スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

世界一美しい街チェスキークロムロフ



プラハを後にし、バスでそのままに南へ。

チェスケー・ブディョヴィッツェという街を経由して、次の街へ。



「チェスケー・ブディョヴィッツェ」ってすごいフリ仮名だよね。

ガイドにそう書いてあったもん。

「ィョ」ってすごい大胆な日本語振ったよね。





来たのは「チェスキー・クロムロフ」という小さな街。


どういう街か、とりあえず写真を見てみましょうか。



P1080755.jpg



僕のブログを呼んでくれている人ならば、この後僕がなんと言うかわかるよね。




じゃあ一緒に言おうか。



せーの














シャレオツ!!!



字のフォント大きくすることまで読めてた人はなかなかの腕前だね。

なんの腕前かしらないけど。












はいぃぃっっ!!!!!!



つーことで、もう見たらわかるでしょう!!!!!


めっちゃ綺麗な街です!!!


世界で一番美しい街と呼ばれている街です!!!



説明するよりも写真を見せろって!?

全く欲しがりやさんだねぇ!!!
にしおかすみこは友達になったら絶対イイ奴!




P1080873.jpg





P1080789.jpg



どうだ!!!!!


シャレオツだろう!?!

さすがにこの街ではオレが一緒に写真に写ることがためらわれるぜ!!!!!


前回のブログはめっちゃオレでてたけど、さすがのイケメンも街ごと世界遺産にはかなわないぜ!!!



それでもオレが一緒に写っていいって言うなら、オレ写っちゃうよ?

カメラの向き逆にして、世界一美しい街upしちゃうよ?







P1080770.jpg




「世界一」という言葉に弱い僕はなんと、世界一美しい街に来ました。

1人で。



プラハといい、なんでまあこんなチェコってのはオシャレなのか・・・。

それには実は理由があります。


まず、チェコ人がオシャレだから。



ああ、こりゃ理由になってないな。





えっと、真面目に解説しましょう!!


ヨーロッパってのは陸続きでありながら、結構戦争があった、ということはなんとなくみなさんご存知でしょう。

と、いうことは、昔の建物は結構破壊されてしまっている、ということなんです。


しかし、プラハ然り、チェコはほとんどが戦火にさらされていない。

だから、昔ながらの街並みがそのまま現代まで残っているのです。


ヨーロッパ人が一番ヨーロッパを感じる国がチェコ、というのもきっとそういうこと。


コンクリートではなく、石畳。

まるっきり新しくするのではなく、昔のものに増改築していく街。




そして、地理学科的に解説するならば、あまり地震が起こらないところ、というのも一つの要因。


日本では石で家を造ると、地震で崩れてしまうために、木の文化が多いんですね。

「大黒柱」というのもきっと日本的な考え方。


日本では古い建物が残りづらいのも地震などの自然的要因があるわけで、ヨーロッパは古い建物が今でも使われているってケースが結構あります。









P1080893.jpg


「呼んだ?」



この街にもヨーロッパに多い、中国系の出稼ぎの人が結構いました。

正直すごくうらやましい。


C1「あれー?おまえ出稼ぎ先どこだっけ?オレシドニーだけど。」
C2「オレ?オレはサンフランシスコ。あれ3は?」
C3「僕は大阪だね。近いし。4は?」
C4「ああ、オレはチェコだよ。」




圧倒的に4の勝ちが見える。
そして3の負け・・・!!!(大阪に失礼。)



P1080868.jpg


だからもう、一芸がオシャレなんだよ!!

日本だったら、そこには「盗んだバイクで走り出す」やつがいるところなんだよ!!!



P1080759.jpg


ここが泊まった宿、「Hostel Postel」。

オシャレだけど安くて、スタッフもいいオシャレなお姉さんだった。

立地もオシャレ。






P1080849.jpg



チェスキークロムロフは川が蛇行している中に、抱かれるようにしてある街。

小さな街で、とてもキュートでプリティ。







プリティ。




P1080851.jpg


左に見えるのがチェルキーークロムロフ城。

あの塔には登れます。

ぜひ!!!!!




P1080767.jpg



もうね、なんとオシャレなかわいい街なんでしょう。




こんなとこに来ちゃったらね、そりゃやることは一つだよね。








P1080853.jpg



か、乾杯!!!!!!!





P1080946.jpg



夜のチェスキークロムロフ。

超ロマンチック。





あ、とりあえずこの街はハネムーンでもう一回来ることに決めたんでね。

ちょっとその辺読者のみなさん、覚えておいてくださいね?

いいよね?ここで?








そうだな、オレチェコ住もうかな。

結婚してこっちでペンションやろうかな。



それで子供ができて、子供が大学入ったら



@合コン

女1「あれ~?みなさんご出身どちらでしったけ~?」

男1「僕は北海道です。函館で、夜景の一部やってます。」

女2「あ、私も北海道~!!札幌だけど!!」

女1「あー、ほら地元トークでもりあがんない~!!私は東京の下町育ち。」

男2「僕は静岡の浜松です。宇都宮に餃子消費量勝ちました。」

女3「私、京都。いいとこどすえ。おいでやす。」

男一同「(・・・いい!!)」

男3「あ、僕鹿児島です。でも芋焼酎きらいです。」

女4「私、山梨です。なんにもないよ~。」

俺の子「あ、オレ。チェコ。」












ほら、今晩のストライカー決まったっしょ?





にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
おもしろければ1クリックお願いします。
ありがとうチェコ・・・。マジで気に入ったよ・・・。
またビール飲みに来るよ・・・。今度は二人で!!!

一言:サハラ砂漠のオアシスの街を転々としています。
    砂漠のハエってめちゃくちゃハエーんだよな。

theme : 世界一周
genre : 旅行

飲んで飲まれてはしご旅・プラハの春



P1080559.jpg



チェコといえば・・・・・・・・!!!!!!!



そう!!!

ご存知ビール!!!!!!





P1080371.jpg



端的に言いましょう。



ええもう、わたくしルービー大好きです。









そんなわけでチェコはものっそい!楽しみにしてた国です!!!


イェイ!!!

チェクリパブリック!!!!!!




本来の予定を一泊延ばし、そして金に糸目をつけないとして、なんと世界一周者にあるまじきバーのはしごをしまくってきました・・・!!!


これもビールが安い国だからこそできる!!!!!!!!!




これがプラハの春・・・!!!






ちなみにですが、ビールってドイツが有名だけれども、実は生まれたのはチェコ。



なんとこいつら、紀元前からビールつくって飲んでるっていうんだから驚き!!!


紀元前って、まだ日本が石器つくってやっと村みたいのつくって農耕始めたぐらいだろ!??

その時からビールの味分かってるなんてなんちゅうませた紀元前!!!




P1080586.jpg


はい、というわけでね、ある朝の食卓なんですがね、もう見てわかるようにビールにあうものばっかおいてありますね。

そして手前には、既に僕の飲みかけのビールが置いてありますね。




実際チェコの食べ物は何食べてもビールに合うようにできてましたね。

日本の食べ物がご飯に合うのと同じってことですかね。


もう最高!!!!!



P1080620.jpg

こちら朝ごはんですね。


ご飯には味噌汁。

ウインナーにはビールですね。


P1080587.jpg


我ながら実に恍惚とした表情をしていますね。

こちら朝ごはんになりますね。


幸せ・・・!!!!!!!!!









P1080628_20100920171055.jpg



こちらはある朝の1杯目になります。


朝から黒ビール!!!!!!


たまらん!!!!!!!



黒ビールって名前は知ってるけど、あまり飲んだことがないって人が結構いると思います。


どういうのかというと・・・

一度飲んでみてください☆それが一番早いです☆







P1080370.jpg



この国では基本的にビール一杯500ml!!!

もちろんグラスとかもあるんだけど、基本的に0.5l!!!!!

たまんねぇ!!!


気になるお値段ですが、安いとこじゃ100円切ります!!!




水より安いといわれますが、実際にそうだったりします!!!


