スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

バイバイチュニジア・砂漠の国から砂漠の国へ


さあさあ寄ってらっしゃい見てらっしゃい!!!

更新が2ヶ月以上遅れてるブログのはじまりだよ!!!


リアルワールドの僕はついに最終大陸、北米へ来てしまいました。

ネタバレすると、メキシコにいます。

でも北米大陸はちょっとだけなので、もう旅程もあと少しです。


そろそろ感慨にふける時期なのですが、ブログのことを思うと、こんなに遅れていて、アワアワしています。





どうもみなさんこんにちわ。

洗顔をしている最中にも目を開けさせたら、オレ右のに出るものはいない。

筆者のよくいる大学生、あらたです。





そんなわけで、リアルワールドの僕が飛行機でワープをしたところで、ブログ本編も飛行機移動の記事です。

今回の記事はチュニジア最後の記事です。


では、いい加減はじめましょうか。

まったくオレのブログは雑談が多くて、必要なものが少ないんだよ・・・ったく・・・。
















P1120316.jpg


ねー、なんだかこの写真嫌な気がするでしょー。

これはブログでも前述のルアージュという乗り合いタクシー的な乗り合いバス。



人数が集まると目的地まで出発するっていう発展途上国とかによくある交通手段なんだけど、基本的にはキャパシティー以上の人数が乗ることが多いですねー。



言わずもがな僕もそうですね。





まあまあ、今まではそれでもよかったんだけど、今回の移動は9時間。

このちんけなバンでチュニジア南部のサハラ砂漠のオアシスの村から、チュニジア北端・地中海に面する首都チュニスへ戻るわけです。



スターウォーズの家系の南部の街、タタウィンから首都チュニスまで一気に向かいます。



朝イチで出発して、夕方つきましたとさ。









あー、一言で終わっちゃった。





いやいや、文にすると一言だけど、この中には9時間のストーリーがあるんだぜ!!?

9時間あったら東京ディズニーランドだって朝から遊べるぐらいの時間だぜ!!?

うがぁー!!!でもあそこは千葉県なんだぞー!!!!!

千葉を代表して、声を大にして禁忌を破って言ってやるぞーー!!!!!!!


東京ディズニーランドだって、新東京国際空港だって、東京ドイツ村だって千葉なんだぞーーー!!!!!

千葉は地中温暖化で一番最初に沈む県なんだぞー!!!





