スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドゥブロヴニク+~恐怖のヌーディストビーチ・・・


ドゥブロヴニクで再会した大学の友人関口とは約2ヶ月ぶりの再会。


インドのムンバイから1週間ほど共に旅をしたけど、今回はこのドゥブロヴニクと、日帰りで行ったモンテネグロのみ。


オレがヨーロッパを南下、こいつはトルコから北上してきたので、ちょうどバルカン半島の真ん中で再会ということになったのである。












P1090659.jpg



むかつくww




はい、今回は別にあってなくてもどうでもいい記事です。

でも友人関口がいっぱい出して欲しいっていうので、出してあげる記事です。


ちなみに彼はユーラシアを横断して、ちょうどもう端っこに到達して帰るぐらいかな?





P1090731.jpg


変態にしか見えない。





お互いインドでのきったねぇ姿とは一変。

ちゃんとひげを剃っての再会です。


こいつインドでバンダナかぶってたからな。







ちなみに彼は一眼レフの先輩であり、

「ISO感度とは敏感さのこと。あげすぎちゃうと、敏感になるけど、冷静じゃいられなくなっちゃう。」

と教えてくれました。






P8202525.jpg



恥ずかしながら、僕が決めるとこうなります。



P1090700.jpg

彼が決めるとこうなります。


こいつ下手くそすぎだろ!!!w







そんなわけで、彼と一緒に泊まったんですが、まあ僕がお酒大好きなために、毎晩夜には飲んでたんですね。

なんといっても宿が高台にあって、すばらしい景色だから、そりゃテラスで乾杯したくなるわけで。



P1090938.jpg



こちらが宿からの夜景。

いいね。




そして、ある晩の記念撮影。


P1090933.jpg





またある晩の記念撮影。

P1090942.jpg



こいつ下手くそすぎだろ!!!w






写真1枚目の山盛りパスタにはつっこまないで下さい。

料理できない二人が自炊したところ、パスタ:ソースが3:1ぐらいの割合になりました。







P8202448.jpg


大きいのがオレのです。








ここまでどうでもいいね!!!



ここからが本題だ!!!



ドゥブロヴニクは実はビーチリゾートとしても有名。

旧市街から少し離れるだけで、ビーチがいくつかあって、欧米人観光客にぎわってる。

特にイタリアから近いからイタリア人が多い。






そしてドゥブロヴニクにはすぐそばに島もある。

船で20分ぐらいの、目と鼻の先にあるロクロム島。



こちらもビーチとして有名で・・・なにが有名かというと、我々日本人には全く馴染みのないヌーディストビーチがあるという・・・。



ちなみに!!!!!


僕の名誉のために言っておきますが、僕は行きたいとは言っていませんでした!!!

誰が行きたいって言ったか知らないけど、僕は行く気はありませんでした!!!

男二人のうち、オレは言ってないけど、誰が行こうと言ったか知らないけど、行くことになりました!!!




根がチキンの僕はそういうところに行けばなんだかんだ恐縮してしまうし、絶対的に水着を着てたほうがエロ・・・

おっとオレ達写真出してるからそんなめったなことは言えねぇな・・・。





P1090971.jpg


船から。

ドゥブロヴニクの旧港から船がたくさんあります。







まあそんなわけで、ロクロム島についたんです・・・。



島の中をとりあえず歩いてみるとこんな看板が・・・。




P1090980.jpg





!!!



見たことあるかい・・・?こんな看板。



いや、もちろんカメラ禁止なのはわかってたさ。

ただ水着禁止ってなんだい?





そんなんおそろしすぎやしないかい?




もちろんここからは写真なしの解説になります・・・。







さあ意を決して、この看板の向こうへ向かった我々・・・。



実はこの時すでにビーチには、全裸の人影が・・・!!!!!





・・・マジすか・・・!!!







あまり目のよくないワタクシなので、はっきりはわかりませんでした。


しかし、その姿はおそらく女性!!!


















たぶんおばさんとおばあちゃんの間ぐらいの、ウルトラマン世代の女性!!!<大事!>





・・・幸か不幸か!!!(?)