もちろん種類にもよるけど、スーパーなんか行くと水でも種類があって安いのから高いのあるじゃないですか。

それと同じで、ビールも安いのから高いのがって・・・。


要するに水的な感覚というのは間違いないです。


そんでもって、うまい!!!!!!!






P1080708.jpg



シャレオツにオープンバー。


チェコをあとにした後、おかげさまで僕は日中からビールを飲まないと発作が起きる体になり、毎日のビールをかかさないようになりました。


チェコ周辺まだ安いんだけど、離れていくにしたがってビールの値段も上がっていくという・・・。

現在アフリカのアラブ圏にいるので、ビールがなくて死にそうです。








P1080687.jpg


カタカナのプラハってなんかダサいね。







P1080682.jpg



元々僕は、バーなんておっしゃれなところには行けない人間でしてねー。

なんかオシャレで怖いじゃん!!!


最近までカフェだって1人で入れなかったんだから・・・。

いつもラーメン屋にいる人間なんだから・・・。



でも、チェコではこういうところが日本の大衆居酒屋みたいな感じ!!!


チェコ人は笑笑のノリでバーに行くんだから、そりゃオレも行かなくては・・・!!!




P1080604.jpg



1人で堂々とバーで一杯のビールを飲み、そして次の店へとはしごする。


ああ、幸せ。


このままはしごして、世界一周してたらいいのに・・・。








ビールの銘柄は、ビッグブランド2つあります。

ピルスナーとバドワイザー。



バドワイザーはアメリカのが有名ですが、あれは元々はチェコのもので、それをアメリカが真似ただか、バドワイザーの職人を呼んでつくらせただか・・・。

とにかく、元はバドワイザーはチェコのもの。



確かにドイツ語に近いチェコ語で、バドワイザーってそっちの言葉っぽいもんね。



どっちもうまいけど、個人的にはピルスナー派です。





P1080368.jpg


バーに行ってみても、メニューで安いものを探すと、まずビールが表れる。

マジで水と同じ値段だったりね。



チェコではコーラよりもビールが安いのは当たり前です。











まったく関係ない話をします。


旅人には僕たちのようにバックパックを背負って旅する人を俗に「バックパッカー」と言いますね。

そうでない人に、自転車に荷物をくくりつけて世界を走り回る「チャリダー」というタイプの人もいます。


特にヨーロッパは陸続きで国境越えも楽なので、こういうチャリダーという旅をする人と多く出会います。



そんな女性のチャリダーをチェコでも見かけました。

彼女もきっとこの愛車でどこかからはるばるやってきたのでしょうね。


P1080694.jpg






この写真使いたかったから急に話を腰を折っただけです。





P1080607.jpg


本当いい顔するねオレ。

CM待ってます。




このビールめっちゃでかかった。


たぶん1Lだったんじゃないかな。

中にライムが入っているおもろいタイプのビールでした。



こっちでは色々な種類のビールがあって、フルーティなものもあるんですよね。

日本でもビールバーとかであるから、気になったらぜひ!!!






P1080731.jpg



こちらはある日の夕飯ですね。


見るからにうまそうでしょ!?

一日ビール飲みっぱなしだからもう食べ物はつまみだけで充分。


そう考えると、水と同じ価値のビールが食費みたいなもんだから結果的に安くなったんじゃないかな。






そんなことはないか。








そんな、なんとも最高なチェコでのバーめぐりでした。


結果的に何杯のビールを飲んだのか・・・。



途中まで銘柄とか値段もメモってたんだけど、もう知らね!!!







うまいものに理由など要りはしないのさ・・・。














P1080582.jpg






街で見かけた特殊部隊。

全然隠れてなかった。









にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
おもしろければ1クリックお願いします。
今なかなかネットに繋がらないところにいるので、自分の1票が入れられません。
なんと素直なコメント。

一言:サハラ砂漠に来ていまっっす!!!
    あっっっついでっっす!!!

theme : 世界一周
genre : 旅行

おとぎのプラハ・チェコ



P1080633.jpg



来てしまった・・・!!!!!!



ヨーロッパ人が一番ヨーロッパを感じる街、第一位プラハ!!!



P1080621.jpg




オシャレすぎる・・・!!!!!