ほら、こうやって更新が遅れていくんだね、オレのブログは。












タタウィンからチュニスむかうルアージュはものすごく暑くて、スーパーしんどかった。


中にいた同い年の青年が英語を話せてよくしてくれて助かりました。

彼が休憩のたびになんかオレに買ってくれたり、通訳をしてくれたので、とても助かりました。



しかしその後、僕とfacebookを共有した彼は、facebookを起動するたびにオレにチャットを挑んでくるので、今となってはいい迷惑になっています。

キャプテン翼が大好きなようです。










チュニスのわけわからないところについて、近所の悪がきどもに道を聞き、なんとかチュニス市街地に宿をとりました。



チュニス観光は着いた当初にやっていますが、今回もちょっとフラフラして、別に新しい発見がないことを確認して、ついにチュニジアとの別れです。






チュニジアから次に向かうのは、モロッコ。


チュニジアよりちょっと名前がメジャーになったね。

チュニジア→モロッコ間の移動は飛行機です。



この間を陸路で移動しようすると、間にはアルジェリアという国があります。

このアルジェリアは、チュニジアからは陸路で入れるには入れるらしいですが、アルジェリアからモロッコのボーダーが閉じている。


アルジェリア・モロッコというのも、この辺もまた西サハラの領有問題でややこしくて国交・・・こんな話してもおもしろくないよね。聞きたい人は千葉まで来てください。



まあ簡単に言うと、このアルジェリア、あんまし治安よくないし、袋小路なので、行ってもちょっとこのあと困るのです。


ちなみに結構昔の話らしいですが、アルジェリアはちょいちょい山賊がいて、友人の友人が乗っていたバスが襲われたそうです。

そして彼は1人だけバスから脱出しようとして、スキを見て逃げたところ容赦なく背中をナタでざっくりやられて、百何針縫ったそうです。







要するに、チュニジアから移動する旅人は基本的に飛行機でモロッコに行くのが主流、ということです。



あ、チュニジアから見てアルジェリアの反対側にある、リビアという国は、あの有名なカダフィ大佐の国です。

ちなみにこのリビアでは、独裁者のカダフィ大佐の誕生日に生まれた子供に、カダフィ大佐からヘリコプターや飴ちゃんが送られるそうです。

ヘリコプターなのか飴ちゃんなのかは、そのときの大佐の気分しだいらしいです。













このチュニジア→モロッコ間の飛行機のチケットは世界一周券には含まれてません。

なので、最初にイタリアからチュニスに来た時に取っていました。

旅行会社のオフィスにいってみると、スーパー簡単に取れた。


モロッコのカサブランカ行きのチケットなんだけど、「チュニスエアー」と「ロイヤルモロッコエアー」の2社があります。


そして、オレは名前のかっこよさでロイヤルエアーモロッコを選択。








P1120318.jpg


どん!


はい、こちらチュニスの空港、チュニス・カルタゴ国際空港。(名前曖昧。)

もし、このブログを参考に旅に出ようとしているハイリスクな人がいたら、のために一言アドバイス。

チュニスからの近郊列車に「空港」っていう駅がありますが、空港には大して近くありませんので注意です。





チュニス市街から空港まではタクシー。

流しのおっちゃんを捕まえて、行きました。

このおっちゃんはボってくることもなく、いい人だったので、ちょっとチップをあげました。



やっぱ気持ちよくチップをあげると、もらったほうもあげたほうもとても気持ちがいい。

こういう些細なことって、実は旅では大切。

旅の先輩に教わりました。



いいことをしたらいいことが、悪いことをしたら悪いことが起こる。


たまにチップをあげたり、物乞いにあげたり、そういうことをすることで、僕は旅で一度も危ない目に会わずにすんでいます。

















そんなわけで、空港。




さあここで、よい子のみんなに旅の先輩からのアドバイスだ!!!

空港やら、国境やらでその国のお金が余っちゃった時って、困っちゃうよね!!!


次の国に持って行っても、もうそれはただのコインになっちゃうわけだし・・・、再両替して次の国の通貨に換えたり、ドルに換えたりするのもいいんだけど手数料かかるのが悔しいし・・・。




そんな君に僕が正しい余ったお金の使い方を教えてあげよう!!!















P1120321.jpg


そうだね!!!

ビールだね!!!




空港は街よりも物価が高い分、すぐにお金を消費できるよ!!

これで財布も軽くなって、新しい国に行ける準備もできたってわけさ!!!








あれあれ~?

ビールを買ってもまだお金が余っちゃって困ってる。だって~?



だ~いじょうぶ!!

そんな時はこうすればいいのさ!!!














P1120324.jpg



そうだね!!!

2本目だね!!!














さらばチュニジア。






次はぁぁぁぁっぁぁあああ










モッコロ!!!!!!!!

















ミス!!

モロッコ!!!!










にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ

にほんブログ村 世界一周<携帯用>
ランキング参加中です。励みによろしければクリックお願いします。
チュニジアかぁー、なんかおもろくてめんどくさくてシュールな国だった。
チュニジアまとめ・「あごがしゃくれてるヤツはだいたいいいヤツ!!!」

一言:飛行機の中で「チキンorパスタ?」と聞かれながら同時にパスタを渡された。
   チキンが食べたかったのにチキンが食べたかったのに、もう嫌いだLAN航空。
スポンサーサイト

theme : 世界一周
genre : 旅行

惑星モデル、クサール・ギレン


マトマタのスターウォーズが撮影されたホテルでスターウォーズごっこを楽しみ、「ヴォンヴォン」言っていた次に向かった街はこちら。




P1120311.jpg


砂嵐でした。


この街の名前は「タタウィン」。



お気づきになられたでしょう・・・。

スターウォーズに出てくる、メインの星!!

「惑星タトゥウィーン」の名前のモデルになってるとこ!!!




P1120297.jpg


宿のちびっこ。



このタタウィンの街に来るには、まず、ガベスという街に行き、またそこから乗り合いタクシーに乗って、長い長い時間をかけてやってきた街。

まあ他の街同様、やっぱりこの街自体にも大して見るものはないんですねー。




じゃあなんでこの街に来たのか・・・。

なんか毎回同じこと言ってるな。








P1120230.jpg



じゅわん!!!!!!

