FC2ブログ

神の怒りとオレ達の白旗・メテオラ

さあさ、前回の最後の写真で「やべぇぇぇ!!!」となった読者もいるだろう!!!



訪れた街の名はカランバカ。

アルバニアとかいうわけわかんない国から出てきて、最初のギリシャでいきなりのビッグポイント!!




それではまずは読者諸賢が興味を示すようにその一部をごらん頂こうか・・・!!!






P1100740.jpg




うおおおおお!!!!!

なんだこの景色は!!!


ものすごく中二病心をくすぐる!!!

最近このブログで「中二病心」という単語が出すぎな気がするけど、くすぐるんだからしょうがない!!!



FFの世界みたいだ!!!

オレFFやったことないけど!!!













ギリシャ・カランバカの街は言ってみれば観光基地の街。


そのカランバカの街は前回のブログで紹介したように、すごい奇岩に抱かれるようにしてある街。


カランバカの背後にそびえるこの奇岩たちは「メテオラ」という地域。

ここはその奇岩と、なんと奇岩のてっぺんにある修道院が見所の世界遺産。




カランバカの街からバスが、メテオラの奥のほうまで出ていて、それに乗ってまずはメテオラの一番奥。

奇岩の高いほうへ向かいます。



そこでまず最初の修道院がこちら。





P1100716.jpg



えっと名前が・・・確か・・・メタモルフォーゼ修道院とかそんな名前だったんだけど・・・。

忘れたので割愛!!!

調べる気なし!!!



まあそんなオレのやる気は置いといて、こんな風に奇岩の上に修道院がくっついているんです。



ここは、自然と文化のどちらとも世界遺産である、複合遺産。

オレが一番好きなタイプの世界遺産です。





P1100782.jpg



バスを降りて、ここからは基本的に下り坂なので、オレはカランバカの街まで歩いて帰りつつ、その途中で色々な修道院に寄ってみるコースをつくりました。

歩いたほうが、絶景ポイントがあるからオススメ!!!





P1100838.jpg



こんだけやばい奇岩たち。


これがどうやってできたのか、みんな気になるよね!!!



「山手線ゲ~~ム!!お題はーー?」

「山脈~~!!!」

「エスブルース山脈!!!・・・モワイヤンアトラス山脈!!!・・・・・・」


と飲み会で大盛り上がりのこの地理学科にお任せだ!!!







実はこの奇岩たち、神が怒っちゃって、天界から岩を投げたからできたのだーーー!!!






P1100799.jpg



上記の理由でみなさん納得していただけたかな!!!



正直に言おう、これは地理学科もお手上げ!!!

なんと未だにどうやってできたか解明されていないのだ!!!





大学の地質学の教授、ある分野においては世界的な権威を持つ教授でさえも、

「全てが科学で証明できるわけではない。ここよくわかんない。」

と授業で言っていた場所なのだ!!


すげぇぜメテオラ!!!!!







P1100774.jpg



一応の科学的根拠は、昔はここは湖の底の地域で、この奇岩は湖の水面にあったもの、というものが通説。

しかし、いまだに裏づけはできていないという。



地理学科に通う身でありながら、オレはもう科学なんてどうでもいいぜ!!!

ここはゼウスが神のくせに大人げなくキレて、岩を投げつけたとこなのだ!!!





P1100747.jpg



そしてここにはもう一つ、不思議なことがある。




むかーしむかしの旅人がこのあたりを通ったことがあるらしい。



この地域は台地やらの地域で、草原とかがひろがっている地域。

その中にのこのやたらおかしな奇岩がいきなりドーンとそびえているのだ!!


だから普通はここを通れば間違いなく、ここに目が行くはず。



しかし、昔の旅人はいっさいこの奇岩について触れていないのだ!!





P1100802.jpg



そうなってくると、どうやってここができたのか・・・。

ある日突然、この岩が現れたとしか考えようがない・・・。



そっか、やっぱゼウスの野郎だな!!!







P1100737.jpg


そんなわけで、しっかり中二病心を補充したオレ。

しかし、ここで中二病を感じるのはオレだけではない!!!



