すごいしみる!!!ちょっと掻き壊しただけなのに、いてぇ。





あっ!!!

マジで浮く!!!

やべぇwこれは楽しい!!!w


本当に沈めない!!!

沈もうとしても全然ダメw


底に足つけようとしても全然届かない!!!!w






こ・・・これは楽しい。



オレ1人だけど超楽しい!!!!!

1人でビーチだけど超楽しい!!!!!w






でも顔はつけたら死ぬって誰かが言ってたな。


あ!!確かに口の周りについた水だけで超辛い!!!

ちょっと水なめてみよ・・・



からっ・・苦ぁっ!!!


最初塩辛いけど、なんつーか・・・もう苦い・・・。

徹底的に健康に悪い味がする・・・。



これ本当に自然にできたのかな?

アメリカのお菓子みたいな化学薬品の味がするぞ?

すげぇな・・・。






水しぶきが目に・・・いってぇぇぇっっ!!!!!!!


うわぁあ!!!!!超痛い!!!


ちょっと勘弁して・・・



あああああ、こすったらもっといてぇぇぇぇえええ!!!!!!!



目が開かない!!!

イタイイタイ!!!!!!!


目が・・・目がぁ・・・!!!






P1070492.jpg



対岸はヨルダン。

この死海なら沈まないから泳いでいけそうです。


でも、あんまりビーチから離れると注意されます。

国境警備隊に怒られます。


そしてちょいちょいイスラエルの戦闘機が死海上空を飛んでました。



少し沖に出ただけで上空から撃たれそうです。









そんなわけで、この日はマサダへ行き、その帰りに死海でちゃぷちゃぷ浮いてエルサレムへ戻りました。


もちろんまた着替えで露出サービスしながら。



耳の中は塩でザラザラ、サンダルも塩で真っ白になりました。


「dead sea」と呼ばれますが、みんなはしゃいで生き生きしてました。









にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
おもしろければ1クリックお願いします。
なんともう9月ですね。
小中学生の頃は宿題に追われた時期ですね。
9月に入って、「やったけど忘れました。」で慌てた時期ですね。

一言:英語があまり喋れない日本人旅行者っぽい人を食堂で見つけた。 
    「オレ喋れるぜオーラ」を出そうとしてスタッフに話しかけ、自爆した。
スポンサーサイト

theme : 世界一周
genre : 旅行

プロフィール

あらた

Author:あらた

 小さい頃に国旗のぬりえにはまり、それ以来地理が大好きになってしまった可愛くない幼稚園児時代から全ては始まった・・・。

 世界地図を眺めていたら旅へ出てしまった、よくいる休学大学生。

 世界中を歩いて歩いて、感動したり、激怒したり、飲んだり飲まれたり、聖なる剣を探したり、手から炎だしたり、世界を救ったり。そんな僕も世界中の旅人と「よい旅を」と握手をし、2010年末帰国。でもブログはまだ続いています。

 はぁーーたまごかけがご飯がうまい。

最新記事
最新コメント
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
642位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
217位
アクセスランキングを見る>>
著者の本棚
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

世界一周ルート・一言コメント

より大きな地図で 世界一周を表示
世界一周早見表↑
ルート・一言コメント・写真があります。
世界一周ランキング
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
カテゴリ
カレンダー

08月| 2010年09月| 10月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


お友達旅人ブログ
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。