スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

The death road 九死に一生スペシャル at ボリビア

The death road



おわかりいただけるだろうか、この題名…。




DSC05519.jpg





説明しよう!!



qnh3m.jpg


標高4700mから1200mまで一気に自転車で
それも断崖絶壁を
約5時間かけて

下るアクティビティなのだ!!



名を「DEATH ROAD」という!!!

PC010062.jpg


「ヒャッハー!!ようこそdeath roadへ!!

説明させていただくぜぇ!!!このツアーはとにかく自転車に乗ってるだけの簡単なツアーさ!!!

おっとその前にみんなにはこちらの誓約書を書いてもらうぜぇ!!!」



そこで渡されたのは「仮に死んでも私のせいです。」という誓約書。


「さあさ、そんなちょろい紙切れさくっと書いてツアーに出発するぜぇ!!!」




PC010027.jpg


さあ、着きました。
標高4700mの世界。

岩肌が見える山が辺りを覆います。

それもそのはず。
アンデス山脈の標高5000m近くとなれば森林限界を超えているのです。
(森林限界=人が海の中で生きられないように、木は高い山では生きられない。)



PC010018.jpg


さあさ、今回の記事はなんだかぶっ飛ばして始まりましたね!!

それもそのはず、もう説明する必要はないでしょう。



男、一匹、

ここは生きるか死ぬかの世界。



ラパスの宿で行く気はなかったけど、周りの旅人に誘われノリで生死の淵に来てしまったワタクシ。

僕の旅の基本スタンスは「それもまた運命」。

縁がなく行けなければ、それもまた運命。
縁があって行ければ、それもまた運命。
縁はなかったし、別に行く気もなかったけれど、人数がたくさんだと安くなるから一緒に行こうよー、死ぬかもしれないけど行こうよー、と言われるのも、また運命。




というわけでこんなバカみたいなツアーに参加するバカ共を紹介しよう!!

PC010185.jpg


どうだい?


バカだろう?




DSC05475.jpg


標高差3600mをひたすら自転車で下るというこのツアー。

基本的には疲れません。
だってずっと下りですから。

ずっと下りなんて言えば楽そうに思えるだろう?

いやいや、そんな君の家の傍の坂道を連想してしまってはこまるなぁ。

ここをどこだと思っているんだい?

南アメリカ大陸、ボリビア共和国のアンデス山脈だぜ?




PC010007.jpg




good luck


ちなみに写真は自分で撮れないため、ガイドの写真を使っています。


カメラ持って運転したらそれこそ命はありません。



DSC05463.jpg




「ヒョアーーーーーーーーー‼」




PC010138.jpg






「ヒョアーーーーーーーーー‼」








PC010102.jpg




「ヒョアーーーーーーーーー‼」








「おいアミーゴ、そこのカーブなんていうか知ってるか?」

「カーブ?カーブがなんだよ?なんかあるのか?」

「そこはな、イタリアンカーブっていうんだ!!」

「イタリアン?何がイタリアンなんだよ?」

「2年前にな、そこでイタリア人のツアー客が落ちて死んだんだぜ!!ヒャッハー!!!」

「ははは、そいつはあれだな!!!あれだな!!!」

















「ヒョアーーーーーーーーー‼」






PC010089.jpg



ひたすら続く、この車一台分の断崖絶壁の砂利道。

一昔前は本当に車の通る道として使用されていたというんだから驚き。


でも流石に危ないってことで新しい道が造られて、今は使われていないんだってさ。



じゃあツアーなんかやんなよバカ!!!

このバカ!!!インカの死にぞこない!!インカの末裔!!!




PC010122.jpg


「おいアミーゴ、そこのカーブなんていうか知ってるか?あそこは、フレンチカーブって言ってな、2年前…」

「マジで十字架あるじゃねぇか!!!さっきからちょいちょいあった十字架はそういう意味だったのか!!!このバカ!!!」

「ちなみに、向かいの畑はマリファナ畑だ!!見えてる緑全部マリファナだぜアミーゴ!!!」




PC010195.jpg


ということで、「おいアミーゴ、今日はジャパニーズカーブが生まれるんじゃないかと思うんだが、よかったらマリファナ吸うか?」という声を遮りゴール。

5時間、ひたすら絶壁の砂利道を下るだけのツアーは無事終了。

旅人の間では非常に有名なこのツアー。もしよろしければあなたも参加してはいかがでしょうか!!

