スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ある街の小さな恋 ミャンマーの旅

僕は世界一周をした。

日本にいるだけでは決して知ることのできないことをたくさん知った。

たくさんの国を見て、色々な言語を使って、圧倒される景色を見て。

ただ、それだけでいいのだろうか。

旅は人生の全てではない。

旅から帰っても人生は続くし、むしろその先にはもっと辛い出来事が待っているかもしれない。
僕の人生は小説ではない。これからもずっと続く。

この先、考えもしないような辛いことや悲しいことだってきっとある。
きっと投げ出したくなることもある。

「ここではないどこか」へ逃げたくなることだってあるだろう。

現実から目を離してばかりではいけないんだ。


旅は日常を忘れ、自由に世界を回ることができる。

しかし、それだけではいけないのだ。




そう考え、僕はとりあえずまた旅に出た。














見たくば歩けよ、世界は広し


番外編


世界一周、その後のお話。


夕日の国、ミャンマー編









「私の名前はター。小さな街で家族とレストランをやっています。

お祈りに来る人や観光客とお話をしては、私もいつか遠くへ行ってみたいな、と思っています。

それでもなかなか旅行に行くことはできなくて、今は旅の人からお話を聞くことが楽しみです。

外国の人も多いけれど、私は英語が苦手でほとんど話せません。

お母さんは英語が話せるから、外国の人の話はお母さんに訳してもらって話を聞いています。



ある日、少し年上の外国人の男性がお店に訪れました。

顔立ちが似ているから、アジアの人、特に日本人は最近多くいるので、たぶん日本人だったと思います。

暑い日だったので、彼は道中で知り合ったという友人と3人でビールを頼みました。

私がビールを運んで行きました。

その時私は、なんだかこの人ともっと一緒にいれたらいいなと思いました。」










またはじめちゃいました!!
このブログ!!

世界一周が完結したんだからもう辞めておけばいいものの、その後の旅の話も書きたいという内なるアラタ君の要望と、一部の変態読者のために、もうちょい続くことになるこのブログ!!
もともと、全然更新してなかったくせにやる気になると手が止められないんだから!この気分屋さん!

というわけで、今回は

「夕日の国、ミャンマー編」

と題しまして、私が世界一周から帰国した後の旅についての記事です!


世界一周から帰国したのが、2010年12月28日。

そして大学に復学し、一年後の卒業旅行のお話です。

卒業旅行は友人と一緒に行く事が多いような気がしますが、そこはワタクシ!
なんといっても、休学をしているために同い年の友人はみんな就職してしまっているし、残った変態留年・休学生に「一緒に軍事政権から民主化が始まったミャンマーを見に行きませんか?」と聞いても「えー☆ネイルわれちゃいそー☆」と、いうことなのでやっぱり一人旅!


世界一周中にも実はミャンマーは訪れていますね。
しかし、それはタイから日帰りで入れる、ほんの一部の地域でした。

最強にて至高と言われる日本のパスポートを持ってしても、ミャンマーはビザが必要で、それもそれなりに準備が必要な国なため、深くまでは訪れることができない国でした!

「アジアで最も人が優しい国は?」
と聞けば、旅人たちは
「ラオス!」
と答えます。

しかし、「実はミャンマーが一番」ともよく聞きます。
日本人に似て、勤勉な民族と知られ、勉強熱心で、優しい国。
それがミャンマーです。

僕が行った時にはちょうど民主化が認められてきた時期で、国が自由になりはじめ、現地の人からたくさんのアウン・サン・スーチーグッズをもらいました。

P1210344.jpg


一年ぶりの海外旅行。

久しぶりのアジアのカオス。


いやー、たまらん!!

来たこともない所に来た時のドキドキ感!
目の前の人間がいい人間なのか悪い人間なのかわからないスリル!


IMG_7257.jpg



筆者は世界一周帰国後ラーメンの洗礼により太りました。




ということで、ミャンマー編!!

いつもな長々と一つの街ごとに記事を書いていくけど、今回はミャンマーという国で一つの記事だ!



今や世界の注目の的となっている、旧首都ヤンゴンへ到着。

ヤンゴンで飲んでいたら、日本語を勉強しているというミヤウンという友達もでき、幸先いいぜ!


