スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

旧ユーゴスラヴィア総括


さあ、やっとユーゴを出ることができました・・・。

なんか長いことユーゴ特集してたような気がするな・・・!!!




それもそのはず!!

きっとみなさん、あまりこの辺を知らないならば、

「ユーゴスラビア?ああ、あのなんか今たくさん国あるとこでしょ?」

ぐらいにしか思わないでしょう。



僕はその旧ユーゴの国全部行ったんです!!!


気付けばね。




じゃあそんなわけで、どんどん総括していっちゃおうか!!!

この総括コーナーも久しぶりだしね!!!






P1090647.jpg



旧ユーゴスラヴィア、と一概に言っても、それは昔一つの国だったことを指すだけで、現在は別の国。


むしろ、元々も別の国。


今ある国は、スロヴェニア、クロアチア、セルビア、モンテネグロ、ボスニア・ヘルツェゴヴィナ、マケドニア、コソヴォ。


それを英雄チトーが見事に一つにできたってわけ。


一つにした理由っていうのは、さらに昔、ロシアから下ってきたスラヴ民族だったということ。

(ただしコソヴォはスラヴ民族じゃない。)



ほらもうわけわかんなくなってきた。



P1100160_20101023230748.jpg




とにかく、スラヴ民族が、宗教的だったり、諸々の要因から別の民族にわかれていいったということ。


チトーが統一していた時代は割りと平和でした。




P1100114.jpg



しかし、やはり民族問題は戦争の火種。


その後泥沼の戦争になっていきます。





こうやって考えると、本当、ここは「世界の縮図」と言ってしまってもいいと思う。



とても複雑に問題が絡み合って、敵と味方もわけわかんなくなっていったり。



さらにここは、ヨーロッパとアジアの境目で、歴史的にも翻弄されてきたところ。

そういった歴史的背景もあって、まあ大変。



P1100365.jpg



オレは実は、このユーゴスラヴィアにずっと来てみたかった。

宗教、民族、言語に、文字も違う国がかつて一つだったところ。



日本にいる限りだと、決して感じることのできないものがここにはある。



元々、地理が好きで、興味はあったし、授業でもやったことがあって。

いつもは授業中寝てるんだけど(主に二日酔い)、このユーゴを取り上げた授業の時は予習復習するぐらいの勢いで授業を受けました。(勢いでね!)



そして、情報として得た知識を、経験としての知識にしたいと思って、ここを通らない世界一周のルートは僕にはありませんでした。



さあ、そんな前から来てみたかったこのユーゴ。

通ってみてオレは何を感じたのか!!!




P1100119.jpg



まずは、やはりその多様さ。


北のスロヴェニアやクロアチアはもう西欧と大して変わらないのに、マケドニアやコソヴォまで行くと、どちらかといえばアジア。


先進国と発展途上国が元々は一つの国だったというんだから、この差にはびっくり。


物価で考えてみても、倍近く違ったりする。




P1090874.jpg




貧困を見ることも、スーツのセールスマンを見ることもできるところ。


巨大組織EUもあれば、ヨーロッパ人の物乞いもいるということを知り、社会がまだしっかりしていないのを知ることもできる。



これが昔は単一国家だとはすごい話。

世界の縮図といえる。




P1090568.jpg



来てみて、ものすごくいいものを得られた。

こういっちゃ他の旅行者に怒られるかもしれないけど、フランスやドイツの教会やらを見るよりは、きっとこっちのほうが胸に残る。


いいも悪いも、とにかくインパクトがある。


なんとなく観光するよりも、どうしても考えさせられてしまうものがある。

ということは、自分の中に入ってくるものがあって、それを受け止めてしまう。


とても印象に残ったし、きっとこのルートを辿ったことは、下手な観光よりもずっと奥深いものになると思う。








P1100291.jpg


何を言っても、ここは不思議なところ。


今ではEUに入って経済になんの不安もないところもあれば、つい最近まで戦争中で、難民が今もいる国もある。


それが「ユーゴスラヴィア」という一つの国だったとは驚き。

そして、その国は歴史の1ページというよりは、人の頭にまだある1ページ。


オレが生まれてから起きたこと。


いやー、本当不思議。



ちょっとイスラエルに行った時と似たような感情もある。




P1100300.jpg



さあ、オレにとっての旧ユーゴですが、気に入りました。



うーんと、何が気に入ったのかといえば、パッとは思いつかない。


でも、これは意外といわれるかもしれないけど、いて心地よかった。



今ではほとんど、治安には問題のないところが多くて、ここを歩いていて刺激があった。



その気候もいいし、人もフレンドリーないい人が多かったと思う。


うさんくさい国のように、騙してくるようなやつも特にいないし、先進国ほど人は冷たくない。




ただ、普通の観光として来るのならば、ビッグネームものはないです。

だから、観光しようとしてくるのならば、場所がちょっと限定される。


それでもクロアチア、スロヴェニアなんかは結構楽しめるから、彼女と来てOK!!




ユーゴスラヴィアを感じるのには、一人旅というのはとてもスタイルだと思います。




単純に、来てよかった。

ユーゴスラヴィア。









やっぱ総括ってどうにも話がややこしくなっちゃうよね。



じゃあ最後に一つ。





P1100407.jpg




こんな風にされたい。






















にほんブログ村 世界一周<携帯用>
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村<PC用>
よろしければ↑を1クリックお願いします。
さあ、このオチは、怒られるのかウケるのか。
実に迷いましたが、やってしまいました。これがオレのブログなのだ!!!

一言:いやーやっぱ南米でかいね。バス移動19時間も当たり前。
    バスはでかくて快適。しかし隣の席の赤ちゃんが夜泣きで寝れず。
スポンサーサイト

theme : 世界一周
genre : 旅行

プロフィール

あらた

Author:あらた

 小さい頃に国旗のぬりえにはまり、それ以来地理が大好きになってしまった可愛くない幼稚園児時代から全ては始まった・・・。

 世界地図を眺めていたら旅へ出てしまった、よくいる休学大学生。

 世界中を歩いて歩いて、感動したり、激怒したり、飲んだり飲まれたり、聖なる剣を探したり、手から炎だしたり、世界を救ったり。そんな僕も世界中の旅人と「よい旅を」と握手をし、2010年末帰国。でもブログはまだ続いています。

 はぁーーたまごかけがご飯がうまい。

最新記事
最新コメント
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
771位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
251位
アクセスランキングを見る>>
著者の本棚
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

世界一周ルート・一言コメント

より大きな地図で 世界一周を表示
世界一周早見表↑
ルート・一言コメント・写真があります。
世界一周ランキング
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
カテゴリ
カレンダー

08月| 2017年09月| 10月
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30


お友達旅人ブログ
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。