ここはやっぱりスターウォーズの撮影に使われていたところ。


ルーク・スカイウォーカーの家です!!!

奴隷居住区として使われていたところですね。







P1120251.jpg


ここは「クサール・ハッタダ」というところ。

タタウィンからタクシーと交渉してやってきました。


本当は公共交通機関で来たかったんだけど、どうにも情報は古く、見つからなくてタクシーで来ちゃいました。





P1120226.jpg


こーんな砂漠の道をずーっとタクシーの運ちゃんと二人で行きます。




P1120223.jpg


道中にはこんなヤシの木。

砂漠だからちゃんと水分を蓄えられるような構造になっているんでしょうね。(推測)

まあ確かに中開けたらみずみずしそうだね。







P1120266.jpg


っさあ!!!

ではこのクサール・ハッタダだ!!!




元々「クサール」というのは集合住宅で、この地に住むベルベル人の伝統的な家屋でした。

日干しレンガでできていて、日本で言うところの長屋みたいな感じ。




P1120268.jpg


こちらは内部。

ツーリスト用のカフェになっていました。



中は基本的に2階建て、もしくは3階。

1階が台所になっていたり、ちゃんとトイレも家の中にあったります。







P1120252.jpg


ツーリスト用に綺麗にされたところも多いけど、少し奥に入ると遺跡のようになっているとこもある。

こちらは廃墟のように今は人の住んでいないクサール。



階段があって、ちゃんと人が住んでいた気配がありました。


これはベルベル人の伝統的な家屋ですが、今でもこういうとこに住んでる人がいます。

ここはもうツーリスト用になっているけど、他の小さな村では今でもこういう家を見かけます。






P1120273.jpg


タタウィンの街周辺にはいくつかこういうクサールがあって、それをめぐるツアーも多くあります。


ただオレは行かなかったんだけどねぇ!!!




この周辺はやっぱり砂漠。

オアシスの村があって、その周りに村があるようになってる。


まあオレはチュニジアに来て、砂漠のオアシスの村を転々としてまたチュニスに戻ったんですがね。





P1120255.jpg



さあ、ここの感想ですが、意外なことによかった!!!

意外なこととか言うのはとても失礼ですがね。




正直スターウォーズゆかりの地ってことで、なんとなく行ってみただけで、そこまで期待はしてなかったんだけどね。


なんともまあ、世界でここにしかないもの、ってのを見るのはいいものだなと思わされる場所でした。



似たようなものも全く見たことないし、世界中でここにこないと知れないもの。

それを見れることはとても有意義で、興味深いです。



ここは手が加えられていることもあって、世界遺産じゃないんだけど、これは世界遺産でもいいんじゃないかなと思いました。







なんだか適当っぽい記事になってしましたが、実はチュニジア最後の観光の街でした。














にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村 世界一周<携帯用>
よろしければクリックお願いします。とても励みになります。
もうね、本当のところ・・・しっかりした記事を書けるほど・・・
そんなに覚えてな・・・

一言:ついに行ってきてしまった・・・マチュピチュ・・・!!!
    雨の中、耐えに耐えて見れた景色は絶景でした。

theme : 世界一周
genre : 旅行

目指せジェダイマスター・マトマタ


砂漠ツアーで砂漠を満喫し、ラクダにこれでもかとラクダを満喫させられた後に向かったのは、さらに東。

ツアーに参加したドゥーズからやっぱりルアージュという乗り合いバスで次の街を目指す。


サハラ砂漠を東へ東へ。





P1120191.jpg


おおっ!!!!!!!

なんかアフリカっぽいぞ!!!