そこから一気に北上し、古都マンダレーへ。

P1220826.jpg

P1220807.jpg

やはり、アジアといえば、マーケットですね。

みなさんとても友好的で写真も撮りやすかったし、言葉は通じなくても交流ができるんですね。


P1220821.jpg



この国は女性が働き者な気がしたな。
男性は結構サボっている人が多いような。



そして、みなさん教科書で習ったことがあるだろう、エーヤワディー川!

このエーヤワディー川下りの船があるのです!


P1220087.jpg


エーヤワディー川下りをしている最中に撮った夕日の写真。
ミャンマーは夕日がとてもきれいに見える国として有名。

本当に綺麗なんです。


そして、バガンという街。
あまり有名ではないけれど、世界三大仏教遺跡と言われる遺跡。

まあ、いかに素晴らしいか写真を見てもらおうか。


P1220172.jpg

出ましたね、当ブログ定番のセルフタイマーバックショット。

このRPG感を出したくて出したくて。

P1220134.jpg

P1220282.jpg

延々と広がる平原に寺院が散在しているというなんとも荘厳な風景。

これがすごいんです。

ちなみに僕はレンタサイクルでひたすら平原を駆けずり回ったんですが、朽ち果てているような遺跡の寺院から、今でもたくさん人が集まる寺院まで。

平原に祠やら、街があるようなRPGのような世界が延々と続く。


しかし、このバガン実は世界遺産ではない。

仏教三大遺跡のアンコールワットとボロブドゥールは世界遺産なのに、なぜバガンは世界遺産でないのか!

アンコールワットとボロブドゥールは実は放棄され、ジャングルに埋もれてしまっていた遺跡なのです。
それが再発見され、すごい!すごい!となり世界遺産になりました。

一方、このバガンは表舞台に出ることは少なかったものの、ずーっと現地の人に祈りの場として、朽ちることなく今まで存在しているのです。
その歴史たるや約1000年。

1000年人が使い続けてきた寺院のため、その都度修復され、ずっと利用されてきたのです。
1000年前から、今もずっと人の手が加えられているため、遺産としては選ばれていないのです。


出ましたね!久しぶりの地理学科トーク!


P1220982.jpg


この少女たちがしているほっぺたの白い粉。
これはミャンマーでは女性はみんなしている、清涼剤&日焼け止め&化粧品&おしゃれなんです。

なかなかいいですよね。
この化粧品のことを「タナカ」といいます。
日本の田中とは関係ないらしいです。



そして最後に向かったのが、きっとみなさん何かで見たことのある、「ゴールデンロック」というもの。

ここへ向かうのがなかなか面倒でしてね。

夜行バスを乗り継いだり、乗り合いバスの屋根の上に乗ったりしてたどり着きました。


このゴールデンロックは山の上にあるのですが、その麓の村で一泊しました。

なかなか英語も通じなかったんだけれど、のどかでのんびりしていて、暑い中ビールを飲むのが最高でしたねー。




そういえば、ある家族経営のレストランで、女の子が僕の事を好いてくれたみたいでした。

素朴な国だと思ってたけど、恥ずかしがりながらもアプローチしてきて、そりゃ嬉しいですよね。

英語は話せなかったみたいだから、周りの人が訳して気持ちを伝えてきたのでなんだかこっちも照れくさい。

道中で出会った友人と一緒にいたけれど、ビールを飲みながら冷やかされたり、お店のお母さんからも日本へ連れて帰ってくれなんて言われてね。

旅立ちの朝、バスの出発まで少し時間があったので、またお店に顔を出したら、なんだか少し泣かれちゃって。

いい出会いだったので、バックパックにつけていた日本のお守りをあげました。




P1230191.jpg


落ちそうで、落ちないこの岩。
そして、その上に建てられた仏塔がなんとも不思議。

P1230045.jpg


よく見ると、気持ち程度に支えられていることがわかりますね。
なるほど、これがゴールデンロックの秘密だったわけだ!!