(尚、日本人でも亡くなっている方がいらっしゃいます。本当に考えて参加しましょう。)



DSC05558.jpg


「生きてるって素晴らしい!!!」







にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へにほんブログ村
よろしければクリックお願いします。とても励みになります。
一言:生を感じるということは、それすなわち死を感じることである。
    何回か本気で死を覚悟した。

Check





スポンサーサイト

theme : 世界一周
genre : 旅行

標高世界最高の街・泥棒市エル・アルト

ラパス隣町、エル・アルト。

標高4150mという人が住むべき標高ではないところに人が住んでしまったという話。

スペイン語で「El Alto」と書くけど、直訳すれば、「The 高い」。


というのもこの街、

世界で一番高いところにある街なのだ。

人が住むには世界で一番高所。

ちなみに地理学科的に気持ちの悪い解説すると、数年前までは世界一高所にある街は同じボリビアの「ポトシ」という街でした。
元々、ラパスの一部だったエルアルトが「分裂したら世界一じゃね?」と気付いてしまったために、行政区分をラパスから切り離したのです。

よく「世界一の街に行ってきました!」とブログにポトシのことを書いている旅人がいますが、厳密に言えばポトシは世界一じゃないんだぜぇ~い!!いえ~い!!間違えてやんの~!!!




そういうわけで、この尋常じゃない高さのエルアルト。

酸素濃度は平地の3分の2、紫外線は平地の1.4倍。温度差は30度。

どう考えても人が住むべき所じゃないのに、人口は90万。

主に先住民と呼ばれるインディオが住むチョリ-タの街です。



s-P1160133.jpg



ラパスから乗り合いのミニバスで2、30分だったかな。

歩いてはこれません。体力的に来れません。



s-P1160149.jpg


ここには大きな市場があるのです。

通称泥棒市

本当に盗まれてきたような物がたくさん売ってます。

例えば片方だけの靴とか。


s-P1160134.jpg

s-P1160138.jpg


市場好きにはたまりませんね。

軽食も売ってるので食べ歩きです。

ここに売っていないものはない、と言われるほどたくさんのものが売られているのです。


s-P1160137.jpg


豚の貯金箱

s-P1160146.jpg


がらくた

s-P1160151.jpg


携帯のボタンの部分だけ

s-P1160152.jpg


初音ミク


何がすごいってモー娘のDVDまでありました。
まあ海賊版でしょう・・・。




s-P1160139.jpg


s-P1160149.jpg


そんな世界最高所の街エルアルト。

ちなみにお湯が87度で沸騰してしまうので、パスタがまずいことで有名です。



にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へにほんブログ村
よろしければクリックお願いします。とても励みになります。
一言:
ちょっといい椅子を買いました。なのでブログを更新する気になったのです。

Check

theme : 世界一周
genre : 旅行

現地妻との出会い 世界最高所の首都ラパス


半年振りの更新!!

世界一周から帰国から実は既に2年経過!!

でも最近なんだかこのブログのアクセスが伸びました。

なので、急に更新する気になりました!!

あと、さっき旅してる時の夢を見たから!!



行くぜ!!久しぶりの記事!!








前回までいたのはただひたすら絶景のウユニ塩湖 でした。

ウユニ塩湖で一泊を終えた後、ウユニの街からバスで、ボリビアの首都ラパスへ。


P1160156.jpg


P1160108.jpg


バスターミナルにて


ラパスという名は聞いたことがある人も多いかもしれないけれど、ここは世界一標高の高い首都

ということで、街の全景はこんな感じになっちゃいます。

P1160163.jpg


標高は3600m~3700m。

富士山が3667mなので、富士山の上にこんだけの街があると思ってくれればいいでしょうね!!


この街で特殊なのは、貧困層と富裕層の住み分け。

普通の国でよくあるのは、富裕層は丘の上だったり郊外の高台に住むことが多い。、
けれどこれだけ標高が高いと、呼吸をするのもなかなかの苦労。
お椀の形をした街なので、坂が多い多い。

ということで、ラパスでは富裕層が標高の低いとこに住むのです。

貧困層は山の上のほうへ追いやられる。

そうしてできたのが隣町の世界で一番高い街エル・アルト
こちらは次回の記事で軽く触れます。景色がいいので。治安は悪いけど。



P1160188.jpg


しまうまの交通整理。


ボリビアは南米の最貧国。

というわけで物価がやっすいやっすい!!