やってきた街はやっぱり、サハラ砂漠のオアシスの街。

その名もマトマタ。


なんかいい名前。

マトマタ。





P1120116_20101207021913.jpg


いやー、この街に来るのなかなかしんどかったんんだから・・・。

途中でバスを乗り継いで、なんでも新マトマタと旧マトマタって別の街があって、わけわかんなくて、それはまるで第三新東京市みたいで。




とにかくこの街は小さな街。

砂漠というか土漠のような、赤っぽい荒野が広がる大地。


P1120184.jpg


少し村を出るともうそこはだだっ広い荒野。

この辺まで来ると、アラブ人だけでなくベルベル人も多い。

まあ見た目では違いが分からないんだけど。




P1120124.jpg


チュニジアはイスラムの国だから、今までもやっぱりイスラムの色が残っていたんだけど、この街になると少し違う。

イスラムよりも、なんとなくアフリカっぽさを感じる。

黒人さんもいて、ガタイいい。


あぁー。ついに来たのかアフリカ・・・。

そんなことを自然と感じる街。








さあさ、この街には何があるのかというと・・・。





P1120169.jpg


じゃん!!!

こちらオレが泊まった宿なんだけど、なんとも変な形でしょう!!!



まず、この横穴住居的な家ですが、これはベルベル人の住居です。

これはちょっと加工がしてありますが、ベルベル人はこういった住居に住んでいて、この街では現在でもこういう家で暮らしてる人がいます。


本当は現役の家を見せてもらったん・・・否!!!無理やりバイクの後ろに乗っけられて、ツアーという名の二人乗りで連れて行かれたんですが、なんともオレのミスで写真が消えてしまったために現役の写真はありません。


次回のブログで似たような家がでてきます。







まあまあ、とにかくこんな感じの家々なんですが、なぜこれをわざわざ見に来たのか・・・。



P1120168.jpg


さあ!!!!!

このシーンを覚えていないだろうか!!!!!



たぶん98%の人は覚えていないだろう!!!




やっとここで正体を暴きますが、このホテルはスターウォーズで使用された家。




あのルーク・スカイウォーカーの家です!!!

この辺はルークが幼少に時代住んでいた、奴隷居住区として撮影されているのです!!!





P1120178.jpg


上から見るとこんな感じ。



このホテル自体はそこそこ安い。

でも泊まる人は少なく、欧米人観光客がツアーで訪れて、写真を撮って帰っていきます。



もちろん1人で滞在したオレは、1人でスターウォーズごっこをしなければいけません。


「ヴォン・・・ヴォン・・・」

と1人でライトセーバーを振り回さなければいけません。

敵はその辺にいたネコです。


オレの中で、そのネコはヨーダに変換されていました。



そしてそれを欧米人観光客に写真に撮られるのです。





P1120137.jpg


気分は立派なジェダイの騎士です。

欧米人は「ラストサムラーイ!!」と大喜びです。

ネコは迷惑そうです。

オレは「ヴォン!!!ヴォン!!!」と大満足です。





P1120119.jpg


ヨーダと、いえネコと戦っている間に、アフリカの日は沈んでいきます。


これでオレもジェダイマスターです。














にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村 世界一周<携帯用>
おもしろければクリックお願いします。とても励みになります。
「ヴォンヴォンヴォンヴォンヴォンヴォンヴォン!!!」
「・・・・・・・・・・ヴォン!!!」 グハッ

一言:気付けばペルー入りしました。
    アルパカってあったかいし、おいしい。

theme : 世界一周
genre : 旅行

サハラの誘惑・三度目の砂漠ツアー


どうもみなさんこんにちわ。


まあそんなこんなで僕の旅はついにカウントダウン段階に入ったわけです。

前回の記事ではなんだか感慨深く書いてしまいましたが、ほとんどがセルフタイマーで僕が走ってあの体勢をつくっていることを思うと、とても心を打たれると思います。



そんな感じで、リアルワールドのオレは世界一周の旅があと30日を切ってしまっているわけですが、ブログの中のオレはまだ9月!!イェイ!!


ブログの中のオレは次にどこに向かったのでしょうかねー。



はい、そうです。


砂漠です。




P1110864.jpg


どうもみなさんこんにちわ。

タリバンです。



いやまあタリバンです、とかシャレにはならんとは思うんですけどね。


ヨルダンでやっぱり砂漠ツアーに参加した時に、たまたま日本人団体観光客に会ったんですね。

そのときの彼らの格好といったら、サングラスにターバン。



観光客「ハーイ、タリバンのみなさんこっちむいてくださーい!!」



新「はっっ!!!タリバンごっことか、国際情勢なめてんのかよ。そんなん冗談にならんだろ。全く小さな島のイエロモンキーが・・・


 (うおーーーーー!!!!!!超やりてぇ!!!タリバンごっこ超やりてぇ!!!facebookのプロフィール写真にしてぇ!!!)」




ということがあったわけで、まあ要するにオレも超やりたかったわけで、そんな感じで満を持してまたもややってきてしまった砂漠ツアー。



それでは本編に移りましょっか!!!






P1110992.jpg



はいィィッッ!!!!!!

やってきたのは、チュニジアの南部にあるドゥーズという小さな村。

その村については前述ですね。

やっぱりこの村もサハラ砂漠にある小さなオアシスの村。



この村からは砂漠ツアーが有名です。



砂漠ツアーもたくさんあって、ジープで3泊ぐらいしてサハラ砂漠をどんどん南下して、大砂丘の中にあるオアシスに行くツアーもあったり、何週間かかけてラクダで砂漠を横断するツアーもある。



そして、僕が参加したのは、ラクダで村から3時間ぐらいいったところで1泊して帰ってくるツアー。


だって、他のツアー結構高かったんだもん。結構な勢いで。

本当はサハラ砂漠をずっと下ってみたかったけど、高いんだもん。



P1110875.jpg


というわけで、僕の相棒はこちら!!!


名前はシガレット君です。

オレがつけました。

camelというタバコがあるからってだけですね。


そして好感度をあげるためだけに言いますが、僕はタバコを吸いません。






P1110861.jpg


こんな感じで砂漠をゆらゆら行きます。


さあ今回のメンバー紹介だ!!!!!




「あれ・・・?アジア人のカップルだな・・・日本人ではないと思うけど・・・。中国人かな・・・?」


「ハーイ、スーザンよ。よろしく。」

「アレックスだ。どうも明日までよろしく。」


「ア、え・・・あ、はい。あのお二人ともご出身はどちらで?」


「フランスから来たんだ。中国系フランス人ってやつさ。」


「お、おフランス!!!」




「あ、どうも。こちらはご家族でご参加ですか。」

「そうさ!!!俺たちはカナダ人だぜ!!!」

「あ、じゃあ英語で大丈夫ですね。ヨカッタ。」

「いや、俺たちはカナダのケベックから来たんだ!!だからフランス語でアデュー!!!」




ここでよいこのみんなにわかりづらいオレのピンチの解説だ!!!


まず、一組目のカップルだ。

こいつらはオレと大して変わらない顔をしていながら、おフランスの出身であるといらっしゃる。

もちろん、フランス人であるということは、英語は話せるわけである。

しかし、母国語はフランス語。




そして、二組目のご家族だ。

こちらはカナダ人の家族という。

カナダ人の旅人は確かに少なくない。

しかし、前述の通り彼らはケベック州出身であるという。

ここで地理学科の気持ち悪い解説だが、このケベック州というのは、実は元はフランス。

今でも英語でなく、フランス語を話している地域で少し昔まではカナダからの独立を目指していた地域である!!

ちなみにモントリオールオリンピックは、カナダ政府が「ちょっとおまえら、暴動とかやめて!!ケベックの州都モントリオールでオリンピックやってあげるから!!」ということで、決まったという背景が・・・





そして、第三の恐怖。

このツアーを誘導してくれるおっちゃん達だ。

彼らはもちろん現地のベルベル人、という人種。

彼らが話す言葉主に、ベルベル語。

しかし、やはりチュニジアも元はフランス領で、みんなフランス語が話せるのである。





「あ、あの・・・オレ、フランス語ダメなんだけど・・・英語で大丈夫だよね?」


一同「ウィ。(yes。)」



と、いうことでフランス語が飛び交う中、シガレット君と日本語で会話を試みる、孤高のオレの砂漠ツアーが始まったのだ。




P1110866.jpg


ベルベル人のラクダ引きのおっちゃんたち。

彼らが先導にして、我々はラクダに乗って、ただ砂漠をゆらゆら行くわけなんですがね。







ラクダ全然ラクじゃねぇぇえ!!!!!!