一つの記事で終わらせてしまったけれど、ミャンマー編いかがだったしょうか。

なによりもすごいのはやっぱり夕日の素晴らしさ。

この国のどこにいても夕日の色が僕たちがいつも見ている夕日とは違う色でした。
いやー、いい国だったな。
アジアに行きなれた人でも意外といったことのある人が少ない国。

おすすめです。















「彼はお昼ご飯も、夕ご飯も私のお店にきてくれました。

その度に冷やかされたりしたけれど、私はとても楽しかった。

旅の人だから、ずっとここにいることはないとわかっているけれど、明日旅立つと聞いた時には悲しかった。

もう来ないと思っていた日の朝、彼はまたお店に顔を出してくれました。

出発前に少し時間があって来てくれたようで、これが最後なのかと思うとなんだか少し泣いてしまいました。

言葉は通じなかったけれど、無事に帰れるように祈って、私がつけていた花冠を、彼の腕に巻いてあげました。

すると彼は、バックにつけていた木彫りのキーホルダーをくれました。


別れの時、ペンを借りて、彼のメモ帳に一言だけ書かせてもらいました。

英語はわからないので、ビルマ語で書きました。

きっと彼は読めないのでしょう。」












「おー!ミヤウン!偶然会ったね!またヤンゴンに帰ってきたよ!!」

「アラター!ミャンマーはどうだった?これから日本に帰るのかい?」

「そうなんだ!今ゴールデンロックから帰ってきて、もう日本に帰っちゃんだよ。」

「そうかー。帰ったらメールしてね!ゴールデンロックはどうだった?」

「あれすごいねー!お坊さんも尼さんもたくさんいて、すごい雰囲気だったよ!」

「僕も実はまだ行ったことがないんだ。でもいつか行ってみたいな。」

「そういえば、そこで女の子に好かれちゃったみたいでさー。いい思い出だったんだけど。」

「アラタ、ミャンマーだと結構いい男だと思うよ。これ本当。」

「日本じゃどうにもなんだけどな・・・。それで、別れ際にメモ書いてもらったんだけど、読めなくてさ。読める?」

「んー?お!アラタ色男ね!女たらしだ!!」

「なんだよ!なんて書いてあるんだよ!教えてよ!」

「これはね『あなたのことをずっと忘れません。』って書いてあるの。」









IMG_2241.jpg





にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へにほんブログ村
よろしければクリックお願いします。とても励みになります。
一言:っひゃー!恥ずかしいー!!
   加筆が多分に含まれていますが、だいたい実話です。
Check
スポンサーサイト

theme : 世界一周
genre : 旅行

《あとがき》 宴の終わり 旅人のその後

スライド (1)


前回、ついに完結しましたこのブログ!

完結まで4年を要するという実に息の長い旅ブログでした。

実際の旅は250日間なのに、僕の気分次第で書いたり書かなかったりだったし!!



僕が帰国した時に驚いたのは、スマートフォンという物が流行っていたこと、韓流ブームが何やらすごかったこと、日本で誰もがfacebookをやっているようになったこと、など色々ありました。

僕が旅に出たときは、ガラケーだし、SNSはmixi一択だったし、まだアラブの春は起こっていませんでした。

僕が旅をしていた時は、中東はエジプトからトルコまで抜けるルートがメジャーだったけれど、今はシリアで内戦が始まってしまってもう行くことはできません。

僕は革命が起きる前にシリアもエジプトもシリアも行っていますので、今とこのブログは情勢が異なります。


あとがきですが、僕の旅の全てはこうなっています。


スライド(79)



この画像お気に入りなんだよね。




さあさ、今回の記事ですが、「旅人のその後」と題しまして、やや旅とは直接関係ないような、蛇足の記事となります。



「僕のブログを見て、世界一周を決意しました!」

なんて人も結構いて、本当嬉しいです。

そういってくださった方はだいたいもう帰国しています。


僕の旅の後輩が世界に旅立ち、僕より先にブログを書き終え、またその後輩が旅に出、またその後輩が旅に出たくらいに、僕はやっとこのブログを書き終えることができました。



世界一周をした人間が帰国して、その後どうなったか、というお話。

「世界一周がしたい!でもその後どうなるの?」
「現実的な事を考えると、就職とか、色々あるでしょ?」

これはひっじょーーに気になるところでしょう!

僕も旅に出る前は、人の旅ブログを見ては、そこのところが気になっていました。

だってみんなその辺のことか書かないんだもん!




まず、筆者である僕の話。

これはですね、社会人を辞めて旅に出た方からよく

「おまえ卑怯だ!ずるいぞ!」

と、完全な嫉妬の声を受けるのですが、
旅に出た時、【僕は大学生】でした。

今更ですが、僕は「休学大学生」。
4年制の大学を1年休学して、結局5年間大学に在籍するというタイプの旅人。

ということで、僕は帰国後大学に復学。

僕が帰国した時には、大学生の就職は4月からスタートとかの規制はなかったため、帰国すぐに就職活動をしなければなりませんでした。全然始めなかったんだけど。

12月28日に帰国し、それから2か月くらい日本語の会話とラーメンと納豆に忙しい毎日を過ごして、さあそろそろ就活でもしようかな、と思ったときに東日本大震災が起き、就活もだいぶ遅れてスタートしました。


それでもとりあえず普通の大学生と同じように、大学5年生だけども、世界一周をネタにして就職先を見つけることができました。

旅をしているときに僕は大学4年生の22歳でしたが、現在の僕はもう社会人3年目の26歳。


ちょうど社会人が、自分の人生これでいいのか!と考えて、世界一周に旅立つの一番多い年齢ですね!!
26-28歳くらいの旅人が一番多かったな。


このブログを読んでくださっている方は、少なくともも旅に出てみたいと考えているのでないのでしょうか。

帰国後の僕ですが、そういう旅に出たい!と考えている方の相談に乗ることも多いです。


そして、僕の友人で少なくとも3人が世界一周に旅立つこととなりました。


世界一周に限らず、旅に出るのはいつがいいのか、とよく疑問を持つ人がいますが、思い立ったが吉日!

長旅なんて、「いつかしよう」と思っていて、いつかできるものじゃないんです。

「あ、旅に出よう」と思ったら旅に出るのが、実際一番現実的。

予防接種とか、準備して計画を立てて2か月後に出よう、と決めたら、その日からもう旅の始まりです。
あと、社会人はボーナスが出る時期を考えたりね!!!



ちなみに、

ちなみにですが、僕の周りの旅人達のお話。

同時期に旅に出ていた旅人ですが、だいたいみんな帰国しています。
そして、だいたいが僕より年上。

社会人を一度辞めて旅に出、帰国した「元」旅人ですが、やっぱ、みんななんとかなっています。

たとえば、上達した英語を武器にして商社へ入った人、旅の経験を生かして人材育成の仕事を始めた人、帰国後ワーホリに行き現地で資格を取って日本でその資格を駆使して働いている人、日本の観光産業に一躍買っている人、本・写真集を出した人等々・・・

この経験を生かすも殺すも、その人次第ですが、おそらくみなさん旅の経験はマイナスになっていないようです。

ただし、世界一周の経験だけに頼って生きていくのは難しいですね。
僕が就活の時に大事にしていたのは「世界一周なんてただの旅行」ということ。

旅を長くしている人が偉いと勘違いして日本人宿に沈没しているような人間はやっぱ日本に帰ってきても・・・ね!




僕は地理学科という、マニアックな学科だったこともあってゼミで講演会チックなこともやったり、
ちょっと人前でお話をすることがあったり、友人の友人の・・・とうほぼ他人の方とお話する機会があったり、面白い経験ができました。

ちなみに、卒業論文では世界遺産をテーマに白神山地に籠って研究をしてました。





まあね!!

そんな僕も今では、ネクタイで首輪をする社会の歯車ですから!
今では世界一周をした人間でありつつ、旅人への憧れを持つ企業戦士なわけです。


自分のブログを見返していて、

すげぇな・・・。今のオレじゃこんなん書けないな・・・。
あー、写真加工しすぎだよー。
なにこれwwこのブログめっちゃ面白いwww
なんだこれ、すごい為になる・・・。この人すごいな。 ってオレかーーい!!

ということがしょっちゅうあります。

今の自分からすると、こんなことあったなー。と思いながら、オレすごいな・・・。と思っています。




そんなわけで、世界一周で8㎏痩せた僕は、帰国後2か月で体重を元に戻し、社会に揉まれ、揚げ物?いや刺身がいいな・・・って年になっちゃいましたけれど、日本でグレることもなく働いております。

もちろん、時間があれば今でもちょっとした旅はしています。

世界一周から帰国後も、ミャンマー、台湾、オマーン、UAE、フィリピンなんかに行きました。
国内旅行も思い付きでしょっちゅう行ってますね。
最近は温泉が大好きです。

その辺の記事もさくっと書こうかな。


旅は病と申します。



なんだか締まりのない記事になっちゃいました。

要するにですね。







みんな今まで読んでくれてありがとう!



にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へにほんブログ村
よろしければクリックお願いします。とても励みになります。


Check

theme : 世界一周
genre : 旅行

【世界一周 ついに完結】 250日目 帰国

ついに、ついにやってきました。

ご好評をいただいていた、このブログ。

今回の記事でついに最終回

最後の最後の帰国の記事となります。

(旅当時は2010年12月末日です☆)


参考までに、僕が帰国する時に書いた記事を載せておきます。

http://artartartartart.blog11.fc2.com/blog-category-18.html


P1180065.jpg

最後の宿。

現在地はアメリカ、ロサンゼルス。

37か国を渡り歩き、ついにやってやってきた最後の都市。

この宿は248泊目のロサンゼルスの真ん中にあるモーテル。

249泊目を機内泊をし、世界一周250日目に日本帰国となります。



P1180073.jpg


最後の夜のロサンゼルス。

あまり治安はよくなかったのかもしれない。

酔っぱらった現地のお兄ちゃんに

「ハドーケン!ハドーケン!」

と絡まれました。

「竜巻旋風脚!」

反撃しました。

私の勝ちです。





P1180076.jpg



最後の夕飯。

豪華にワインとか飲もうかなとも考えたけれど、やはりこういう露店のほうが旅っぽいなと思って露店のホットドッグにしました。

エルサルバドル人のお兄ちゃんと仲良くなって、一緒にホットドッグを食べました。


僕は、その兄ちゃんに

「おまえ、家どのへんだ?今度遊びに行こうぜ。」

と言われたんですね。

お兄ちゃんには、僕の事をどうやら日系アメリカ人と思っていたそうです。

旅に出た最初はたいして英語も話せなかったくせに「ああ、やっぱ自然と英語が身についてたんだな」と実感。

ろくに勉強したわけではないけれど、なんだかんだで話せるようになっていて嬉しかった。




P1180091.jpg


こちらが僕の街歩きの基本装備。

世界中をこの荷物で歩きまわっていました。

もうこの装備をして街中を歩くこともなくなります。







ということで、最終日。

P1180105.jpg



ロサンゼルス発、成田行の飛行機です。

世界一周航空券、最後のフライトです。




P1180114.jpg





P1180117.jpg



上空から見た千葉・犬吠埼です。

日本の地が見えてた時に一気に感慨深くなりました。


空港が近づいて、日本の道路が見えて、車が見えて。

ああ、ついに日本に帰ってきたんだ。

8か月ぶりの故郷だ。


道中にも何度か書いていましたが、僕のこの旅の最大の目標は

「無事、日本へ帰ること。」




P1180119.jpg


ただいま。




やっぱ最後の記事ですのでしんみりしちゃいますね。




これにて、僕の世界一周の旅は完結!!


250日間で世界一周を成し遂げた男の誕生です!!!






P1180124.jpg




無事、帰国!!!



世界一周達成!!!


これにて


見たくば歩けよ、世界は広し

完結!
































はいはいはい!

はーいはいはい!!

ついに無事帰国しまいしたね!
長かった長かった。
いやー、実に長かった!!
なにしろ、旅をしていたのは250日間!

それに対してこのブログが完結したのが、帰国してから4年弱!!

僕が旅していたのは

2010年4月23日~2010年12月28日

そして全ての旅の記事を書き終えたのが本日2014年11月23日



4年!!!!!






4年!!!!!!!

そりゃ状況も変わっちゃってますよ!!

てなわけで、この記事にてブログの旅のお話は完結!!!

しかしながら、この後もすこーし続きます!

旅の後はどうなったの?
行ったほうがいい場所を教えて!
おすすめは?

等々、蛇足ではありますがちょーっと書いていきます!!


というわけで、改めまして一度、





見たくば歩けよ、世界は広し


完結!






にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へにほんブログ村
よろしければクリックお願いします。とても励みになります。
Check

theme : 世界一周
genre : 旅行

最後の街 旅の資金を取り返せ!ラスベガス!

今回のブログが、世界一周で訪れた最後の街ということになります。

長い長い旅だった・・・。

世界一周110都市目!

世界一周最後の街は、こちら!!


P1170803.jpg


人生狂わせる街・・・ラスベガス!!!

言わずと知れた、世界最恐の街。

僕が選んだ世界最後の街!!


しかも来た時期というのが・・・


P1170871.jpg


P1170902.jpg


CHRISTMAS!!!


クリスマスにラスベガスで一人旅!!


どう考えたってサンタさんが

「フォッフォッフォ。よくここままでこれたのー。よしよしいい子にはプレゼントをやろう。」

と言っているに決まっているじゃないか!!

そう!!この街を最後にしたのは、旅でかかった費用を全て取り戻すためなのだ!!



ヒャッハー!!いくぜ!待ってろカジノ!!!



P1170867.jpg




全部負けました。




P1170808.jpg


恐ろしい街です。

僕がここにいたのは、クリスマス前後の4日間。

日本では恋人たちが暖かい部屋で乳繰り合っている中、僕は世界最恐の街で人生を賭した博打をしていたわけですよ。

ええ。旅の最後に派手に散りましたよ。


P1170822.jpg


ひゃー!!ハレンチ!!なにこれ!!こんなの教育上よくないわ!!

僕が泊まったホテルです。

最近では日本でも有名になってきましたね。
「hooters」というカジノホテルでタンクトップホットパンツのお姉ちゃんがバーテンやらディーラーをやっているホテルです。


ここで旅人のすゝめ!

ラスベガスではカジノホテルに泊まるべし!!

「カジノがついてるホテルなんて高いんでしょ?」

いえいえ、実は全く逆なのです!

カジノがついているホテルは基本的に「カジノで利益を得ている」のです。
なので、ホテルの料金が安い!

僕が支払った額も部屋代より、カジノ代のほうが大きい!!くやしい!





P1180013.jpg


真冬だってのに、薄着のお姉ちゃんが相手をしてくれたりします。

ちなみに僕がラスベガスにいる間にやっていたのはブラックジャック!!

たまにスロットととか、ルーレットもやっていましたが、ディーラーと対戦するブラックジャックは面白かった。

僕の下手くそさを見かねて、ギャンブラーのおじさんに「ここは耐えろ」「今だ!行け!」と親切に教えてもらいました。

それと基本的に飲み物が無料なのがいいですね。チップに1ドル払います。

延々と薄着のお姉ちゃんにビールを持ってきてもらい、ギャンブルに興じる私。

ディーラーから見た私は、まさに危険な香りのする野薔薇に見えたことでしょう。



P1170834.jpg


ラスベガスの昼。


世界の絶景、大自然、紛争、民族、宗教、こういうのをたくさん見てきた私にとってこの人工的な街ですがね。


楽しかった!!!

うん。楽しかった。


そこにしかないものっていうのをよく好む僕にとって、この街はすごかった。

ここまでいっちゃうともうどうしようもないよね!(?)

P1170958.jpg


こんな街他にあるはずないだろう!

ここ砂漠のど真ん中なんだぞ!!

あってたまるかこんな街!


P1170975.jpg



この圧倒的な威圧感。

これが世界のラスベガス。




そういえば、世界一周最初の街は香港で、そこからマカオに行ってカジノをやりましたね。

そして、ラスベガスからロサンゼルスに戻り、日本へ帰る。

ああ、そうだ。僕の旅はもう終わりなんだ。



ここからついに僕の旅は終わりへと向かいます。

次回以降は旅のお話とはちょっと変わります。総集編的なのもちょっとやれればな。

長い長い旅でした。


ではまた次回!





にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へにほんブログ村
よろしければクリックお願いします。とても励みになります。
一言:僕は日本ではパチンコも競馬もやりません。
   しかしカジノははまる。これはいけない。  
Check

theme : 世界一周
genre : 旅行

37か国目 世界一周最後の国アメリカ ロサンゼルス


【速報】最後の始まり・アメリカ

↑これは僕がリアルタイムで最後の国を迎えた時のブログです。

なんだか切ないですね。

最後の始まり。






ということで、やってきてしまいました。




世界一周最後の国、37か国目アメリカ合衆国!

P1170506.jpg


ペルーで一緒になったパチャママともこうやって旅をしています。

やってきてしまいました。

最後の国。


これからもらうスタンプは「アメリカ出国」、そして「帰国」の2つ。

メキシコでスペイン語は終わり。


「ニーハオ」「シンチャオ」「アッサラームアライクム」「ナマステ」「アホイ」「ブエノスタルデス」

色々な言葉で挨拶を覚えて使って、気付けば忘れて。

最後は「ハロー」。



最後の国。

アメリカ。




P1170633.jpg

ジャンク!!!


やってきたのはロサンゼルス!!!


P1170604.jpg



大都会!!!


P1170543.jpg


ロサンゼルスは雨でした。

着いたのは12月中頃。

P1170751.jpg


ロスほど大きな街になると何を見たらいいのかわからない。

というより多分世界一周で一人でくる街ではない!

たぶんディズニーワールドとかユニバーサルスタジオとか行くところ!!

P1170555.jpg

かつ丼とお~い、お茶。

買ってしまった・・・!!もうすぐ帰国なのに・・・。


ロサンゼルスの街にはこの時の僕にはなかなか魅力的なものがありませんでした。

なのでとりあえずリトルトーキョーへ。


P1170552.jpg



これは魅力的。



ロスから地下鉄でちょっと行くと、ここに着きます。


P1170649.jpg


ちーちゃく「Hollywood」と書いてありますね。
着ちゃいました。世界のハリウッド。


P1170677.jpg



しかし、思ったよりもハリウッドって小さい。

色々なアクティビティはあるようですが、何ぶん男の一人旅。


これまたそこまで見るところもなく・・・。


P1170692.jpg

HARD ROCK CAFEには行っておきました。

Red Hot Chili Peppersのベーシスト、フリーのベース。

これにはちょっと感動。


P1170731.jpg



実はグランドキャニオンに行くつもりでこのロサンゼルスを最後に地にしました。

でも、この時の僕は疲れていた。


荷物も世界一周の重荷にボロボロだったし、何より旅慣れてしまった僕自信の心が擦れてしまっていた。

グランドキャニオンはきっとすごい。

刺さる絶景があるはずだ。

だから、今行くべきではない。

旅慣れてしまった僕が感じるグランドキャニオンよりも、もっと感じられるグランドキャニオンがある。


そういうことで、グランドキャニオンは今回やめました。

なので、余った時間でどこへ行くか・・・。

それは次回の記事で。



P1170577.jpg



何をするのも、全てが最後。

37か国目、最後の国アメリカ。









にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へにほんブログ村
よろしければクリックお願いします。とても励みになります。
一言:ロスはあまり面白くはなかったけれどよく覚えています。
   最後の街。あまりに感慨深い街でした。
Check

theme : 世界一周
genre : 旅行

プロフィール

あらた

Author:あらた

 小さい頃に国旗のぬりえにはまり、それ以来地理が大好きになってしまった可愛くない幼稚園児時代から全ては始まった・・・。

 世界地図を眺めていたら旅へ出てしまった、よくいる休学大学生。

 世界中を歩いて歩いて、感動したり、激怒したり、飲んだり飲まれたり、聖なる剣を探したり、手から炎だしたり、世界を救ったり。そんな僕も世界中の旅人と「よい旅を」と握手をし、2010年末帰国。でもブログはまだ続いています。

 はぁーーたまごかけがご飯がうまい。

最新記事
最新コメント
FC2カウンター
アクセスランキング
[ジャンルランキング]
旅行
850位
アクセスランキングを見る>>

[サブジャンルランキング]
海外旅行
283位
アクセスランキングを見る>>
著者の本棚
QRコード
QRコード
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

世界一周ルート・一言コメント

より大きな地図で 世界一周を表示
世界一周早見表↑
ルート・一言コメント・写真があります。
世界一周ランキング
にほんブログ村 旅行ブログ 世界一周へ
カテゴリ
カレンダー

01月| 2017年02月| 03月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 - - - -


お友達旅人ブログ
検索フォーム
メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。