アルゼンチンやチリからくるとその安さに感動します。

もちろんその分治安も悪いけどね。

首絞め強盗(背後から首を締められて気絶したところで財布を取る強盗)なんかもボリビアを旅する旅行者では有名!!
色んな人の旅ブログにたくさん出てくるよ♪
あと、あれだね、マリファナが売られているね!
オランダとか、最近アメリカの一部の州では解禁になったけど。


P1160155.jpg


これをやったことはない子供はいないはず。


P1160196.jpg


P1160193_20130202125129.jpg



別に意味はありませんが、お気に入りの写真なので載せます。



ラパスに何があるのか言えば、まあ街にはそこまで何かあるわけではありません。


おばちゃんが一回一回ピンを直しに来る、なんともいたたまれなくなる手動ボーリング場とか

おばちゃんがひらひらのスカートのまま、最初はやられまくって、でも最後には悪役をぶちのめすプロレスとか。

あとは、日本料理屋がおいしいね。オレがその日本料理屋を訪れた時には、ツンツンした美女の店員がいて、旅人の中では「クレオパトラ」の名で親しまれいました。


P1160124.jpg


P1160140.jpg




ラパスで有名な宿、エルソラリオに泊まりました。

旅人の中でへ有名な宿で、近郊のツアーも安く取れるし、日本人・欧米人観光客も多いので情報交換には最適。

しかし、泥棒宿として有名なので泊まる際には要注意。(後に東洋人が怪しまれて、東洋人は泊まれなくなったとの噂を聞きました。今はわからないけど。)



P1160183.jpg


P1160178.jpg


お気に入りのライカコタの丘より。

丘まで行く階段が尋常じゃなくつらい!!!



こんな高地にあるもんだから、ボリビア人の体力はやばい。

南米と言えばサッカーだけど、南米選手権ではあのブラジルもアルゼンチンもボリビアホームで試合をするにはなかなか勝てないという。

そりゃ富士山の頂上に住んでるような人たちを富士山の上で90分もサッカーやるなんて、どんなドMだ。





南米でお土産買う人はとにかくボリビアで買うことがおすすめ!!

冬に備えて、アルパカのセーターを買ったけど、1000円前後でした。
たぶん日本で買うと、3,4倍はするはず。


そして、ボリビアで買い物とえば・・・!!!!!!





fghj.jpg



ギター!!!!!!!!

僕のブログを飽きもせず、それも2年近く見てくれているような毎日忙しくてしょうがないようなみなさんはご存知でしょうが、僕はギターが好きでして。


そう!!!ラパスはギターも有名。

クラシックギターや、アコギが主流だけど、職人も多くて、なにより安い!!!!


それに旅にギターは必需品!!!!!!!!!

旅人でスナフキンに憧れない奴はいないのです!!!!!!


ということで、旅人仲間と共に、お供を探しに行きました。


jkl.jpg

見てください。一人だけロックンローラー気取りなヤツがいるでしょう?

僕です。


買いました。

それもしっかり吟味して。
たくさんギター屋はあるけど、小さな職人さんがやってるギター屋で購入。

他の店では値切れだけど、さすが職人、安く出来なかった。
しかし、ギターとの出会いもこれまた運命。

インスピレーションがピン!ときたギターを購入。

他に比べちょっと高かったけど、それでも4000円ぐらい。

日本で買えば、おそらく3万ほどの代物です。




ということで、僕の現地妻を初公開!!!!!!


yr4Ux.jpg



こちらがラパスで買った、僕の現地妻のギター。

小さいギターで、持ち運びにもいいし、なにより軽い!!!

彼女は日本帰国後も、ライブで使ったりしています。

いい声で鳴くんだなこれが。


ちなみに現地妻の右にいるのが、僕の本妻のりっちゃんです。

ギター好きにはたまらないわがままボディの僕の本妻です。







にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へにほんブログ村
よろしければクリックお願いします。とても励みになります。

一言:
もうさくさくブログ更新するぞ!!

Check

theme : 世界一周
genre : 旅行

ウユニの絶景。息を飲む絶景。

前回なんとなく不完全燃焼で終わってしまったウユニ塩湖編。

今回はとにかく写真メインで攻めていくぜ!!!!!!

息を飲む絶景をごらん頂こう!!!!!!!!!

尚、僕はなかなかメニューを決められない優柔不断な人間なので、写真も厳選できなかったらめちゃくちゃ載せるぜ!!!

PC推奨!!!!!!!!大画面推奨!!!!!!!!クリック拡大!!!




P1150884.jpg


さあさ、ツアーの車、TOYOTAランドクルーザーはウユニ塩湖を疾走していくぞ!!!



P1150783_20120618230824.jpg



P1150843.jpg



そして目指すは、ウユニ塩湖の真ん中にある塩のホテル、プラヤブランカ!!!

P1150828.jpg



お昼ごはんはリャマの肉。

僕はここで一泊。

ツアーのみんなは帰るそうな。

P1150816.jpg


隣が一緒に来た、ペルー生まれのアメリカ人リカルド。

それと、ボリビア人の元ルフトハンザ職員のお父さんとその家族。

P1160036.jpg



ホテル内部はこんな感じ。

テーブルもイスも壁も家も全部塩。

もちろん舐めたらしょっぱい。


P1160032.jpg


今夜はここで一泊・・・。

もちろん電気なんて通ってません。

日が沈めば、一面は真っ暗・・・と思いきや、月明かりで結構明るいんです!!


P1150805.jpg

P1150809.jpg

P1150814.jpg



開放感。





あとですね、ウユニ塩湖と言えばトリック写真を撮るのが定番でして。




ティヤァァァ!

P1150858.jpg


失敗。


トォォォゥヤァァァァ!!

P1150848.jpg


失敗。

グアァァィャァァァ!!!!!

P1150891.jpg


成功。

何がすごいってこの写真セルフタイマーなんだぜ!?

ツアーの車が帰って、オレは一人でこのだっだ広い塩の世界に、一人で取り残されたんだぜ!?!?

何度も何度も何度も何度も、走っては戻り走っては戻り。

言っとくけど、ここ標高3600mだよ!!!!!



P1150879.jpg


これを一人で撮っている人の気持ちはきっと日本ではわからないだろうな・・・。

標高3600mで走ってはポーズを決め、息が切れ、めまいがし、またシャッターを押し、走ってはポーズを決め・・・。




P1150961.jpg



P1150932.jpg



P1160038.jpg



P1150937_20120618230825.jpg




P1160050.jpg


ラッキーなことにこの夜は一人ではありませんでした。

ご旅行の日本人のご夫婦と、僕の3人で泊まることになりました。


P1160030.jpg


チリのサン・ペドロ・デ・アタカマで一緒だったスペイン人のイザベラ。

なんと国境を越えてこんなところで再会しました。



P1160040.jpg



P1160011.jpg



P1150955.jpg



P1150958.jpg



P1150939.jpg



P1150976.jpg


今夜はここで一泊。

うまく写真が撮れず、ここには載せられませんが、その夜空言葉にはできません。

みなさん、想像してみてください。

周りに一切何もない白い大地の星空です。




P1160093.jpg


ちなみにこちら、イスラ・デ・ペスカという島。

魚の島という意味です。

P1160082.jpg


島の形が魚の形をしているからだそうです。

P1160083.jpg


P1160088.jpg


こんなのもいました。




P1160021.jpg


P1150908.jpg


P1150871.jpg


もはや写真に時系列もなにもあったもんじゃありません。


P1150930.jpg


P1160047_20120618230254.jpg




こんな感じのウユニ塩湖。

鏡張りではなかったけど、僕はものすごく満足です。

もういちいち言葉で表現しようにも、うまい表現が見つかりません。

とにかく、気になった人、行ってみたいなと思っている人。

ぜひ行ってください。

こんな風景が世界にはあるのです。





P1160016.jpg





にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へにほんブログ村
よろしければクリックお願いします。とても励みになります。
一言:それでもやっぱりウユニの鏡張りも見てみたいよな・・・!!
   また行くつもりです。今度はカップルで。

Check

theme : 世界一周
genre : 旅行

360度の白い地平線。ウユニ塩湖


お久しぶりです!!!!!!!!

実に3ヶ月ぶりの更新です!!!!!!!




うーん。おかしいぞおかしいぞ。

このブログは世界一周をしながら、その都度起こったおもろいことを書いていく、リアルタイムなブログだったのに8月31日に書く夏休みの日記みたいなことになっている。



まあ時の流れとは残酷なものですね。

この更新していない3ヶ月になにがあったかというと、



僕は社会人になってしまいました。


嘘だと思うだろ?いや、オレも嘘だと思うよ。
でもさ、なんかパソコンのタイピングがちょっと早くなっている気がするんだ。


なんてこったい!!!