なんだここは・・・


おそろしい・・・。












ちなみに実際にこういうところに来ると興奮やドキドキは全くなく、なにか得体の知れない不安と焦りにさいなまれていました。


治安の悪いところで、何事もなくそこから脱出しようと早足になるのと同じだね。












ずいずいと、看板の向こうへ入っていくオレ達。



ちなみに水着は着ています。

みなさん自分の持ち位置に着いたら脱ぐっぽいので、それまでは着ていても大丈夫と念じて入りました。

















一気に開ける視界・・・!!!






臨むアドリア海・・・!!!!!











そこはなんと花のパラダイ・・・


















!?!?!




















全裸の男がいっぱいいる・・・!!!










おおおおおおおおおおおちつけ!!!


おおちつけオレ!!!!!

















・・・そりゃそうさ!!!!!






きっと入り口には純粋に清らかな心で見せびらかしたい紳士がいるだけだ!!!




















息を整えろ・・・





そ、素数を数えるんだ・・・。







1・・・3・・・5・・・7・・・9・・・












ここまできたらやはり、土産話に少しぐらいいい思いして帰ったっていいだろう・・・







まだ奥がある・・・










きっと奥には花のパラダイ・・・

















!?!?!


















全裸の男がいっぱいいる・・・!!!








パパパパパパラダイスキッス!!!






おおおおおおおおおおおおおおおちけつ!!!!!











この時オレの旅人レーダーがパターン赤を示した!!!







背後に気をつけろっ!!!!!!


全神経をおしりからそらすな!!!!!!


















そうして、まるで狼の檻に放り込まれた羊のように、小さくなって一路来た道を引き返すオレ。


まだ名残惜しそうな友人はいいとして、今のオレは初めてインド・デリーに深夜に着いた時と同じ焦り。













きっと自意識だとは思うが、たくさんの好奇の眼差しをひとえに受けながら脱出を試みるオレ。





そして、次々表れる全裸の男性とポケットモンスター!!!






ごくごく自然を装い、「あれ?道間違えちゃった。戻るね。」って感じで極力人に近づかないように道を選ぶ。









ちなみに!!!!!!


一応言っておきますが、女性もいました!!!!!







きっと昭和40年よりは前の生まれの方々だと思います!!









結果的には、男性96%ぐらいかな!!!


これにより僕にとって「ヌーディストビーチ」とは、「熟女と野獣」という認識になりました。











みなさん、ぜひ一度行ってみることをオススメします。














P8222675.jpg


眼鏡とれよ!!!





P1090981.jpg




そんなわけで、なんとか脱出できた我々は普通のビーチで、アドリア海を満喫しました。


めちゃくちゃ水冷たかったから、昼寝が主でした。




めでたしに限りなく近いなにか。










P1100041.jpg













にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
おもしろければ1クリックお願いします。
なんか悪いように書いてるけど、同性愛に関して僕は肯定派です。
ただ、この旅、非常にモテ期なんですよね。

一言:・・・10月の水シャワーはロックすぎるぜ・・・。
    夜のモロッコは15度前後だってのに・・・。
スポンサーサイト

theme : 世界一周
genre : 旅行

「まぁーっじょこさぁーん!!」ドゥブロヴニク


プリトヴィッツェからザグレブに戻り、翌日の夜行バスで一気にクロアチアの最南端部まで下る。

ヨーロッパでは主に列車移動をしてきたけど、ここからは列車がまだないところも多くなるので、バス移動が主になるんだな!!



P1090996.jpg


おちょぼ口



クロアチアってのは変な形をしているので、移動も時間がかかる。

ザグレブから一気に向かったのはドゥブロヴニク。



ドゥブロヴニクって知ってるかい!!!

少し旅行好きならその名を知ってるかもしれない!!!
ひょっとしたらテレビで見たことがあるかもしれない!!!



知らない君もこう言ったら一気に来てみたくなるぜ!!!



魔女の宅急便の舞台!!!






P1090634.jpg




うあ~~!!!!!!!!

なんだこの花束持ってる人!!!!!!

めちゃくちゃ絵になる!!!!!!!!

オレの彼女かと思った!!!!!