ここにいくつも修道院が建っている訳。


それは神の投げた岩の上に修道院をつくることによって、できるだけ神に近づこうとしたからなのだ!!!


だからこうやって、岩の上にわざわざ修道院をつくり、観光客もいちいち階段を登らなくてはいけないのだ!!!







P1100755.jpg



修道院は曜日によって開いていない修道院もあるけれど、大抵は入れる。


中には尼さんの男子禁制の修道院もあります。

観光客は入れるけど。








815


修道院は天空の城ともいえるような立地。


ぜひとも高所恐怖症の人と来て見たい。

ぜひおびえてるところを見て楽しみたい。



できれば女の子がいい。


華奢でいつもはコンタクトだけどたまにメガネの。





P1100749.jpg



なんつーか、いやまあすごよね。


本当、アニメやらゲームの設定みたいな世界がここには広がっているんです。

現実は小説より奇なり。





P1100804.jpg



ちなみに僕はここで、2ヶ月に1回ぐらい来るよく転ぶ日が到来しました



別に「わたし、よく転ぶんですー。なんにもないとこで転ぶんですー。」っていうドジっ子アピールじゃないぞ!!

むしろそういうドジっ子はあまり好きくない!!!


なにより、体育会系男子のドジっ子アピールに何の意味がある!!!





「・・・わっ!!」コテン

「・・・(だ、誰も見てないよね・・・?)」キョロキョロ


オレ「見たぜ。」ニヤニヤ

「・・・ハッ!(///)」



ていうタイプ派だ!!!





そんなことはいいとして、断じてドジっ子ではないオレだが、とにかくよく転ぶ日が来たのだ!!!

こんな天空の城で!!!



カメラを構えていたところ、階段を踏み外し、キレイに地面にフライングクロスチョップ!!!

カメラのレンズからジャンピングボディプレスをした結果、見事にレンズが粉々に!!!


幸いにも、レンズの上にガラスのプロテクターをしていたためにプロテクターが割れるだけで済んだ。

プロテクターのガラスを取り除き、なんとかカメラとして使えるようになったけれども、プロテクターの縁が変形してレンズにめりこむという事態!!!



きっと読者諸賢は、この解説ではわけわかんないと思うけど、結果から言うと、この先オレは一眼カメラにレンズ最終防御壁なしで、残りの旅をせざるを得なくなった!!!


これは、ヤシマ作戦で綾波レイがいない状況と同じなのだ!!!
(わからない人はエヴァンゲリオンを読んでみよう!)



笑えばいいと思えない!!!







P1100820.jpg



こちらはオレ的絶景ポイント。


歩いて道を下っていかないと辿りつけないポイント。

道路わきの石の上です。





さあここで、ラミエルの攻撃に16秒耐える盾を失った一眼カメラ持ちのオレからのちょっとしたアドバイスだ!!!
(わからない人はエヴァンゲリオンを読んでみよう!)


こういった絶景ポイント探しに大事なのは、店で売ってる絵葉書!!


まず絵葉書を見て、このアングルいいなと思えばその撮影ポイントをあらかじめ考えておくのだ!!

周りにある景色とか岩とか家を覚えておけば、きれいな絵葉書と同じような絵になるてわけさ!!!









P1100869.jpg



そんな感じで、バスでメテオラの奥まで行き、歩いて下っていくと、カランバカの前に小さな村があります。

こちらもメテオラの大地に抱かれたいい感じ。



そこを通って、カランバカまで歩いて帰りました。


夜は気持ちよくビールを飲めました。


















にほんブログ村 世界一周<携帯用>
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村<PC用>
よろしければ↑を1クリックお願いします。
メテオラはいつかまた彼女と来てみたいです。
いつもはコンタクトだけどたまにメガネの。