スロヴァキアを後にし、チェコへ入国。

首都プラハへ・・・!!!!!






先に言っておきます。




めっちゃ気に入った!!!!!!!!!









プラハに入ったのは、8月7日。

まさにハイシーズン!!!


久しぶりに日本人のツアー観光客を多く目にしました。

いやー、やっぱ観光地となると、ちょっとあれかなー、ゴミゴミして嫌になるのかなー・・・。


P1080439.jpg



うわお!!!超イケメン!!!!(?)



もうね。プラハすごかった。

いやすごかったっていうか・・・まあとにかくよかった!!!


ここでプロポーズしたらそりゃOKしちゃうわ!!!








えー、さあ何から書けばいいのやら・・・。


やっぱプラハで見るものといったら、まずその街並みでしょう!!!

P1080554.jpg



P1080644.jpg



もう、フラフラしてるだけで、おとぎの国とかそういうタイプだよ!!

「タイプ:おとぎ」だよ!!!


P1080443.jpg


タケコプターもオシャレ!!!



P1080523.jpg


なんだよ馬車の標識って!!

こんなん教習所で習わなかったぞ!!!

習ってたらオレ馬車の免許取ってたわ!!!

竹下通り馬車で走ってやるわ!!!





P1080445.jpg


子供たちの遊び場もこんなにシャレオツ!!!

こんなとこですくすく育ったら、そりゃオシャレピンクのTシャツ着ちゃうわ!!!




P1080404.jpg





こちら天文時計という広場の真ん中にある時計。

古い由緒ある時計で作者も不詳であるという。


この時計には伝説があって、これを造った時計職人はものすごい腕利きの時計職人。

時計を造らせた王様が、もうこんな素晴らしい時計を造れないように、彼の目を潰してしまったという。

そして、その職人が死んだ時にこの時計も止まってしまったと。

彼が死んで、時を刻むのをやめてしまったのだ・・・。







ウォシャレぃ!!!











そしてプラハのハイライトとも呼べるようなのが、カレル橋。

プラハ城へと通じる、プラハの目玉。

モルダウ川に架かる橋。


なつーかしーきかーわよーモールーダーウのぉー♪





P1080710.jpg


絵描きさんもたくさんいるんだけどね。


うまっ!!!!!!!

クオリティがトップクラスですね。


P1080716.jpg


持ってるのがバイオリンとかチェロなんだぜ!!!

駅前で尾崎豊じゃないんだぜ!!!




P1080441.jpg


ほら、もうイメージ通りすぎるでしょ。

よくわかってるよおじさん。


でも実はこのサルが超強いモンスターだったりするんだよね。

中ボスぐらいの強さあるんだよね。






P1080671.jpg


そりゃキミ、一緒に踊っちゃうよね。

チェコであやつり人形なんていったら、そんなんイメージしやすすぎでしょもう!!

なんなん?なんなん?なんでそんな考えが読まれてるの?



でもあやつり人形なんて絶対こいつモンスターだぜ。

キミがなんとなく踊っているその踊りは、メガザルダンスっていうんだ。



でも安心しな。

オレが勇者だ。



今コマンドにあるのは、

⇒アイテム
 →ビール

だけどな。







P1080653.jpg



ほら!!!

どう見たって城下町!!!


目立つのがプラハ城。


絶対舞踏会やってるだろ!!!

貴族とかいるだろ!!!


オレも「ルネッサーンス!!」てやりたい!!!





P1080695.jpg


プラハ城にある教会。


ちょっと幽閉されてるお姫様を助けに行ってきます。



P1080479.jpg


「すいませーん、ひんしの仲間復活させてもらいに来たんすけどー。」







P1080469.jpg



こちらプラハ城の衛兵。

まったく動きません。


いや、よく観察すると動いてます。


 にんげんだもの
           みつを




P1080693.jpg



そんな衛兵も現代のおばさん達にはかっこうの餌食。


さすがにこっちから写真撮ってたのオレだけだったね。







P1080738.jpg



そんなひとりで来たプラハ。


バックパッカーは汚いイメージがあるかもしれませんが、オレはピシッと決めたぜ!!