人生の夏休みと呼ばれる大学生を抜けて、これからオレは何を楽しみに生きていけばいいんだ!!!!!

人生の冬休みでも待てばいいのかい?

冬休みってなんだい?老後かい?




嬉しいことにちょっとお便りをいただいたりもしていましてね。

本当ならさくっとお便りの紹介なんてしたいところなんですがね、


「とちぎ県のかなちゃん26さーいからのお便りだに゛ゃ゛ぁ゛!

「うわ゛ぁ゛ぉ゛。お姉さんがミ゛ー゛の色んなところにたくさんチューしてるに゛ゃ゛ぁ゛!」

「すごーい。お姉さんもとっても気持ちよさそう!」

「お姉さんの恥じらう顔がとっても淫靡だに゛ゃ゛ぁ゛。」


なんて、お便りの紹介なんてしたんだけどね、あれ、こういう文章今まで書きまくってたのになんか書いてて恥ずかしいぞ。






そんなことはいいんだ!!!!!続きをいい加減書こうじゃないか!!!!!!!!!


僕の現在地は、ただいま南米のボリビアに入国したところ!!!!!!!

アルゼンチンの世界最南端都市からバスでがんがん北上中!!!!!!!!

それでボリビア入国!!!!!!!!!




今回の記事はぁぁぁぁぁぁぁぁ・・・・・・・・・・!!!!!!!!!!!!









絶景ウユニ塩湖!!!!!!!!





P1160101.jpg


ヴィーン。右折しまーす。


アルゼンチンのラキアカという国境の街からボリビアのビジャソンという街へ。

ビジャソンで一泊してから、夜行バス内での激しい殴り合いの喧嘩に起こされ寝不足で到着。

この街の名はそのまま「ウユニ」。

標高は富士山頂上とほぼ同じ。約3700m。



P1160103.jpg


空気が薄いからか、なんとも綺麗な夕日でした。



P1150729.jpg


一応、紹介しておきます。ボリビアでよく見る料理。

主にポテトと鶏肉です。尚、僕はトマトが食べられません。



そんな情報は置いておいて、みんなさっさと見たいよね!!!!!!!

きっと旅に興味がある人はこの地名を聞いたことがあるはず!!!!!!!


そう、絶景中の絶景!!!!!!!!!ウユニ塩湖!!!!!!!!!!!!



P1160107.jpg


ウユニ塩湖の一泊ツアーを申し込んだ「Brisa Tour」の皆々様。運転手の名前は「ジョニー」。


まずはウユニ塩湖に入る前に、ウユニの街郊外を回ります。

P1160099.jpg


ウユニ塩湖に行く前に立ち寄る塩のお土産屋さん。

置物もマグカップも全部で塩でできている。


P1150765.jpg


さあさ、この辺から大地に塩が混じってくるぜ・・・!!!!!!

P1150743.jpg


列車の墓場と呼ばれる所。

一面地平線ですね。錆びた列車がそこらへんに転がっています。



P1150751.jpg


P1150740.jpg


なんとも哀愁の漂う場所です。

こういうところも大好きですね。この文明の跡・・・!!みたいな雰囲気大好きです。




さあさ、こっからが本番!!!!!!

ウユニ塩湖に突入です!!!!!!

ウユニ塩湖とはどういったところなのか、どうしてできたのか・・・。


やはりワタクシ地理学科としてこういうのいちいち説明しないと気がすまないんですよね。

こういう話、日本でしてもあんまし盛り上がらないんだけどね。居酒屋とかでさ。



ウユニ塩湖・・・それは世界最大の塩湖、または塩原。

要するに世界で一番広い塩の塊です。


昔々、ここは海だった、しかし海がせり上げられ、山が生まれた。

それが今のアンデス山脈。

そして行き場を失った海は湖となり、標高が高く太陽に近いのこの地では海水は蒸発。


地面が全て塩で出来ている。

その面積は約12000平方km。秋田県より大きい面積が全部塩だと思っていただきたい。


地面が全て塩だということはどういうことか・・・。それはなかなか水が濁らないということ。

「ウユニの鏡張り」と言えば、最近は旅行好きの間で有名な観光スポットなのです・・・。

「世界最大の鏡」とも言われるウユニ塩湖。

それでは画像をご覧頂こうか・・・。

まずは僕が撮った写真ではなく、拾ってきた写真である。

f064376a.jpg


見てくれ、この一面の鏡。

雲も車も、水面に反射している。

な・・・なんだこの景色は・・・これが本物の絶景・・・。

ここは天国かなにかではないか・・・。



それではここから筆者のスーパー写真タイムになるぞ!!!