一言:パラグアイでラーメンを死ぬほどおいしく食べました。
    その結果ウルグアイに行けなくなりました。
スポンサーサイト

theme : 世界一周
genre : 旅行

急に晴れたな・・・さすがはギリシャ!!!カランバカ


ギロカスタルからはギリシャのイオアニアへ向かう国際バスがあると、宿のおじさんに聞いて、翌朝早く起きる。


ギロカスタルは結構斜面がしんどいし、道もわかりずらくて、バスターミナルまで遠いので、タクシーのおじさんを呼んでおいてもらう。





タクシーのおじさんは、昨日オレを飴で釣ったおじさん。

乗客は飴で釣られたオレ。




バスターミナルまで行って、バスに乗ろうとするとなにやらおじさんが他のおじさんと話し始める。



※『』はボディランゲージ通訳

『・・・おい。タクシー戻れ。』

『ん?なになに?だってバスターミナルここ・・・』

『今日もう空席ないんだと・・・。』

『マジで!!!だってまだ朝7時半だぜ!!!』

『仕方ない・・・。乗れ。』



というわけで、なんか知らんけどかっこよさげなおじさんに連れられ、またタクシーで雨のハイウェイを走る。



向かった先は・・・。





P1100694.jpg



そう!!!

国境!!!!!



こちらはアルバニアからの出国ゲート。


普通こういうところは写真撮っちゃいけないから、写真が斜めになっていることで、その時のオレが隠し撮りをして緊迫していた心情を察していただきたい!!!




もちろん、きちんと追加料金は取られて、おじさんとはここで別れる。


というわけで、アルバニア出国!!!





本当はここで「アルバニアとは」のコーナーを設けるんだけどもうめんどくさいからやらない!!!


本当は全部の国やろうと思ってたんだけど、今1ヵ月半の遅れだからもういいの!!!



早くリアルタイムブログにしたいの!!!







P1100695.jpg



というわけで出国スタンプをもらう。


ここでびっくりしたのがアルバニアの出国スタンプだ!!!

なんとこのスタンプ、日付しか書いてない。


なんつーこった!!

これじゃあどこの国なのか全くわからない!!!

別に他国はわかんなくてもオレらだけわかればいいってことか!!!


さすが鎖国をしていた国!!

さすが変な国!!!

この国の変さを知りたい人は、アルバニア最初の記事←こちらをどうぞ!!




そんなわけで、上記の写真はアルバニアの国境を越えて、次の国へ入る前。



先に見える建物は次の国の国境ゲート・・・。








ギリシャ!!!








うおおおお!!!!!

ギリシャなのに国境管理官が英語通じなかったぞ!!!




P1100697.jpg


こちら、国境を出てすぐのバス停。


意外とすぐバスは来た。



「このバス何時出るの?」

「10時15分だよ。」




なんだよ結構待つな・・・。

仕方ない、ちょっと国境付近フラフラするか・・・。



・・・でもまあ別になんかあるわけじゃないんだよな・・・。



あー暇。












ドゥルルン


「出るよー。」

「え!?!?ちょっと待って!!!まだ時間じゃな・・・まあいい乗せて!!!」



あぶねぇあぶねぇ・・・乗り遅れるとこだった・・・。


でもまだ時間じゃな・・・
















あ!!!!!時差だ!!!!!













国境のバス停から向かった場所はギリシャのイオアニナ。







P1100698.jpg



さっきの写真と見比べてもらえばわかると思いますが、アルバニアからギリシャに入った途端に晴れた!!!



すげぇな!!!この差!!!




アルバニアはいた間ずーっと曇ってたのに、さすが地中海とエーゲ海の国ギリシャだ!!!

白い家!!青い海!!!


やっぱアルバニアは悪の帝国だったんだな!!!








アルバニアは山がちな国。

国境から出ると、山を下っていったのか、バスが雲の中を走り、どんどん一気に晴れていき着いたのがイオアニナ。






そして、バスを乗り換え。



ここから向かうのはカランバカという街。


イオアニナからカランバカ行きのバスは何時かわかんなかったけど、久しぶりのヨーロッパぽいとこならなんとかなるだろ!!の発想の元、来てみた。

ガイドなんてないけど、ヨーロッパさんなら!!!




3時間ぐらいバスを待つはめになったけど、無事バスをゲット。








やっぱ悪の帝国アルバニアとはバスが違う!!!