もうタンクトップなんて着れないぜ!!!


ヒゲもおしゃれヒゲにして、襟付き着て(ポロシャツ)、スニーカー履いて!!



今のオレはハットだってかぶれるぜ!!!

びっくりするぐらい似合わないけどな!!!!!









P1080528.jpg


とても気に入ってしまったプラハ。


当初の予定を変更して、1泊延長することに。

そのもう1泊分の記事を次回に書きたいと思います。





あ、チェコといえば何が思いつきますかね?
















次回、シャレオツプラハでバーめぐり!!!

~呑んで呑まれてひとり旅~





お楽しみにっ!!!!!











にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
よろしければ1クリックお願いします。
今度は彼女と来るよ。
きっとあまーい言葉を囁くよ。ファーストキスより甘いよ?

一言:そんな私はアフリカ大陸。薄汚いぜこの野郎!!!
    でも、そんなチュニジアが、嫌いじゃない。

theme : 世界一周
genre : 旅行

田舎の首都ブラチスラヴァ


スピシュ城が抱える村、スピシュカーポドフラディエからまずはバスで出発。



バスターミナルみたいのもターミナルじゃなくて、普通の停留所って感じの小さなもの。

まずは近隣の大きな街、ポプラッド(poprad(?))へ向かう。


この後オレが向かうのは首都ブラチスラヴァ。



スピシュカーポドフラディエからブラチスラヴァまでの行き方がよくわからないために、とりあえず大きな鉄道駅のある街へ。

そこでバスターミナルと駅で、出発時間と所要時間を聞いて、列車を選択。



列車はやっぱきれいだね。

元々列車の旅が好きなので、こののんびり車窓が変わっていくのを見ていて楽しい。



特にヨーロッパの田舎の車窓が流れていくのは楽しいね。

バスのほうが安い場合が多いけど、ヨーロッパは列車で旅したいな。




P1080365.jpg



こちら首都、ブラチスラヴァ駅。


首都ってほどでかくはないね。







さ、このスロヴァキアという国。


以前はチェコスロヴァキアという一つの国だったのはきっと知ってる人が多いでしょう。

しかし、分離独立。

別に血が流れたわけじゃなく、国民の意思で特になんの危険も孕まずに独立。


そうして生まれたのが「ヨーロッパの田舎・スロヴァキア」。




ただ、独立後はそこそこ貧困で大変だったみたい。

チェコが工業国だったのに対して、スロヴァキアは農業国だったから経済的に弱かった。


しかし独立後に油田が発見されて、潤い始めてきた。

もし分離独立前に油田が見つかってたら、チェコは分離するの嫌がったかもね。




現在はEUに加盟して4年ぐらいが経ってだいぶいいところ。

観光客もけっこういる。


インフォメーションのお姉さんに聞いたら、日本人も結構来るって。

ただまだ韓国人とか中国人観光客は少ないらしい。


そういや途中で知り合ったイギリス人も、チェコとかスロヴァキアは物価が安いからイギリスから行く人が多い、って言ってたな。


P1080359.jpg



ブラチスラヴァはなんだか田舎と都会の境目って感じの街。

ちょっと中心をはずれると住宅街で、見るところはそんなになくて人々の生活圏に入ってくる。

旧共産圏なので、たまに冷たい感じのするマンションもあったり。





そんなブラチスラヴァで泊まったのがこちらの宿!!

P1080313.jpg



いやー、なんて気味の悪そうなところ!!!

でもこちら、我らがユースホステル。


元々は学生寮なんだけど、夏休み中だけ旅行者に貸してるというところ。

1泊€10。安い。


学生寮というわけで、部屋は普段学生がつかっているところ。

廊下にも、言葉は読めないけど、しょうもない落書きがありました。

どこいってもやっぱ、しょうもない落書きするもんだね。


部屋にはいやらしいポスターとか貼ってありそうだったけど、オレが泊まった部屋には季節ごとの馬の写真がたくさんありました。

どうやらここの家主は馬フェチらしい。







しかしまーーーー寒い!!!!!

着いた時に雨が降ってたのもあってか、寒い!!!!!