バシバシ写真のっけていくぞ!!!!!!!!!!!











P1150842.jpg



乾季!!!



そう僕が訪れたのは10月!!!!!乾季!!!!!!

せせせ説明しよう!!!!!!

ウユニの鏡張りが見れるのは、雨季のみ!!!!!!

雨季とは11月末~2月下旬!!!!!!!

ここでもう一度言うが、乾季!!!

人生観が変わるとまで言われたウユニの鏡張りは雨季!!




P1150783.jpg


まるで騙されたかのような書き方をしているが、そこはワタクシ地理学科!さすがにそんなこと把握の上なのである。

しかし見てくれ、この地平線。

なんにしろこんな塩の地平線がこの世にあるのは事実。


P1150776.jpg


塩湖の周辺では塩の精製が産業。




P1150782.jpg

こんな真っ白の大地を車で進んでいきます。






まぶしすぎる大地。

360度の地平線。

価値観が変わるとというのもうなずけます。


そして、なによりこの開放感。

僕はここに来る前、旅人の友人に一枚の写真を見せて頂きました。

その写真では、このウユニ塩湖で複数の男女がポーズを撮っていました。



男女とも全裸で!!!!!





僕は目を疑いました。息を呑みました。

僕はこう尋ねました。




「彼らは変態ですか?」







こう答えました。


「いいえ。開放感に支配されたのです。」





僕は息を呑みました。







そして僕は一緒にウユニのツアーに参加する女の子を探しました。








P1150794.jpg


そして僕はついに一緒に旅をしてくれる友達を見つけました。

いつもセルフタイマーで写真を撮る僕ですが、今回は違います。

撮ってくれる友を見つけたのです。

ひょっとしたら・・・



P1150788.jpg


写真を撮っている彼の名前はリカルド。

ペルー生まれのアメリカ人。

結婚して娘がいるパパです。


写真を撮られている彼の名前はあらた。

このブログの作者であり、ウユニで一緒に裸になる女の子を探していた男の子。

しかし一児のパパと一緒にウユニに来てしまった可哀想な男の子。






P1150791.jpg


そんなパパと一緒に裸になって誰が得をするのでしょうか。

仮になったとして、その写真をブログに載せて公開したところで誰が得をするのでしょうか。

開放感に支配されて、一児のパパととんでもないことになったらどうしたらいいでしょうか。

そしたら子供は日本とアメリカのハーフでペルーのクォーターだね♪じゃねぇ!!!オレは赤ちゃん生めねぇ!!!なんでオレが受けの設定だ!!!!!




P1150937.jpg


なぜこんなため息の出るような絶景で僕はこんなくだらない文章を書いているのでしょう。

というわけで、改めまして次回のブログでもウユニの続編をやります!!!!!!


僕がこの後泊まるのは、ウユニ塩湖の真ん中のホテル。

水も電気もない、一面真っ白な地平線な世界・・・。


ちなみにリカルドは1泊せずに帰るらしいので、一人ぼっちのウユニの夜になりそうです。









にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へにほんブログ村
よろしければクリックお願いします。とても励みになります。

一言:どうぞ皆様長い目でブログ更新にお付き合い頂ければ幸いです。
    でも終わらせる気はしっかりあります!!!!!

Check

theme : 世界一周
genre : 旅行

プロフィール

あらた

Author:あらた

 小さい頃に国旗のぬりえにはまり、それ以来地理が大好きになってしまった可愛くない幼稚園児時代から全ては始まった・・・。

 世界地図を眺めていたら旅へ出てしまった、よくいる休学大学生。

 世界中を歩いて歩いて、感動したり、激怒したり、飲んだり飲まれたり、聖なる剣を探したり、手から炎だしたり、世界を救ったり。そんな僕も世界中の旅人と「よい旅を」と握手をし、2010年末帰国。でもブログはまだ続いています。

 はぁーーたまごかけがご飯がうまい。

最新記事
最新コメント
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
759位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
251位
アクセスランキングを見る>>
著者の本棚
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

世界一周ルート・一言コメント

より大きな地図で 世界一周を表示
世界一周早見表↑
ルート・一言コメント・写真があります。
世界一周ランキング
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
カテゴリ
カレンダー

09月| 2017年10月| 11月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


お友達旅人ブログ
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。