P1090642.jpg



うあ~~!!!!!!!

なんだ右下のむかつくポーズしてる草食系!!!



え~、大概のみなさんは興味がないと思いますが、僕はここで友人と再会しました。

彼の名は関口。自他共に認める草食系であり、大学の「ゼミ」のことを常に「ゼミナール」と呼ぶ八王子代表だ。


こいつはオレと大学の学科、ゼミが同じであり、同じように1年休学して就活もせずにフラフラしている奴。

オレは世界一周で、関口はユーラシア大陸横断をしている。

関口とは日本を出てから、インドのムンバイで再会して以来、2回目の再会。

ムンバイの彼の初登場回では確か、「けいおん!では律派である。」と紹介したはずだ。

ちなみにオレもだ。

というのも実はこの草食系は見た目によらずドラマーで、オレはギターだが、一緒にバンドを組んだことはない。


どうでもいいけど、旅人ってバンドマン多い気がする。








P1090607.jpg



さあさあ、気を取り直してドゥブロヴニクのことだ!!!


 
オレと関口の再会については次回のブログ、

『ドゥブロヴニク+・恐怖のヌーディストビーチ

にてご紹介しよう!!!

なんてウキウキする題名だろうね!!!





P1090559.jpg



ドゥブロヴニクは実はクロアチアの飛び地。

といっても、本土から13kmだけ離れてる飛び地で、パスポートチェックはなく、その13km間に警察官がバスに乗り込んで降りないように見てるだけ。

飛び地って感じはあんまりない。





P1090960.jpg


「海の見える街」の代名詞を持つドゥブロヴニクはなんともシャレオツなところ。

「アドリア海の真珠」と呼ばれるその街の美しさは世界的に有名。


港も大きくて、新鮮な魚介が食べられるだけでなく、イタリアやアドリア海に面する国々への船もたくさんある。


アドリア海のヴェネツィアとも呼ばれるらしい。






P1090958.jpg



ドゥブロヴニクは今では一大観光地。

もちろん物価もなかなかのものだけどね・・・。

しかもハイシーズンに来てしまったからさあ大変!!!


宿はあらかじめネットで取っておいたけど、本当に選択肢が少なくて大変だった。

夜、街中で韓国人の女の子二人組に「どこの宿泊まってる?そこ空いてるかな・・・?」と聞かれました。

きっと宿を飛び込みで取ろうとしてきたんだろうけど、どこもフルだったんでしょう・・・。おそろしやハイシーズン。

ちなみに彼女達がその後どうなったかはわかりません・・・。



それだけ今では大人気の観光地ってことです。







P1100009.jpg



ドゥブロヴニクで見るものといえば、それはもちろん旧市街の街並み!!!

昔ながらの街が残っていて、城壁にかこまれている旧市街。

しかもこの城壁ってのが海から街を守るように建っていて、オシャレ!!


この街並みは世界遺産に登録されていて、世界中の観光地でも結構トップクラス。




P1090594.jpg



これまでのヨーロッパは少し涼しかったりしたのに、ドゥブロヴニクは一気に暑い!!!

南国を感じる気候。

そう、ついに地中海性気候に入ったのだ!!!!!


地中海リゾートを感じる、オレンジの木々が似合う海と海岸のリゾート!!!

ちなみに本邦初公開ですが、僕はオレンジが嫌いです!!








とにかくここドゥブロヴニクはその旧市街の美しさが有名。

それを一望できる山があります。その名をスルジ山。


ドゥブロヴニクは海と山に挟まれたところにあるってことです!!!

うわぁ!!おしゃれ!!!




P1090683.jpg



こちらがそのスルジ山から見たドゥブロヴニク旧市街の全景。

ほら、行きたくなっちゃったでしょ?

この写真を撮るためにこの山を一生懸命登りました。そこそこしんどかった。

ちなみにロープウェイもあるようです。




尚、オレたちは山から帰り道を間違えたために、とんでもなく遠く、隣町まで歩く羽目になりました。



P1090796.jpg



帰るのにめちゃくちゃ時間がかかったために、夜景を撮ることができました。

右の山がスルジ山。あそこから全景の写真を撮って、だいぶ歩いてます。









ドゥブロヴニクは最初に言ったとおり、魔女の宅急便の舞台!!!