長袖着用ですよ、ええ。

現地の人もみんな長袖着てたし、どうやらここは夏でも長袖は常備しておくところみたいね。


オレがここに入ったのは8月の頭。

まさに一番暑い時だろうに、それでも夕方は20℃前後と、中東から-20℃の気温差!!


長袖長ズボンで、肩をすぼめて歩いてました。







P1080324.jpg


「えぇ!!こんなに付いてこのお値段!??」





スロヴァキア語で「ハーイ」とか「チャオ」とか「どうもー」に当たる言葉は、「アホイ!」。


なんかおもろげ。

使い慣れると楽しくなってくる。





P1080350.jpg


壁からアホイ。



P1080349.jpg


このマークがスロヴァキアの国章。

国旗に描かれてるんです。


国旗マニアとして、なんとなくこのマークが好きなのだ!!!


ユーロの硬貨の裏は国よって違うって知ってますかね。

このマークができたばかりのスロヴァキアのユーロコインの裏に描かれてるのだ!!!

なんか好き。



P1080340.jpg



ブラチスラヴァ城。

ひっくり返したテーブルといわれる、珍しい形の城。


中はめっちゃ工事してた。

ブラチスラヴァ城は前から知ってて、来てみたかったんだけど、別に大したところではなかった・・・。

現役の城で、色々新しく塗りかえられてたりして、古城っぽさを求めてきたんだけど、そんな感じはなかったな。


あとこの辺のヨーロッパの都市ってだいたいどこでも城があるんだよね。




P1080345.jpg


城から街並み。

時計塔もめっちゃ工事してる。


中心部にあたる旧市街は石畳で、なかなかヨーロッパぽい。

でもブダペストの街を見てからだと、どうにも小さいし、なんかぱっとしない。

元々ブラチスラヴァ自体が結構小さい街です。




P1080354.jpg


日本大使館は旧市街の中心広場のど真ん中にあった。

こんなオシャレな大使館があるのも、さすがヨーロッパ。







雨も降っててか、正直オレはブラチスラヴァはそんなにおもしろくなかったかな。


見ててどうもテンションが上がらずに。

昼12時の列車に乗るために、午前中のみの観光だったんだけど、それでもほとんど見て回れたぐらいの小さな首都。


田舎の国に、がんばって首都っぽいものをつくった感じで、やっぱ元は生活するための街なんじゃないかな、と思いました。





P1080348.jpg



でもスロヴァキアという国はお気に入り。

素朴なヨーロッパって感じで。


キラキラしてない感じの、木の暖かみ・・・みたいな雰囲気?別に木が多いわけじゃないけど。

あんまし飾らないってことかな。


田舎のヨーロッパを求めたい人にはいいところでしょう。




またいつか来てみたいな、スロヴァキア。













にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
よろしければ1クリックお願いします。
今思うとチェコとスロヴァキアは結構違った感じがしたな。
次はチェコに入るよ!!!

一言:チュニジアに来ましたが・・・いきなり中東って感じ!!!
    でもなんだかんだ、こういう雑多な感じって落ち着くんだよね。

theme : 世界一周
genre : 旅行

草原の廃城スピシュ城・スロヴァキア


ハンガリー・ブダペストを経って向かったのは、一つ北にある隣国スロヴァキア。


いきなり国境越えですよ。この中欧一帯は特に一つ一つの国が小さいからすぐ国が変わりますね。



列車でブダペストからまず向かったのは、コシツェ(Kosice)という駅。

この時点で13カ国目スロヴァキア入国。



でもパスポートも見られなかった。

EU圏・シェンゲン協定枠内なので、出入国コントロールがないんです。


こんな簡単な入国はじめてでだわ。


でもスタンプもらえないのはやっぱ悲しいな・・・。

この旅の目的の3割はスタンプだからな・・・。





コシツェについて、バスへ乗り換え。


向かう街は「スピシュカーポドフラディエ」という小さな田舎町。

よく名前覚えてたよオレ。





この中欧の田舎町。


ここにはひとつ、大きな見所があります。



それがこちら!!!





P1080082.jpg



スピシュ城。

んー、実に絵になる。


スピシュカーポドフラディエという名前もこの城の名前からきてるんでしょうね。


このスピシュ城。

ヨーロッパ最大級の城と呼ばれています。


が、今は廃墟。

火事で、堅固な要塞も廃城に化けたと。




なるほど。


まさに、 夏草や 兵どもが 夢のあと 。






P1080190.jpg



この城の周りはいまはほとんど何もない。


草原の中に大きな城がポツンと建っている。




こういうのいいよね。

忘れらてしまった城って感じ。




P1080123.jpg




城内部。


城の中にも入れるんだけど、城の中は補修がされてたり、今は博物館になっててそんなにおもしろくなかった。

当時のキッチンを再現とか、拷問具の展示があって、それで遊んでる人がいたりとかで。



正直内部はぜんぜんぱっとしなかったな。


ここは外から見てて、自然と共生している感じがよかった。


P1080166.jpg


城から周りを。


田舎だねー。




P1080257.jpg


暗闇に浮かび上がる廃城。

夜のライトアップ。








このスピシュ城がある街、スピシュカーポドフラディエも僕はすごくお気に入り。


田舎のヨーロッパって感じの素朴な感じ。

きっと単位は「村」でしょう。



でも街並みは綺麗で、静かで、子供があそんでて。

こういうのんびりしたとこでのんびりしたい。



P1080221.jpg


スピシュカーポドフラディエの村。

P1080250.jpg




P1080217.jpg



この線路生きてるのかな。

廃線かね。








なんとも素朴でうるさくなくていいとこ。


ただし、田舎町なので、英語は通じません。



でも英語が通じないほうが、なんとなくオレは仲良くなれたりするんだよね。

お互いに一生懸命伝えようとすると伝わるもんで。



ヨーロッパは結構人がつめたいっていうけど、ここはそんなことはなかった。

P1080225.jpg



もちろん言葉通じてないけど、気持ちは通じるもんです。


でももっといい笑顔できたよね。左と真ん中。





スロヴァキアはスロヴァキア語。

聞いてると、ロシア語に近かったな。


少しロシア語の単語だしてみたら、やや発音違うらしいけど通じた。


ここでは「日本人」は「ヤポンスカー」。


P1080308.jpg


野菜市場のおばあちゃん。

ここの野菜市場は採れたてのパッキングとかそういうのなしの自然の味。

おばあちゃんがニンジン1本くれました。

そのまま丸かじり。











スピシュ城は、城がよかったっていうか、その風景がよかったって感じ。

村の中に今をのんびり生活してる人がいて、その村の景色の中には古い廃城があって、





素朴なヨーロッパを感じられた小さな村・スピシュカーポドフラディエ。

それを丘から見守る堅固な廃城。




P1080214.jpg










にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
よろしければ1クリックお願いします。
そういえばスロヴァキアは物価安かった。
スーパー使えば中東と変わんなかったかも。

一言:チュニジア入国。帰ってきちゃったアラビア圏。
    ・・・たまにすごい日本帰りたくなるんだよね。

theme : 世界一周
genre : 旅行

プロフィール

あらた

Author:あらた

 小さい頃に国旗のぬりえにはまり、それ以来地理が大好きになってしまった可愛くない幼稚園児時代から全ては始まった・・・。

 世界地図を眺めていたら旅へ出てしまった、よくいる休学大学生。

 世界中を歩いて歩いて、感動したり、激怒したり、飲んだり飲まれたり、聖なる剣を探したり、手から炎だしたり、世界を救ったり。そんな僕も世界中の旅人と「よい旅を」と握手をし、2010年末帰国。でもブログはまだ続いています。

 はぁーーたまごかけがご飯がうまい。

最新記事
最新コメント
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
642位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
217位
アクセスランキングを見る>>
著者の本棚
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

世界一周ルート・一言コメント

より大きな地図で 世界一周を表示
世界一周早見表↑
ルート・一言コメント・写真があります。
世界一周ランキング
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
カテゴリ
カレンダー

08月| 2010年09月| 10月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -


お友達旅人ブログ
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。