これはラクダツアーに行った人が必ず言う鉄板の台詞なんですね。



P1110857.jpg


まあもちろん、鉄板写真は撮っておくわけなんですがね。


この写真が軌跡の一枚とも言うべき一枚で、もうもんんんのすごく揺れる揺れる。

もうね、本当乗り心地はひどいもんです。


たまに走ると、もうガクンガクン。


砂丘ってのは基本的に、丘を登ったり下ったりするもんで、もうそのたんびにしっかり握ってないと振り落とされること必須です。




P1110837.jpg



ラクダってのは遠くから見るとかわいくないけど、近くで見てみるとやっぱりかわいくない。





P1110870.jpg



微妙に雲がある。

もちろん昼間は暑いけど、日が沈んだ瞬間から寒くなります。





P1110867.jpg


やっぱ撮るよね。

ターバンがいいよね。





P1110969.jpg


こちらが今日泊まる宿。

砂漠の中にポツンとあるキャンプ地。



よく考えると、ここまでなんにもない砂漠なのになぜこのおっちゃんたちは、話しながら普通にここまでたどり着けるのか!!

目印なんてないし、砂丘の形だって日々変わるはず!!!


・・・これが噂に聞くベルベルGPSってやつか・・・。




P1110974.jpg


クワガタがいた。

あとフンコロガシとかもいた。



びっくりすることにキャンプのそばには、ネコがいた。

そして、なんとアヒルもいた。

でも長澤まさみはいなかった。




P1110955.jpg



なんとか砂漠のキャンプ地について、夕飯ではベルベルの料理をいただく。

これがなかなかうまかったんだけど、まあ会話はフランス語なので、全然オレは仲間に入れない。


ふとした瞬間に英語で会話を試みてくるからいちいちビクビクしてなきゃいけませんでした。




P1110919.jpg


そして夜は恐怖のダンスタイム


夕飯が終わるとマットレスを外に出して、砂漠で寝る準備。

そのマットレスに座って、ちょっとしたキャンプファイヤー。


お茶を飲んでいると、どこからともなくおっちゃんがベルベルの太鼓を叩きはじめて、どこからともなくおっちゃんが踊りだす。



そして座ってそれを見ていたオレが、おっちゃんに立たされるまで、そう時間はかからなかった。

激痛のダンスタイムなのだ。




まあなんとかそれとなく、ギクシャクダンスを披露して、しれっと逃げて、太鼓を取り太鼓に逃げました。




ベルベル人とのセッションてのもおもしろいね。

伝統的な音楽に変拍子いれてやった。










砂漠ツアーはなんとこの旅で3回目なんだけど、3回ともやっぱり砂漠にマットレス敷いて、星空の下で寝ました。

もうオレどんだけ砂漠好きなんだ。






もちろん翌日に戻るのもラクダで、もうもんのすごくお尻が痛かったです。

















にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村 世界一周<携帯用>
よろしければクリックお願いします。とても励みになります。
ちなみに砂漠での宿泊はこれが最後でした。
しかし、その後も僕は砂漠に行き続けます。

一言:うわぁぁっぁぁぁ!!!!!!気付けば12月!!!!!!!!!
    1ヵ月後は・・・正月・・・。こたつでぬくぬくしてるのか・・・。

theme : 世界一周
genre : 旅行

小さなオアシス・ドゥーズ


チュニジア南西部、サハラ砂漠の玄関口のトズールを出て、次は東へ向かう。

ここから先は基本的に砂漠や荒野が続く地域。



・古代ローマの遺跡とか、そんな感じのものたち。
・スターウォーズの舞台になったベルベル人の住居とか諸々。
・サハラ砂漠を筆頭とする、砂漠系のアレ。

の3つが主な見所のチュニジアでも、気付いたら砂漠好きになっていたオレはやっぱり砂漠系の見所へ。

下2つを見ていくことに決定。



チュニジアでは南部の砂漠のオアシスの村々を転々とすることにしたワタクシ。




トズールからルアージュという乗り合いタクシーで移動する。

このルアージュは人が集まり次第出発する6,7人乗りのタクシーというか、バン。

バスよりも使い勝手がいいからずーっとこれを使ってました。






P1110814.jpg


うおっ!!!塩湖じゃん!!!!!


トズールから向かうと決めたのは、ドゥーズという小さな村。

そこへ向かうルアージュは、なんと塩湖をつっきる道を走ってた!!


道路は塩湖の端のほうを通るので、一面真っ白、という世界にはいけなかったけど、周りにはなにもない。

砂漠と白い塩。






P1110815.jpg



ちょいちょいこうやって、塩が盛られて悪魔祓いをしてる。

嘘です。たぶん塩の生成。

たまに塩のオブジェがあって、おもしろかった。





さあ、ドゥーズという街に直通で行くルアージュはないので、ナントカーって街に行って乗り換え。

確か全部で4時間ぐらいの移動だったけど、そんなに長くは感じなかった。

旅では4,5時間なんて短距離移動ですからね。








P1110817.jpg


おっ!!!

なんかいい像!!!

砂漠のオアシスぽいぞ!!!


たどり着いた街は、これまたオアシス。

ドゥーズという街。


街自体は本当に小さなところ。

ただ、ここはもうサハラ砂漠の中の街!!


だから砂漠ツアーがとっても有名なのだ!!!




P1110826.jpg


もう既にエジプトとヨルダンで砂漠ツアーに行っている僕ですが、やっぱり裁くツアーに参加するためにここへ来てしまいました。

本当、どんだけ砂漠が好きなんだ。



でも砂漠ツアーが好きな理由はちゃんとあるですね。


なにより、初めて行ったエジプトの砂漠ツアーが月のない夜で、本当にものすごい数の星を見たのが忘れられなくて。

それに、あの何もない空間、音もない空間で1人でポツンとしてるのがなんか好きで。


それにここはサハラ砂漠!!!

やっぱあのサハラ砂漠に来たら泊まらなくちゃ!!!





P1110818.jpg

この街を拠点にたくさんのツアーがあります。


ランクルに乗って、本当に砂漠の奥地にポツンとあるオアシスに行くツアーだとか、

あとは何週間もかけて、ラクダで砂漠をひたすら行くツアーとか。






P1110823.jpg


ドゥーズというこの街は、観光客用のものがいくつかあるけど、それでもあくまで地元的な村。

ただ、英語を話せる人が結構いたので実に助かった。




チュニジアのサンドイッチはめちゃくちゃでかくて、しかも辛い!!!

辛さは調節できるけど、辛いもの好きのオレはもちろん現地の人と同じ辛さで頼む!!


いやー、水がないときつい!!!

でもこのクソ暑い砂漠じゃ、がっつり辛いものや甘いものがとても体に効く。


大きさはたぶん女の子じゃ残しちゃうんじゃないかってぐらいのが、1ドルぐらい。

こいつはすげぇぜ・・・。








P1110816.jpg



1週間前までヨーロッパにいたなんてもう信じられない光景ですね。


砂漠のオアシス、ドゥーズ。



この街については、まあこんなとこでしょうか。




次回のブログは、やっぱり砂漠ツアーのことについてです!!


エジプトやヨルダンではジープでブイブイ砂漠を行っていましたが、







P1110961_20101125132403.jpg



今回はこいつでブイブイ言わせてやるぜ!!!







実際は相当ブイブイ言わされたんだけどな!!!















にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
ランキング参加中です。クリックして下さると、とても励みになります。
小さな街だと一度会った人に何度も会うことになる。
「後でね・・・後で・・・。」と断ってると、無限に客引きが減らない奇跡。

一言:ご一緒させてもらった日本人に肉じゃがをご馳走になりました。
    やばい。泣く。めちゃくちゃうまい。やばい。肉じゃがやばい。泣く。

theme : 世界一周
genre : 旅行

プロフィール

あらた

Author:あらた

 小さい頃に国旗のぬりえにはまり、それ以来地理が大好きになってしまった可愛くない幼稚園児時代から全ては始まった・・・。

 世界地図を眺めていたら旅へ出てしまった、よくいる休学大学生。

 世界中を歩いて歩いて、感動したり、激怒したり、飲んだり飲まれたり、聖なる剣を探したり、手から炎だしたり、世界を救ったり。そんな僕も世界中の旅人と「よい旅を」と握手をし、2010年末帰国。でもブログはまだ続いています。

 はぁーーたまごかけがご飯がうまい。

最新記事
最新コメント
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
648位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
215位
アクセスランキングを見る>>
著者の本棚
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

世界一周ルート・一言コメント

より大きな地図で 世界一周を表示
世界一周早見表↑
ルート・一言コメント・写真があります。
世界一周ランキング
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
カテゴリ
カレンダー

07月| 2017年08月| 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


お友達旅人ブログ
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。