なんて楽しそう!!!



宿では魔女の宅急便の主題歌のユーミンを延々と流し、魔女の宅急便のオープニングを見て、なんともいい気分!!!

時にはなんとなく流れで、耳をすませばのカントリーロードを流し、楽しい気分ながら悲しくなる




あの魔女の宅急便の街を歩いているとは、なんともいいじゃない!!!

オレはずーっと「まーっじょこさーん!!」って探してたぜ!!!



きっとこんな街だから今でも魔女がいたっておかしくないしな!!

ドゥブロヴニクの主な活動内容は、「魔女探し」と「ジジ探し」!!!



P1090608.jpg



いた!!!!!!

なんかずっと寝てたけど、こいつはジジでしょう!!!

めんどくさいし、こいつでいいや!!!

この街ではきっと黒ネコの需要がすごいだろう!!!

きっとオレみたいな日本人いっぱいいるだろうし!!!



おまえをジジと名づけたのはオレで何人目だろうな。



もちろんキキが働いてるパン屋も探したけど、意外とパン屋が少なかった!!


あの寡黙でマッチョなパン屋のお兄さん探したのに!!!

あの人いいキャラしてるのに!!!




P1100030.jpg



ちなみに魔女の宅急便だけでなく、紅の豚の舞台でもあるらしいです。

しかし、ありがちですがストーリーをよく覚えていないんですね。

ただものじゃない豚がいない事を確認するだけです。

大抵はただの豚だからね。







P1090721.jpg




そんなオシャレなドゥブロヴニク。

これはきっとハネムーンでも人気なんだろうな。

世界中から人がやってくるはず。



もちろん旧市街だけでなく、人が住んでいるツーリストエリアじゃないところもとてもきれい。

オレンジの屋根が続いてて、その一軒に泊まれたことがよかったです。

少し坂の山の斜面の方の宿に泊まったので、とてもいい眺めでした。









次回はドゥブロヴニク第二段・恐怖のヌーディストビーチです・・・。

お楽しみに・・・。



P1090921.jpg











にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
おもしろければ1クリックお願いします。
ここはきっとカップル来るところでした。
何がよくて我々は男二人でオシャレなレストランに入ったのか。

一言:モロッコはなかなか飯がうまい。
    そして人がうさんくさい。

theme : 世界一周
genre : 旅行

滝と湖・プリトヴィッツェ湖群国立公園


クロアチアで有名なものといったら、やっぱり1位はミルコ・クロコップ!!!

国会議員になったとかで有名になったよね。



そして、2位は旅行好きなら知ってるかもしれない、ドゥブロヴニク。

こちらは魔女の宅急便の舞台で、綺麗な旧市街が有名。

次回のブログで登場します。




そんでもって、3位ぐらいに入るかもしれない・・・と僕が思うのが今回のブログ。




プリトヴィッツェ湖群国立公園。


・・・知らないよな・・・。


こちらはそのすばらしい自然で有名なところ。




P1090431.jpg


こんな感じ。


中国の九塞溝にも似たすごい自然環境。


実はここもスロヴェニアの鍾乳洞と同様に石灰岩地形。



鍾乳洞と同じようにまた図解しましょうか?

してもいいけど、オレの絵だと余計わかりづらくなるよ。書いたら嫌でも使うし!!

惨事再び。





P1090423.jpg




プリトヴィッツェは個人で観光しようとするとなかなかめんどくさい位置にある。

ザグレブからも少し距離があるし、スプリットという街に行く途中にあるので、ここに寄ってからスプリットに向かうと言うのも一つの手。

それでも荷物があるのが嫌なので、オレはザグレブからの日帰りを敢行。






着いてみると、8月のハイシーズンってこともあって、いきなり大行列・・・。

嫌になりながらもそのディズニーランド並みの行列に並ぶ。

中には日本人もいて、地図にも日本語が書いてある。

やっぱ有名観光地なんですね。




とにもかくにも、チケットを買って入ると、まず出てくるのがこちらの景色。



P1090414.jpg



なかなかスケールのビッグな滝です!!!



ちなみに我々観光客が歩く道はこんな感じ。


P1090466.jpg


いやー、これはなんかそそられる!!!

自然好きとして、ここはぜひ来てみたかったところ!!!!








なんだけどねー。

もうハイシーズンで、ヨーロッパ人が大量に来てるわけで。

ちょいちょい渋滞するし、通路の橋の上ですごい体勢で自由にカメラ構えてる奴がいれば、みんな止まらなきゃいけないし・・・。



それにオレが一番嫌だったのは、どこでもスパスパタバコを吸いまくる欧米人。

まあこれは欧米人同士だと平気なのかもしれないけど、オレは気になってしょうがなかった・・・。



なんかこの旅でタバコが嫌いになりつつあってね。

元々オレは吸わないけど、酒飲んだりした時とか、挨拶の時に薦められたら吸う感じで、吸えはするんです。

ただ、やっぱ長距離歩いたり、綺麗な自然があるところにいくと、あの空気はやっぱ好きではないよね。




このすばらしい景色の中で、行列になった欧米人がどんどん吸うもんで、その副流煙がすごくて・・・。

もう台無しですよ。


P1090509.jpg





まあハイシーズンで人が多いのはしょうがないんだけどさ・・・。


ちょっとしたトレッキングみたいな感じもあるのに、そこにベビーカーで突入してくるのはやめて欲しいもんです。






P1090517.jpg



P1090451.jpg




プリトヴッツェ湖群国立公園は「湖群」というだけあって、湖が多くある

湖が段になって、上の湖、次の湖・・・といったぐあいに下に下に水が流れているんです。



P1090441.jpg




そういった地形なので、滝もとても多い。

全部でいくつだったか忘れたけど、とにかくたくさんあります。


P1090490.jpg






そして、ここは世界自然遺産。

希少な生き物も住んでいます。



P1090440.jpg




P1090458.jpg




そんなプリトヴィッツェ。


自然好きの僕ですが、実はそんなにぐっとこなかった・・・。

もちろんたくさん人がいたってことで、少し嫌な気分になったこともあったり、それも要因ではあるんだろうけど。





まあなんというか一番の理由は・・・。















日本にありそう!!!



んー、そうなんだよね・・・。

こっちでは珍しいのかもしれないけど、どうにも僕にはそこまで感動する要素はなかったんだよな。


日本の川は傾斜が世界的にも急で、それを見たことがあるから意外とそんなにこなかったとか・・・?





例えば、黒部・立山の緑の深さといったものもそんななかったし、北海道みたいなすごく雄大な自然を感じたわけでもなく・・・。

なんとなく、戦場ヶ原に似てた気がするんだよね、ここ。

戦場ヶ原も好きなんだけど。




P1090497.jpg





ただ、自然はもちろんすばらしかったな。


でも欧米の有名な自然って結構ツースティックになりすぎな気がします。


来て見る価値はもちろんあると思います。
















にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
よろしければ1クリックお願いします。
最近の記事にはネタが少ない気がする・・・!!!
ちょっと今まいっているからだろうか・・・!!!

一言:モロッコのマラケシュにて、軽く沈没。
    やっぱり空気が悪いとどうにもしんどいね。

theme : 世界一周
genre : 旅行

ノープレザグレブ・クロアチア


スロヴェニアのブレッド湖をバスで早朝に出発し、ひとまずリュブリャナへ戻る。

リュブリャナで列車に乗り換え、目指すはクロアチア。


スロヴェニアは旧ユーゴ圏で唯一のシェンゲン協定国なので、入国審査はなかったけど、ここからはシェンゲンを出ることになります。



P1090399.jpg



久しぶりのスタンプ。

ヨーロッパをハンガリーから入って、そこからはずっとスタンプなし・・・。

寂しい!!!



列車の中でスロヴェニア・シェンゲン協定の出国スタンプをもらう。

これがまた味気ないんだよなー。



よく見ると、左上に「Sl」と書いてある。これはスロヴェニアのマーク。
ハンガリーで入境のスタンプには「H」。

シェンゲン内だと国の識別がこれしかできないから寂しい。







そして、スロヴェニアで出境の印をもらい、クロアチア側でパスポートチェックされるだけで、クロアチア入国。











ん?


ちょっと、待てよ?














クロアチアのスタンプないじゃん!!!!!!!!










クロアチアに入国の証拠なく、クロアチア入国。





いいのか!!!これは果たしていいのか!?!?!??!?

今オレは世界中でどこの国にも存在しないことになっているんじゃないのか!!!!!!

これは密入国とは違うのか!!!!!


ひょっとしてクロアチアに無限に入れてしまうんじゃないのか!!!

クロアチアって言われても、ミルコ・クロコップしか思いつかないけど!!!







P1090404.jpg





そんなこんなでハラハラしながらクロアチアの首都ザグレブへ到着。


マークしておいた宿に荷物を置き、街に繰り出す。



向かった先は・・・










はじめての日本大使館!!!


本当は警察行こうと思ったんだけど、近くにあったから行ってみたくなっちゃったのさ!!!

たまに大使館には情報ノートがあるとも聞くし!!










ん~・・・実に重厚な扉だ・・・。



こんな外務省直轄のところにオレみたいなやつが来てよかったのか・・・。

捕まんないかな・・・。


中学校の頃2人乗りしてたこととかばれて捕まったらどうしよ・・・。

秘密基地つくるときに公園の木に釘打ったりしたことばれて捕まったらどうしよ・・・。

好きな子のリコーダーペロペ・・・


「おい、なんだおまえ。」

「ペロペロ・・・はっ!!!なんすかなんすか!!!別にそんなことしてませんよオレ!!!のりこちゃんのリコーダーペロペ・・・」

「なんの要だよ。オレここのガードマンなんだけど、要ないなら帰れよ。」

「はっ!!!(腰に拳銃・・・死ぬ!!)いやいやいや!!!のりこちゃ・・・!!!自分日本人です!!!大使館に来ました!!!」

「ああ、そう。ドア開けてやるからちょっと待ちな。」








そんな感じではじめての大使館。

大使館の人って態度悪いとか聞いたことあったけど、ここの人はなんとも気さくで親身に相談に乗ってくれました。


「あ~、スタンプね~。たまにあるんだよね押し忘れ・・・。本当は必要なんだけど・・・君結構スタンプあるし、たぶん出るときチェックされないと思うよ。」

「でも本当はいるんですよね!!!」

「ああ・・・いるにはいるんだけど、私も旅行中そういうことあったよ。大丈夫だったけど。一応これ私の名刺、出国の時になんかあったら連絡してくれれば対処するよ。」

「ありがとうございます!!でも本当はいるんですよね!!!」

「う、うん・・・。心配だったら警察署行ってみるといいよ。この国は警察が出入国も管理してるから。」

「ありがとうございます!!!行ってきます!!!」



P1090400.jpg







なぜ、オレがここまでスタンプがないことを気にしてるのか・・・。




そんなんスタンプが欲しいからに決まってるだろー!!!!!


この旅の目的は、色々な世界を見たいとか経験としての知識を身につけたいとかオレは言ってたけど、旅の目的3割はスタンプだからな!!!

たまに、
「急いで色々な国を周って・・・スタンプもらって・・・旅に何の意味があるのかわからなくなってきた。」
なんて奴いるけど、んなもん知るか!!!


スタンプもらえんなら欲しいだろ!!!
国境あったら越えるだろ!!!
それがロマンだこの野郎!!!


女の子は魔法で、男の子はロマンできてるんだこのやろー!!!!!!!









~警察署~


「はーい!!!すみませーん!!!スタンプもらいに来ましたーーー!!!」

「英語少ししかわかりません。」

「マジすか!!!この際そんなことどうでもいい!!!つーかオレだって少しだこの野郎!!!

「で、なに。何のよう。」

「え、ああ。今日スロヴェニアから来たんだけど、クロアチアのスタンプがないねん!!!どないなっとんのや!!!」

「ん?スタンプ?ちょっと待ってろ。」

ゴニョゴニョ・・・


「あーっとね。それ別に大丈夫。帰っていいよ。」

「なに!?!?大丈夫だ!?!??なんだそれ!!!あんたの国に入った証拠がないんだぞ!!いいのか!!!」

「ノープレブレム。」

「の、ノープレだとっ・・・!!!?違うの!!!オレはスタンプが欲しいの!!!スタンプくだすぁい!!!」

「ノープレノープレ。」

「うがぁ!!!なんでオレがドイツのビール祭りを諦めてこっちに来たかわかっているのかー!!!スタンプがもらえるからだー!!!」

「はいはい。帰りな。」

「あーーー!!!スタンプ欲しいのにーーー!!!」

「じゃあね。ばいばーい。」













P1090546.jpg


まあそうするとやっぱビールになっちゃうよね。

こちらクロアチアのビール、カルロヴァコ。

チェコから離れていくにしたがいビールの値段も上がっていくし、質も落ちて・・・。



ちなみにスタンプの件ですが、この旧ユーゴ圏では結構あるらしいですね。

この後行ったいくつかの国でももらえたりもらえなかったりです。

ものすごく悔しいです。











さあさやっと、クロアチア・ザグレブのお話です。


クロアチアもスロヴェニア同様旧ユーゴから独立した国。

スロヴェニアが、「独立しまっす!!!」と手を上げた時に、「じゃあオレもっ!!!」と手を挙げた国。


スロヴェニアがセルビアと国境を接していなかったり、民族構成もスロヴェニア人がほとんどだったのに対し、クロアチアはここでは複雑。

クロアチアは実際、セルビアから独立の際の戦争に負けています。

民族構成も複雑で、独立戦争も泥沼化。

クロアチアとセルビアはなかなか根が深く、お互いテロ組織をかかえたりしてなかなか大変な戦争だった。


詳細はここでは割愛。


ちなみに「嵐作戦」というクロアチアの作戦があるのですが、僕はこのネーミングが好きです。




P1090549.jpg




ザグレブにもなにがあるのかと言われれば、別にそんなに何があるわけではない。


でもスロヴェニアのリュブリャナに比べると、観光客は多いかも。



ツーリスティックに見えるところもあったり、なんだか生活観が見えるようなとこもあったり。


なんとなく自然な街に見えました。





P1090542.jpg



個人的には、ここは好きです。

ふらふら歩いてるには、ちょうどいい大きさで、オープンテラスでビールを飲んで。


街並みもなかなか綺麗で、ヨーロッパに引けず劣らず。

でも少し奥に行ってみると、活気ある市場があって、飾りすぎなヨーロッパとは違う印象を受ける。




P1090533.jpg




別に書くことはないんですね。

でもなんとなく・・・好きでした。



また今日のブログもオチがないな。

おもしろいの前半だけだな。





・・・おもしろいよね?















にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
にほんブログ村
よろしければ1クリックお願いします。
クロアチアの形ってなんかおもしろい。
ちなみに英語の通用度はこの辺から下がっていきます。

一言:モロッコにてスーパーお肌にいい化粧品をおつかいする毎日。
    別に自分では使わないけど、ひはすら値切るオレかっこいい。

theme : 世界一周
genre : 旅行

プロフィール

あらた

Author:あらた

 小さい頃に国旗のぬりえにはまり、それ以来地理が大好きになってしまった可愛くない幼稚園児時代から全ては始まった・・・。

 世界地図を眺めていたら旅へ出てしまった、よくいる休学大学生。

 世界中を歩いて歩いて、感動したり、激怒したり、飲んだり飲まれたり、聖なる剣を探したり、手から炎だしたり、世界を救ったり。そんな僕も世界中の旅人と「よい旅を」と握手をし、2010年末帰国。でもブログはまだ続いています。

 はぁーーたまごかけがご飯がうまい。

最新記事
最新コメント
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
648位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
215位
アクセスランキングを見る>>
著者の本棚
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

世界一周ルート・一言コメント

より大きな地図で 世界一周を表示
世界一周早見表↑
ルート・一言コメント・写真があります。
世界一周ランキング
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
カテゴリ
カレンダー

07月| 2017年08月| 09月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


お友達旅人ブログ
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。