流れてる音楽もオシャレ!!!

英語も通じる!!!

なによりあの中東系のきつめの体臭がたちこめていない!!!











ひさしぶりのヨーロッパらしいヨーロッパだぁぁっぁ!!!!!!!


そらそうだよな・・・、今までヨーロッパといえどオレの旅人レーダーはアジアで旅していたからな・・・。


ギリシャなんてそれこそビッグネーム!!


ギリシャの1つ上におつりがバナナの国があるなんてきっと知ってる人間少ないだろ!!!

さすがヨーロッパ最後の秘境アルバニアだったな・・・。














そして、バスはギリシャ北部、山の斜面を縫うようにして走る。



ヨーロッパらしい田園風景を眼下に見ながら、バスは進む進む。










結構ここの景色もキレイだなー。


いいな、久しぶりにこういう旅っぽい風景。


遠くまで続く道に、田園と田舎町。


ひさしぶりに音楽が体に染み・・・






















うおおおおっっっ!!!!!





なんだあのすげぇやつは!!!!!!!!


こりゃ久しぶりに感動ポイントだ!!!!!!!



噂には聞いてたけど・・・ここまでとは!!!!!!!


なんつーとこカランバカ・・・いや、メテオラ!!!!!!











さあ、この地名を知らない読者諸君は今オレの身になにがおきてるか分からないだろう・・・。





まあまあ待ちたまえ・・・。


もうちょっとの辛抱だ。


詳しい記事は次回だがな・・・。









P1100876.jpg




カランバカの街並み。



確かに晴天のキレイなヨーロッパ。

カランバカはそんなに大きな街ではなく、静かな田舎町って感じ。


バスターミナルも宿もどこにあるのかわからず、とりあえず歩いてみると、客引きのおじさんが来たので、ついていくことに。



アルバニアは完全にネットがつかえなかったので、久しぶりにネットが使えるのがありがたい。

部屋代は、ヨーロッパの中でも安めのギリシャといえど、旧ユーゴ・アルバニアからすればやっぱり高い。






まあそれも仕方ない・・・。


部屋からの眺めはいいし・・・。





さあその部屋の眺めがこちら!!!!!!








P1100874.jpg


・・・ほら、なにやらあやしげなナニガシかが見えるだろう・・・?




きっとみなさんこれが気になるはずだ・・・。










その答えを教えてしんぜよう・・・。



このカランバカの街にはなにがあるのか・・・。

















P1100877.jpg


世界遺産・メテオラ!!!!!!!!!


やべぇ!!!



















にほんブログ村 世界一周<携帯用>
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村<PC用>
よろしければ↑を1クリックお願いします。
このすげぇ岩・・・詳しいことは次回を待たれよ!!
言っとくけど・・・すげぇぜ・・・。

一言:パラグアイの日本人移住区で少し料理を勉強中!!
    友達と料理する時は箸をトントンしながら l(゜▽゜)l こんな顔でいつも待ってるオレが!!!

theme : 世界一周
genre : 旅行

プロフィール

あらた

Author:あらた

 小さい頃に国旗のぬりえにはまり、それ以来地理が大好きになってしまった可愛くない幼稚園児時代から全ては始まった・・・。

 世界地図を眺めていたら旅へ出てしまった、よくいる休学大学生。

 世界中を歩いて歩いて、感動したり、激怒したり、飲んだり飲まれたり、聖なる剣を探したり、手から炎だしたり、世界を救ったり。そんな僕も世界中の旅人と「よい旅を」と握手をし、2010年末帰国。でもブログはまだ続いています。

 はぁーーたまごかけがご飯がうまい。

最新記事
最新コメント
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
1092位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
350位
アクセスランキングを見る>>
著者の本棚
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

世界一周ルート・一言コメント

より大きな地図で 世界一周を表示
世界一周早見表↑
ルート・一言コメント・写真があります。
世界一周ランキング
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
カテゴリ
カレンダー

07月| 2019年08月| 09月
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31


お友達旅人ブログ
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文: